【マット】”Hilander(ハイランダー)”スエードインフレーターマット

ハイランダーマットトップ
Pocket
LINEで送る

スエードインフレーターマット

スエードインフレーターマット(枕付きタイプ)

魅力

  • スエード地なので肌触りがいい、ヒンヤリしない。
  • 車中泊・キャンプ・緊急時・仮眠など幅広く使える。

サイズ・素材・性能

  • 表生地:ポリエステル100%スエードタイプ(PVCコーティング)
  • 裏生地:ポリエステル100%(PVCコーティング)
  • サイズ:幅132×長192×高さ最大5㎝
  • 収納サイズ:幅30×高70㎝
  • 重量:約3.4㎏

個人的考察

『社会人になったら良いベッド買え』と言われることがありますが、忙しい社会人いとって眠り・休息は重要ということです。キャンプ(アウトドア)でもそれは変わらずで、アウトドアを楽しむにはしっかりと休息が必要です。初心者の人が見落としがちなのは就寝中の気温など。標高が高い地域でのキャンプだと真夏でも夜中はグッと気温が下がります。地面からの冷気で眠れない、朝起きたら背中が痛いなんてこと経験したこともあるのではないでしょうか。シュラフはもちろん、コットやマットなど就寝具をしっかりと備えておくことは非常に重要になってきます。

僕もコット+マット+シュラフで就寝していますが、かなり寝心地は良いです。ただマットの素材の表面がツルツルなので、マットがズレてしまったり、ヒンヤリと冷たかったりするのですよね。今回のHilander(ハイランダー)スエードタイプのマットはメチャクチャ触り心地が良さそう。滑り止め効果もありそうですごく良いなと思いました。自宅でも普通に使えそうな感じ。僕は寝るときに枕を使いたい派の人間なので、ピローがついているのもありがたいですね。

収納時の手順は他のタイプと変わらずクルクルと撒いて、付属のゴムバンドをして、収納袋へと入れます。僕が持っているものよりもクルクルが簡単そうなという印象(下の動画)。そして、コンパクト。

キャンピングマットを検討されている方は候補に入れる価値ありだと思います。

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

1988年群馬県出身。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す