キャンプしたい人は始め方を学ぼう!

アウトドア キャンプ

こんにちは、Fujiya(@fujiya_xyz)です。

僕は初めてキャンプをしてから2020年で7年程経つキャンパーで、勉強になったことや経験をブログやSNSで発信しているブロガーです。

今となっては空いた時間にキャンプに行けるようになった僕ですが、初めの頃はキャンプ場の予約もままならないキャンプ以前のザコでした。

誰でも初めは”何も知らない・できない状態“です。

キャンプに「難しそうなイメージ」がある人もいるとは思いますが”全然そんなことない“です。

確かに突き詰めていけば上を目指せます・・・が、多くの人はそこまでやってないです。

今回はキャンプを始めたい人向けに方法を解説していきます。

読んでいただければイメージも出来て、トラブルなくキャンプが出来ると思います。是非最後までお読みください。

目次

キャンプの始め方
 ⇒1人でやりたい人向け「ソロキャンプ」
 ⇒皆でワイワイ!ファミリーキャンプ(グループキャンプ)
 ⇒何もいらない!?「グランピング」
 ⇒道具選び【選び方のポイントと必要なもの】
 ⇒寒い日や雨の日はどうするのか?
 ⇒キャンプでの過ごし方
 ⇒注意をすべきことキャンプの始め方|まとめ

キャンプの始め方

一概に「キャンプ」といっても種類があります。

キャンプの種類

  • ソロキャンプ
  • ファミリーキャンプ(グループキャンプ)
  • グランピング

大きく分けると3つ。

最近は結構多様化していて色々なスタイルが増えています。

キャンプに慣れたら色々なスタイルにチャレンジしてみるのも面白いですよ。

基本は全て同じ“なのですが、キャンプの種類によって揃える道具が変わってくるので、ここはしっかり押さえておいてください。

1人でやりたい人向け「ソロキャンプ」

ソロキャン“と言われるキャンプです。

“道具の準備”から”テントを組み立て”、”料理”などを全て一人で行います。

大変そうに感じますが、全て自分のペースで行えるのでストレスなく自由すぎる時間を満喫できます。マジで楽しいです。

キャンプを始めるなら1度は経験してもらいたいスタイルです。

1人なのでコンパクトな道具が多く、準備や片付けもラク。

いやいや、初めてでソロキャンは無理でしょ』と考える人もいる思うのですが、今はキャンプブームということもあって情報やサービスもたくさんあるので”初めてでソロキャン“をする人は結構います。

と言いつつ、僕は友人とのバンガローキャンプを経てからソロキャンプをしました。

初めてのバンガローキャンプ

僕は基本的にメンタルザコ人間なので、最初から1人は心細くて「自分はちゃんとできているのか?」とか不安にも駆られてしまうタイプ。

メンタルに不安が予想される人は、僕みたいにワンクッションを挟んでみることをオススメします。

ソロキャンプについては別記事で詳しく書いているので参考にしていただけると幸いです。
⇒参考:【初心者向け】ゼロから始めるソロキャンプ!ブログで解説【必見】

皆でワイワイ!ファミリーキャンプ(グループキャンプ)

家族や仲間と一緒に楽しい時間を共有できるのがファミリーキャンプ(グループキャンプ)です。

ファミリーキャンプ

ファミキャン“とか”グルキャン“とか言われたりします。

人とキャンプをするのは、ソロキャンプと違った魅力があります。やっぱり大人数だとワイワイできて楽しい。

子どもにも自然体験をさせることは、良い経験や思い出にになると思います。

ファミリーキャンプ紹介記事

高規格キャンプ場(サービスの充実したキャンプ場)では、キャンプ道具を全てレンタルしてくれるところもあるので、道具を揃えるのが難しいという方は利用してみるのもアリ。

「手ぶらでキャンプ」の紹介記事

毎年キャンプブームでフェスがたくさん開催されています。キャンプに慣れてきたら、好みのイベントに参加するのも楽しいですよ。

ただ家族や仲間と一緒の分、「安全管理」や「マナー」などキャンパー自身が理解しておくべきことがあります。

2019年はキャンプ場で不審な事件や自然災害のニュースなどが多かった印象があります。

危機感を持たずにキャンプすることも出来ますが、読者さんにはトラブルに遭ってほしくありません。詳しくは、この記事の下の方『注意をすべきこと』で書いていますので読んでいただければ嬉しいです

キャンプを始めた当時は、僕も独身でしたが今では家族がいます。最近は家族でキャンプすることも増えました。

僕は群馬県に住んでいるのですが、県内のキャンプ場でファミリーキャンプをすることが多く、オススメのキャンプ場も当ブログで紹介しています。キャンプレポートも書いているので、参考程度に読んでいただきイメージを作ってもらえれば幸いです。
⇒群馬のキャンプ場を紹介【穴場あり】【2019まとめ】

