【テーブル】”Hilander(ハイランダー)”プライウッドヘキサゴンテーブル

プライウッドヘキサトップ
Pocket
LINEで送る

“Hilander(ハイランダー)”プライウッドヘキサゴンテーブル

プライウッドヘキサゴンテーブル

魅力

  • 雰囲気が出る、インスタ映え。
  • パズルみたいな組立で簡単。
  • 普通のテーブルを使うよりもたき火が楽。

サイズ・素材・性能

  • 素材:合板
  • サイズ:約105.5×92×29.5cm
  • 収納サイズ:約65.2×29.5×11.2cm
  • 耐荷重:30kg
  • 重量:約6.2kg

個人的考察

前々から「ヘキサテーブル」はインスタグラムなどで話題になっていました。当初は”手に入りにくい”とされていましたが、今では各アウトドアメーカーが発売し始めていますね。

僕はヘキサテーブルをまだ持っていませんが、焚火にはロゴスの囲炉裏テーブルを使用しています(昔はヘキサテーブルなんて無いからw)。

一番の魅力は、焚火・キャンプの雰囲気が抜群になるということでしょうか。

くつろげる囲炉裏スタイル

機能的には、焚火を囲んで近くに物を置けるので、取り回しが良いといいましょうか。使用してみると、思っていたよりも便利だと思います。

素材が”木”なので熱々の鍋などをそのままテーブルにおいてしまうと焦げます・・・・。またプラスティックの皿などを、火の近くに置いてしまうと溶けてしまうこともしばしばです。

焦げたり、溶けたりするくらいならまだ良いですが、火が直接テーブルに触れてしまうと、テーブルが一緒に燃えてしまう可能性もあるので、その場合は焚火台の高さを調整しましょう。

焚火は思ったよりもアツいです。

焚火とこのテーブルを囲んで、友人や家族と過ごすと仲が深まります(笑)。

あわせて読みたい記事:

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

1988年群馬県出身。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す