【下新川郡入善町】オイスターバー「牡蠣ノ星」に行ってきた

LIFE TRIP

こんにちは、Fujiyaです。

富山キャンプ旅行の途中で見つけたオイスターバーを紹介したいと思います。
⇒参考:【富山県】家族で旅行越前松島水族館に行ってきた(群馬⇔富山)

入善牡蠣ノ星

富山県の下新川郡入善町にある「園家山キャンプ場」を利用した時に偶然「牡蠣ノ星」というレストランを発見しました。
⇒参考:【新川郡入善町】園家山キャンプ場でバンガロー泊

牡蠣ノ星の外観

興味本位で近くまで行ってみたら、隣になんか凄そうな施設はあるし、牡蠣が凄く美味しそう・・・。

完全に予定外でしたが家族で入ってみたので紹介していきたいと思います。

『海のミルク』とも言われる牡蠣は美味しいですよね。僕も生ガキが大好き。

しかし、そんな美味しい牡蠣には”ノロウィルス“が含んでいる場合もあり、食べるにはリスクがある食べ物でもあります・・・。

「牡蠣ノ星」では、“画期的な浄化方法”で”安全基準”を満たした「ミネラルオイスター」という特別な牡蠣が提供されており、とても安全に食べることができるのです。

※この記事は入店した2019年5月の時の情報です。内容の変更がある場合がありますので、ホームページ(www.kakinohoshi.com/nyuzen/)で確認や電話での問い合わせをしてください。

営業時間

11:00~17:00(ラストオーダー:フード16:00/ドリンク16:30)

僕は、元々存在を知らなかったので当然予約をせずに入店しました。

たまたま営業時間より少し早く到着していたので、並ぶことなく、待ち時間もほとんどなく着席できました。

しかし、本来は込み合うことが多く、予約(0765-76-0065)は必須だと思います。

実際に営業開始から少し経つと席は満席となり、店の前にもたくさんのお客がいました。

今回はとても運が良かったみたい(笑)

場所

新潟方面からは北陸自動車道「入善スマートIC」から車で20分、富山市内方面からは北陸自動車道「黒部IC」から車で15分となっています。

僕が利用した「園家山キャンプ場」からは車で3分くらいでした。

駐車場も100台以上停められる無料のものがあるので困ることはありません。

牡蠣ノ星の駐車場

入善海洋深層水パーク

牡蠣ノ星」の隣には、入善沖3キロ、水深384メートルから取水している海洋深層水の給水施設「入善海洋深層水パーク」があります。

ホームページにも書いてありましたが、「牡蠣ノ星」に行くのならここを目印に行くのが良いみたいです。

入善海洋深層水パークの看板

この施設では深層水の取水方法をパネルや映像で解説していたり、施設前で3種類の深層水(原水・濃縮水・脱塩水)を給水できます。

入善浜マルシェ

また、入善の漁業者が遠洋で漁獲したマグロや深層水で養殖した「深層水アワビ」、農産物などを販売する「にゅうぜん浜マルシェ」が併設されています。

海洋深層水仕込みの牡蠣

牡蠣ノ星の牡蠣

牡蠣のエサは海中の植物性プランクトンです。

たくさんプランクトンを食べようと1時間に約20リットル、1日に約400リットルもの海水を”吸って吐いて“を繰り返しています。

なので、生息している海水の状況によっては牡蠣自体に影響を受けます。これが牡蠣を食べてノロウィルスにかかる原因です。

つまり牡蠣が取り込む海水を綺麗にすれば良いわけですが、これまでは海水を紫外線で殺菌し、牡蠣の体内を浄化する方法がとられていました。しかし、この方法は水量と照射の関係で、殺菌のコントロールが非常に難しい方法でした。

そこで注目したのが「海洋深層水」。

海洋深層水とは太陽光が届かず、表層の海水と混ざらない水深200m以深の海水のことです。何千年単位で、ゆっくり深海を循環しています。

海洋深層は極めて清浄性の高い海水なので、海洋深層水を牡蠣の体に廻らせれば安全で美味しい牡蠣が作れるというわけです。

海洋深層水浄化加工センター

この施設は全国にオイスターバーを展開するゼネラル・オイスターグループの「海洋深層水かきセンター」が運営しているものです。

富山湾の水深384mからくみ上げた海洋深層水を約48時間かけて牡蠣の体内を循環させ、きれいに浄化しています。

この画期的な浄化方法と独自の安全基準を満たしたものを、グループ直営のオイスターバーへ出荷しています。

店内・メニュー

水槽・テーブル

お店の中に入るとたくさんの水槽があります。

牡蠣ノ星の水槽

これは”海洋深層水かけ流し“の水槽となっていて、注文を受けてから水槽から取り出すというシステムなので、食材が超新鮮です。

牡蠣ノ星では全テーブルに網が設置される

全テーブルには網が設置されています。

自分で焼いていく感じなのですが、牡蠣やアワビなんて高級食材を焼いたことがありません(笑)

牡蠣の焼き方

牡蠣の焼き方

テーブルにある”焼き方マニュアル”を見ながら焼いていきます。

向きなども考えて焼いていかないと、熱々の牡蠣の汁が飛び出して火傷をする恐れもあるのだとか・・・・。子連れの方は特に注意が必要です。

メニューも豊富なので、どれを注文しようか迷ってしまいます・・・(笑)。

我が家は、生ガキに、カキフライ、焼きアワビなど色々と注文。

牡蠣ノ星のメニュー

あれやこれや注文すると、結構値段がいってしまう感じですが、海無し県の群馬で食べる物とは違って、とても新鮮なので、どれも美味しかったです。

牡蠣ノ星で生ガキを食べる

牡蠣ノ星で焼きアワビ

焼きガキの食べ放題

牡蠣の食べ放題

次回来店した時は注文したいと思っている食べ放題。

死ぬほど牡蠣を食べてみたい(笑)

今回の記事は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。