今からでも間に合う!軽キャンピングカーで過ごしたい夏!!

車・バイク

軽キャンピングカー

一度は手に入れたい「キャンピングカー」、アウトドアが趣味であれば特にそう思いますよね。

「キャンピングカー」と聞くとアメリカンな大きなキャンピングカーをイメージする人も多いと思います。

確かに一昔前であればイメージの通りに、トラックの様な大きさに豪華な家具を装備しているものが大半だったでしょう。

もちろん今でもサイズの大きい車で機能アップしているキャンピングカーが多数販売されていますが、今回紹介する「軽キャンピングカー」とは文字通り”軽自動車”をベースにしたキャンピングカーで、ボディがコンパクトなので運転しやすく、価格や維持費の負担が少ないことから、現在非常にニーズのある市場となっています。

軽キャンピングカー

これが一台あれば、手軽に車旅へ行けて、キャンプでもテントなどを張ったりする必要もないですし、周りからも一目置かれる存在になれます。

しかし・・・もし購入できるとしても、梅雨も明けてしまった今からの購入では納車が今シーズンに間に合わないです。

納車は長い時で半年以上なんてことも中にはありますので・・・。

そんなニーズに応えて、軽キャンピングカーキットなどを制作している株式会社ブレイズが”増税前キャンペーン”として「短納期キャンペーン」を実施しています。

  • キャンペーン内容:『2019年9月30日までに納車
  • 実施期間:『2019年8月1日~2019年8月31日
  • 条件:上記期間中にキャンピングカーキットの注文すること

ネクストキャンパー

ネクストキャンパー

ネクストキャンパーは株式会社ブレイズが製作している軽自動車キャンピングカーで、装備される家具やベッドマッドなどを日本の職人が手で作り上げています。まさに最高級品。

職人の手作業

また、業界初の「180°回転するシンク」や「1.5m伸縮式シャワー」により車外でも快適に使用でき、2000Wインバーター搭載でさまざまな家電製品が使用できるなど使い勝手は抜群です。

従来のキャンピングカーと比べて、見た目も派手ではないですし、軽自動車なのでコンパクト。

走る道や停める場所を選ばないので、キャンピングカーとしての使用はもちろん、日常的な使用とも両立して楽しむことが出来ます。

経済面でも、税金・保険・車検などでも通常の4ナンバー軽自動車と同じなので、負担が少なくとても助かります。

ラインナップ

目的に応じて4モデルのキットが用意されています。

価格は¥398,000~¥698,000。

新車本体、最高級キットの費用を含めても乗り出し200万円を切るため団塊世代・シニア層を中心に近年リタイアした高齢者などからのニーズが増えているそうです。

プレミアムキット

プレミアムキット

画像は、家具素材・色:ダークブラウンウッド。ベッドマット素材・色:ベージュモケット。
(テレビはオプション)

  • 名称: next camper premium
  • 価 格 :¥698,000.-(税抜)
  • 取り付け費用:¥69,900.-(税抜)
  • サイズ:縦1750mm×横1250mm

リミテッドキット

リミテッドキット

強力な電装装備はそのままに、大人二人がゆったり過ごせる。

画像は、家具素材・色:ブラックレザー。ベッドマット素材・色:ボルドーレザー。

テレビ、セカンドシート上部マット2分割仕様はオプション。

  • 商品名: next camper Limited
  • 価 格 :¥598,000.-(税抜)
  • 取り付け費用:¥59,900.-(税抜)
  • サイズ:縦1750mm×横1250mm

スリーパー

スリーパー

最大限に就寝スペースを確保した造り。

画像は、家具素材・色:ダークブラウンウッド。ベッドマット素材・色:ブラウンモケット。

  • 商品名: next camper sleeper
  • 価 格 :¥458,000.-(税抜)
  • 取り付け費用:¥49,900.-(税抜)
  • サイズ:縦1750mm×横1250mm

ネクストキャンパーキット

ネクストキャンパー

画像は、家具素材・色:ベージュウッド。ベッドマット素材・色:グレーモケット

  • 商品名: next camper kit
  • 価 格 :¥398,000.-(税抜)
  • 取り付け費用:¥39,900.-(税抜)
  • サイズ: 縦1750mm×横1250mm

ポップアップルーフテントも装備できる

ルーフテント

車体の改造無しで4ナンバー軽自動車のままで、ルーフテントを付けることができます。

通常状態だと、4人家族では車内就寝はキツキツになってしまうので、ルーフテントを付けることで就寝人数を増やせます。軽自動車から1BOXまで全車種(一部大型・特殊車除く)にも対応可能。

また、ルーフテント以外のオプション装備も充実しています。

人気の高いサイドオーニング、車載用電子レンジ、温冷蔵庫等オプション装備として多数設定があります。又、サブバッテリー増設オプションも2016年6月よりリリースしました。

足回り

5ナンバーの乗用車タイプの軽自動車だと、積載の重量に長く耐えられずに不安定です。

ネクストキャンパーは4ナンバータイプだからこそ、最大350kgまでの積載量に耐えられるように設計されています。

車内装備も最大限の軽量化をしているので、沢山の荷物を積んでも安心ですね。

災害時への対策

災害時にはキャンピングカーは貴重な資源となります。

さまざまな家電製品がそのまま気軽に使えるほか、各10Lの給排水タンクを常備できるので万が一の災害時でも安心です。

経済的な負担

税金・保険・車検が通常の4ナンバー軽自動車と同じで、経済的です。

車検も全く問題なく4ナンバー軽自動車と同様に検査が受けられます。

対応車種・ベース車両

スズキエブリイ・ダイハツハイゼット・三菱ミニキャブ・マツダスクラム・トヨタピクシス・日産NV100*全て4ナンバー1BOXモデルが対象です。

軽キャンピングカーのベース車両に関しても、要望に沿って、予算に合わせて中古車、未使用車、または新車からなどいろいろと相談にのってくれます。

ご興味のある方は、購入の検討をされてみてはいかがでしょうか。

詳細はネクストキャンパー公式ホームページで確認してください。

今回の記事は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。