【③分解・清掃】ヤマハビーノ50(2スト)を修理・カスタム。~とにかく分解・清掃~

車・バイク

こんにちは、Fujiyaです。

今回は、「YAMAHAビーノのレストア企画」の記事です。
⇒参考:【紹介記事】ヤマハビーノ50(2スト)を修理・カスタム

前回よりもさらに分解・清掃を行いたい』と思います。
⇒前回作業:【②セル】ヤマハビーノ50(2スト)を修理・カスタム「セル始動させてみた」

どこからかエンジンオイルが漏れているようで、チューブやキャブレター周辺など至る所がオイルまみれでした。

また、”マニホールドに亀裂”が入っていたり、”エアフィルターが腐食”していたりとレストアのやりがいがありそうです(笑)。

すべてを綺麗にすることは難しいかもしれませんが、出来る限り”素人DIY”でやってみたいと思います。

お時間ありましたら、最後までお付き合いください。

YAMAHAビーノのレストア:分解・清掃作業

劣化している部分も多くて破損しやすく、錆でボルトがきつくて外すのにかなり苦労しました。

ネジ・ボルトを外す

とにかく分解して、一つ一つを確認してオイル漏れの原因を探してみます。

ビーノを分解する

タイヤも外して、フレームがむき出しの状態、丸裸な状態になりました。

写真はすでにバラした状態ですが、実はここまで来るのに結構苦労してます。

「なぜか?」というとネジやボルトが錆びついており、中々回りませんでした・・・・・。

潤滑剤を使用したり、固着したビスを無理やり回す・壊すビスブーカーやネジザウルスを使用して時間をかけて外していきました(3日くらいかかった)。

『世の中には困ったときに対応できる色々な工具があるのだな~』と勉強になりました。

「ビスブレーカー」と「ネジザウルス」はとても役立ちました。オススメです。

外した部品は、パーツクリーナーとウエスを使用して、オイルまみれな状態を改善します。

マニホールド

オイルまみれのマニホールド

画像でもわかるようにマニホールド周辺もオイルで”テッカテカ”。マニホールドも劣化して亀裂が入っていたため、新品を注文し交換。

ついでにゴムカバーも一緒に新しくしました(下画像)。

ゴムカバーも新品に交換

これはYAMAHAの純正品です。

純正品はメッチャ高額でした(送料も結構かかる)。

Amazonなど通販で購入した方がはるかに安いので、後々考えたらこっちにすれば良かったと思っています。

リアサスペンション

新しいリアサスペンションを取り付け

セルモーター周辺もオイルまみれだったので、パーツクリーナーを吹きかけて綺麗にしました。

リアサスペンションを”デイトナ”のものに変えてみました。差し色で””にしました。

ですが、純正のものより10mmくらい長いのでちょっとリフトアップしてます。

プラグ交換

とにかくパーツクーリーナーを吹きかけまくったのは良いのですが、どうやらプラグが被ってしまったようで、この際新しいものに交換しました。

交換後は、エンジンも問題なく始動。

大分綺麗になったので良しとしましょう。

作業レポートは以上です。
今回は、分解・清掃作業でした。

分解の手順を紹介しているブログやサービスマニュアルを参考にしながら地道に作業しました。

時々エンジンが止まりそうになることがあってキャブレターの調整を少しやってみたのですが、あまり変わった感じはありませんでした・・・。

本格的にオーバーホール(キャブレターの分解・清掃)を行う必要があると思います。

しかし、現在はとりあえず動作に問題ないので、このまま完成を目指していきたいと思います。

今回の記事は以上になります。
最後までお付き合いありがとうございました。

下に次回の完成作業レポート記事のリンクを貼っておきますので、併せて参考にしていただけると幸いです。

レストアビーノがついに完成