“TENTFACTORY(テントファクトリー)”ワンポールテントTCの考察

CAMP OUTDOOR

“TENTFACTORY(テントファクトリー)”ワンポールテントTC



魅力

  • 風に強い。
  • タープとしても使える。
  • 一人でも設営が簡単。

サイズ・素材・性能

  • 本体サイズ:460×390×280センチ
  • 収納サイズ:68×27×27センチ
  • 構造部材:スチール(粉体塗装)
  • 張り材:TC(ポリエステル45%・コットン55%)
  • 耐水圧:2000ミリ
  • 総重量:約13キロ
  • 入口高:約18センチ
  • ポール径:32ミリ
  • ポール全長:280センチ

個人的考察

たくさんの種類のテントがある中、ワンポールテントの魅力は””だと僕は思います。三角形のシルエット、尖がった天辺がたまりません(笑)。

また、使ってみるとわかるのですがワンポールテントは、風に強いです。

設営は、ペグダウンをした後にポールを立てるだけなので超簡単。ソロでも問題なく設営ができます。
⇒参考:【ワンポールテント】小川・Ogawa「ピルツ15」を使ってみた感想・レビュー

遮光性も高くて、プライベートを確保しやすい気がします。安心できるとでも言いましょうか。その分、タープとして使用した場合には「1枚布タープ」の様に外の広い景色を見たりは出来ませんけどね。

秋冬の気温が低い時には、ストーブを中に入れているキャンパーも多いです。僕もアルパカストーブを入れたりしています。
⇒参考:アラジンのおしゃれストーブの比較。キャンプに持って行くのは?

アルパカストーブをテントの中に入れる

デメリットに感じていることは、ガイドロープの長さを入れると結構な面積になります。区画サイトは、ある程度の広さが無いと設営が困難です。

また、ペグダウンしてポールを支えている状態なので『設営場所を変えたい』となった場合には移動が大変です。

片付けの時は、自立できないのでテントを乾かしづらいです。

以上で今回の記事は終了になります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

僕は他にもキャンプ道具の考察記事を書いているので参考にしていただけると幸いです。下にリンクを貼っておきます。