何もいらない!?「グランピング」

近年、再び盛り上がるキャンプ業界の中でも話題のスタイルであるグランピング

アメトークの「キャンプ芸人」でも、バカリズムさんがグランピングを紹介していました。

基本的にはソロで利用することは少なく、グループでの利用が主だと思います。

グランピング

場所によってさまざまではあるのですが、テントの中には充実した設備があり、アウトドアが苦手な人でもストレスを感じることなく自然を満喫できます。

こんなのキャンプじゃない!』なんていうキャンパーもいますが、僕は全然アリだと思う。

僕はキャンプを「不便を楽しむもの」より「非日常を楽しむもの」と考えているのでグランピングは、まさにそれ。

通常のキャンプよりも費用が掛かるので、以下のような予約サイト使ってお得に利用するのが吉です。

⇒参考:【全国対応】コテージ・キャンプ場予約『TAKIBI』

道具選び

キャンプ道具ってたくさんありますよね。

どう選んでいいか、わからない・・・。』っていう人も多いと思います。

道具選びは、実は簡単。

キャンプ道具選びのポイント

  1. 自分の気に入ったデザインで選ぶ
  2. キャンプスタイルに適しているか

僕が考えるのは、この2つなのですが基本的には自分の気に入ったデザインで選ぶの一択でいいと思います。

まずはお財布と相談して問題が無ければ『これ、イイ!』と思ったものを最優先で購入しましょう。

気に入ったものが無い場合には”自分のキャンプスタイルに合っているのか“を考えてください。

また、キャンプをする時期も道具選びをする上で重要です。春夏秋冬それぞれの季節に適したキャンプ道具を用意する必要があります(もちろん同じものが多い)。

「春キャンプ」を基準で選ぶと失敗が無いと思います。春は暑かったり、寒かったりするので。

下のリンクの記事では春キャンプをする上でのポイントをまとめているので参考にしていただけると幸いです。

春キャンプについての記事

キャンプに必要な道具

キャンプに必要な道具

必要な道具一覧

  • テント
  • シュラフ
  • マット
  • テーブル
  • チェア
  • ランタン
  • 調理器具(家にあるもので可)
  • クーラーボックス

必要な道具は、わりと多いのですが上記を揃えれば快適にキャンプが出来ると思います。

インスタなどのSNSで他のキャンパーの道具を参考にしたり、アウトドア雑誌を読むと欲しい道具がたくさん出てきますよ。

欲しい道具が見つかったら、リアルストア(実店舗)に行って実際に道具を見て・触りましょう。

人気の道具だとお店に無い場合が多いのですが、大切なことです。

寒い日や雨の日はどうするのか?

キャンプで気になるのが「天候」や「気温」。

事前に「天気予報」や「キャンプ場地域の気温」はチェックしておきましょう。

ホームページで情報をアップしているキャンプ場もあるので確認した方がいいです。

そして、雨具など具体的な対策も必要になってきます。悪天候が予想されて”どうしようもない場合“には、思い切ってキャンセルを選択するのも勇気。

雨対策については別記事で詳しく書いているので参考にしてみてください。
⇒参考:【雨キャンプ】経験から感じた雨キャンプ対策を教えます

寒い季節にキャンプを始める人はあまりいないと思うのですが、標高が高いキャンプ場では夏でも気温が低く防寒対策が必要な場合があります。

念のために知識として、冬キャンプについて情報を書いた記事のリンクも貼っておきます。
⇒参考:【初心者向け】冬にキャンプデビューをしたければこれを読め!【対策まとめ】

キャンプでの過ごし方

僕が、たまに質問を受けるのが「キャンプで何をすればいいのですか?」「キャンプで何してますか?」ということ。

最初は正直ナゾな質問に戸惑ったのですが、”何していいのか“が分からない人って結構いるみたい。

なので、僕の過ごし方を紹介したいと思います。

シンプルに読書で過ごす

キャンプ中に読書

本のジャンルは色々で、キャンプには必ず1冊持って行きます。

主にはソロキャンプの時が多いのですが、誰にもジャマされないので集中できる。

大自然の中の読書は最高です。

先日、2019年に読んだ本を”まとめ”た記事を書いたので、本選びの参考にしていただけると嬉しいです。
⇒参考:『キャンプで読書』2019年に読んだ本を紹介【余暇】

