Hilander(ハイランダー)のアルミGIコット2

アウトドア キャンプ

こんにちは、Fujiyaです。

今回はハイランダーのアルミGIコット2の紹介と個人的考察をしていきたいと思います。

是非最後までお読みください。

Hilander(ハイランダー)「アルミGIコット2」



魅力

  • 地面からの冷気を軽減。
  • コスパが高い。
  • 荷物置きにもなる。
  • サイズも大きいので悠々寝れる。

サイズ・素材・性能

  • 生地素材:600Dポリエステル(シングル)
  • フレーム素材:アルミ(※一部補強にスチール)
  • 本体サイズ:W190×D66×H42(cm)
  • 収納サイズ:15×15×95cm
  • 重量:5.7kg
  • 耐荷重:80kg

個人的考察

コットは5、6年前と比べると最近は色々なタイプのものが出てますよね。

Fujiyaも同タイプのものをビギナーの頃に購入しました。価格は10,000円くらいだった記憶があります。その頃の価格を考えるとアルミGIコット2 」は、とてもリーズナブルです。

設営手順は簡単なのですが、少し力とコツが必要です。

寝心地ですが、サイズが大きめなので身長が180㎝あっても悠々眠ることが出来ると思います。

キャンプで使う場合はコットの上にマットを敷いて就寝しますが、寝心地は非常に良いです。

素材はアルミなのですが、思ったより重いし、収納してもそれなりに大きいのがデメリットでしょうか。

通販の口コミなどでは、生地の”ほつれ”の話題が目立ちますが、ヘビーに使用したりと使い方次第なのかなと思います。

僕の使っているコットにも”ほつれ”はありますし、負担がかかりやすい部分などは穴が開きそうです。しかし、激安ローコット(足に細いフレームを差し込むタイプ)などと比べると非常に使いし、設営も楽だと思います。

ファミリーキャンプの時は必ず持っていきタープ下に設置しています。”子どもの昼寝”や”荷物置き”、”ベンチ代わり”にも使えるのでとても便利です。もちろん大人の昼寝にも使えて最高に気持ちいいです。

モトキャンプなどでは持っていくことは難しいと思いますが、車を利用される方は持っていて損はないギアだと思います。