【管理釣り場】人生初の50センチオーバーの魚がヒット!?

人生初の大物を釣るトップ
Pocket
LINEで送る

川場フィッシングプラザ

群馬県利根郡川場村にある「川場フィッシングプラザ」に行ってきました。

5月に家族で訪れて以来の訪問です。

前回は親子で”浮き釣り“をして入れ食いでしたが、今回は大きなポンドの池でルアーを使って釣りをしてきました。

あわせて読みたい記事:

ルアー&フライの利用料金(6月~9月)

券の種類 持帰り出来る魚数 料金 利用時間
1日券 30匹 4,500円 6:00~17:00
スーパー1日券 35匹 6,000円 6:00~19:00
午前券 20匹 3,500円 6:00~12:00
ペア券 40匹 7,000円 6:00~17:00
女性・子ども1日券 20匹 3,500円 6:00~17:00
午後券 20匹 3,500円 11:45~17:00
スーパー午後券 25匹 5,000円 11:45~19:00
イブニング券 10匹 2,000円 16:00~17:00
時間券 1時間券 5匹 1,500円
2時間券 10匹 2,000円
3時間券 15匹 2,500円
ナイター券 1時間券 5匹 1,500円 ~21:00
2時間券 10匹 2,000円
3時間券 15匹 2,500円

※2019/7/23時点。変更がされる場合があるので、詳細情報含めホームページ(kawaba-fp.jp)で確認してください。

レンタル

タックル

ロッド+リール 1,500円
ロッドのみ 1,000円
リールのみ 1,000円

一緒に行った友人が「ロッド+リール」をレンタルしました。

レンタルした場合、ルアーはロッドにクランクが1つ付けられているだけです。

友人はラインが切れたりして3回ほどルアーを紛失しましたが、毎回竿ごと無料で交換してもらえました。

ルアーチェンジしたい場合は、点灯で販売しているルアーを購入するか、受付に言えば変えてもらえるっぽいです。しかし、手間などを考えると道具は自分で用意してきた方が良いと思います。

ドラグが壊れている様なリールもありました・・・・。

「タモ」と「ビク」

川場フィッシングプラザに持って行った道具
「タモ」とか「ビク」とかを用意

タモ」や「ビク」などは無料で借りることが出来ますが、込み合っていたりすると在庫が無かい場合もあります。

Fujiyaは今までに何度かそういうことがあり、そんなに高価な道具でもないので購入して、レンタルせずに自分の物を使っています。

レギュレーション(ルール)

  • エサ・集魚剤・撒き餌は禁止。
  • 魚の口以外に針がかかっている場合釣れた事にならないのでリリースする。
  • ソフトルアー、ラバージグ、スポンジ状エッグフライ、ジグフライ、パワーエッグ、ジェリービッツは禁止。
  • トレーラー禁止。
  • 素針・チラシ針禁止。
  • テンカラ、フライリールの付いたフライロッド以外フライ(毛鉤)、ルアーでフライ(毛鉤)を使うのは禁止。
  • 重量18.5gを超える物や大きさ11.5cmを超える物は禁止。
  • トリプルフック、返しのある針の使用は禁止。

※詳細はホームページ(kawaba-fp.jp)で確認してください。

釣行レポート

到着したのは14:00くらい。平日なのに結構お客さんがいます。

さすが有名な管理釣り場ですね。先日も旅番組で紹介されていました。

Fujiyaがこの釣り場でルアー釣りをするのは2年ぶり。

2年前は、確か・・・全く釣れなかった(笑)

かなり久しぶりのエリアトラウトです。

目標は『家族の人数分の魚を釣って、持って帰ること

川場で釣り
川場での釣行

時間的には、”釣れない時間帯“ですが、自分の腕?運?を信じてロッドを振っていきます。

最初はキラキラ系のスプーン2.5グラムを使ってみましたが、反応なし。棚を変えてもイマイチ正解が分からず・・・。

その後、セオリー通りに重さを軽くしてゆっくり巻いてみたり、カラーを落としてみたり、場所を変えたりしてみます。

少しは反応がありましたが、バレてしまったりと釣れるまではいかず・・・・。

Fujiyaは、マジでスプーンのセンスが無いようです、誰か教えて下さい(笑)

30分でスプーンは諦めて、「クランクベイト」を使用することにします。

やはり初心者にはクランクベイトですね。

桜色のちびパニクラ
ちびパニクラでヒット

時間が進むにつれて、魚が表層を意識し始めたのかトップで釣れることも多くなりました。

トップウォーターを狙えるクランクベイトを多用したらヒット連発!

ここで当初の目標である家族の人数分のニジマスは確保。

調子に乗って、再度スプーンを使用してみます。

1.5グラムのゴールド系でシルエットも小さいスプーンで低層を巻いていたら『ドカンッ!』と凄い当たりが・・・・。

Fujiyaと釣り
大きなアタリが!

ナカナカ引き寄せられずに数分間ファイトしました。

50センチオーバーの魚
人生初の大物

写真だと分かりづらいのですが、人生初の大物でした。

あまりの大きさに自分でも驚いてしまい、ビクにも入らないので、リリースしましたが確実に50センチはあったと思う!

今回の釣果(3時間)

  • 釣った魚:5匹
  • リリースした魚:1匹
  • バラした回数:4~5回

釣り人的に管理釣り場で3時間も釣りして、これしか釣れないのはアウトだと思います(笑)

もっと釣りの腕を上げたいのが正直なところです・・・。

ちなみに一緒に行った友人は坊主でした(笑)、レンタル道具だと難しいかも。

使ったタックル

ルアーに関しては、全て紹介するとキリがないので1部、種類だけです。

Fujiyaは、大したタックルは使ってないです(笑)。

ラインは「フロロカーボンの3lb」、かなり前に使ったやつをそのまま使用。

ロッド

リール

ルアー

最後に

今回は久しぶりのエリアトラウトでしたが、大物が釣れたので良しとします(笑)。

釣り」って奥が深くて、まだまだ分からないことだらけです・・・。

勉強と経験あるのみですね。

今まで一人で釣り場に行くことしかなかったのですが、ついにFujiyaにも”釣り友達“が出来、初めて友達と2人での釣り。

エリアトラウトは初めての友人でしたが、釣りは複数人の方が楽しいかもしれません。

1人で釣りを始めて数年経ちますが、今回はとてもいい経験になった気がします。

川場フィッシングセンターの魚は、とても引きが良くて、釣ってて超楽しいです。

有名な管理釣り場なのでご存知の方は多いと思いますが、「まだ」という方は是非訪れてみてください。

あわせて読みたい記事:

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

1988年群馬県出身。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す