2人以上はゲームが楽しい【ニンテンドースイッチ】

ニンテンドースイッチはアウトドア環境でも複数人でプレイできる神ゲームだと思います。

ただ画面が小さかったり、バッテリー問題だったりと、いくつか課題はありますね。

課題さえクリアできれば、充実したアウトドアゲームライフが送れると思います。賛否両論ありますが(笑)。

大画面とするならプロジェクターなのですが、ゲームだけでなく動画を観たりも出来るのでガジェット系を使うと楽しみも広がります。

⇒参考:ニンテンドースイッチをキャンプで快適プレイ

超絶ザコアングラーなのですが”釣り”は楽しい

釣りを始めて5年くらい経つのですが、あまり上達していません。

釣りキャンプ

管理釣り場(釣り堀)が近くにあったり、併設されているキャンプ場は多いので、ファミリーキャンプをする人は釣りの知識があると、子どもと一緒に一層楽しめます。

また、海辺のキャンプ場はキャンプしながら釣りが出来、釣った魚で料理をすることもあります。

自分で釣った魚の味は格別です。

⇒参考:【川釣り】子どもと釣り。釣った魚を”てんぷら”にして食べる

最高の時間”焚き火”

焚き火が好きなキャンパーは多いです。僕もその1人。

「これからキャンプを始めたい!」と思っている人も焚き火好きは多いはず。

暖を取れるだけでなくて、料理も出来るので効率が良いです。

焚き火料理

焚き火料理」が美味しくてハマる人も続出しています。

ただ焚き火には専用の道具を準備することやマナーなどがあるので興味のある人は下のリンクの記事を読んでみてください。

⇒参考:焚き火したい人必見!焚火徹底解説【初心者向け】

注意をすべきこと

実のところキャンプ業界は、キャンプブームとなったせいかトラブルも多く発生しています。

無法地帯みたいな場所もあるので仕方がないのかなぁ・・・・と思うこともありますが、この記事を読んでくださっている読者さんには”被害に遭ってほしくない“ので、もう少しお付き合いください。

子どもの迷子対策

大事なのは「子どもだけの行動をさせない」こと。

テントの設営に夢中になりすぎて、一息入れたら「あれ?ウチの子どこ行った?」となる人もいます。

子どもに派手な服を着せたり、もしもの時のルールを決めておくことも効果的。

下のリンクの記事ではパパママがやっておきたい対策や子どもと決めておくルール、迷子対策グッズなどを紹介しています。

⇒参考:【子どもを守る】キャンプに行く前に”迷子対策”をしよう

世間はキャンプマナーに厳しい

ツイッターなどを見ているとキャンプマナーについて”嘆き”のツイートをよく見かけます。

どんどん世間はマナーについて過敏になっている印象を受けます。

実際マナーの悪い人がいることも事実・・・・。

僕のホームにしているキャンプ場もゴミで溢れていることがあって、キャンプせずにゴミ拾いだけしたことがありました。

皆が少し意識すれば起きない問題も多いと思うんです。実際にマナーを守るのは、そんなに難しい事じゃない。

せっかくのキャンプなのに嫌な気持ちになりたくないですし、他人を嫌な気持ちにもさせたくない。

キャンプをする前にはマナーを確認しておくことは必要ですね。

⇒参考:【初心者向け】キャンプのマナーが悪いとは言わせないようにしましょう【NG行為】

キャンプ道具の盗難被害

キャンプ道具の盗難は最近増えているというトラブル。

中には車を盗まれるということもあるみたいです・・・。

実際に僕のアウトドア仲間も被害に遭いました。

気付いたら大事なキャンプ道具が無い・・・』なんて、考えただけでオソロシイです。

特にフェスなどのイベントに紛れての犯行が多いので、気をつけたいですね。

⇒参考:【必読】キャンプ道具の盗難被害には防犯対策を学ぶべき【男女共に】

SNSで自分の場所が特定される?

キャンプツイートをすることで”今いる場所がバレてしまう“という件です。

特に女性キャンパーに多くなっているトラブル。

調べてみて分かったのですが、画像から場所を特定するテクニックはネットでも広がっていて状況によっては簡単に居場所を特定できます。

「人気のキャンプ場」や「特徴的な景色や景観の場所」は特定されやすい。

安易な発信をして被害に遭わないように気をつけましょう。

⇒参考:【キャンプツイート注意】個人や場所が特定される話

キャンプの始め方|まとめ

今回は「キャンプの始め方」について必要な知識を書かせていただきました。

文章にすると長くなってしまい、中には分かりづらい部分もあるかと思います。これでもまだ序の口です(笑)

でも、まずは”頭で考えるよりも行動“かなと思います。考えているだけでは何も始まりません。

継続して経験を積み重ねることで徐々に効率よくキャンプが出来るようになっていくと思います。

未だに僕もトライ&エラーの繰り返しです。

この記事で書いたことが少しでも読者さんの役に立つことを祈ります。

最高のキャンプライフを!

以上で今回の記事は終了です。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。