【テント】”TENTFACTORY(テントファクトリー)”ワンポールテントTC

Pocket
LINEで送る

“TENTFACTORY(テントファクトリー)”ワンポールテントTC




ワンポールテントTC

魅力

  • 風に強い。
  • タープとしても使える。
  • 一人でも設営が簡単。

サイズ・素材・性能

  • 本体サイズ:460×390×280センチ
  • 収納サイズ:68×27×27センチ
  • 構造部材:スチール(粉体塗装)
  • 張り材:TC(ポリエステル45%・コットン55%)
  • 耐水圧:2000ミリ
  • 総重量:約13キロ
  • 入口高:約18センチ
  • ポール径:32ミリ
  • ポール全長:280センチ

個人的考察

たくさんの種類のテントがある中、ワンポールテントの魅力は””だと僕は思います。三角形のシルエット、尖がった天辺がたまりません(笑)。

使ってみるとわかるのですがワンポールテントは、風に強いです。

設営は、ペグダウンをした後にポールを立てるだけなので超簡単。ソロでも問題なく設営ができます。

遮光性も高くて、プライベートを確保しやすい気がします。安心できるとでも言いましょうか。その分、タープとして使用した場合には「1枚布タープ」の様に外の広い景色を見たりは出来ませんけどね。

秋冬の気温が低い時には、ストーブを中に入れているキャンパーも多いです。僕もアルパカストーブを入れたりしています。

アルパカストーブ創造の森キャンプ場

デメリットに感じていることは、ガイドロープの長さを入れると結構な面積になります。区画サイトは、ある程度の広さが無いと設営が困難です。

また、ペグダウンしてポールを支えている状態なので『設営場所を変えたい』となった場合には移動が大変です。

片付けの時は、自立できないのでテントを乾かしづらいです。

あわせて読みたい記事:

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

1988年群馬県出身。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す