【Jeep】DIYでラングラーアンリミテッドをスタッドレスタイヤへ交換する

ラングラー冬用タイヤ交換トップ
Pocket
LINEで送る

読者のみなさん、どうも。
Fujiyaです。

少し前になりますが、相棒ラングラーアンリミテッドのタイヤをスタッドレスへ交換しました。

元々納車時に”エムエルジェイ”のホイールと”グッドリッヂ”のオールテレーンタイヤを履かせたため、純正標準タイヤは車庫に眠らせていました。

冬の時期になって、”このまま眠らせておくのはもったいない”と思い、純正ホイールにスタッドレスタイヤを履かせることにしました。
(ノーマルタイヤだけ残ったけど、どうしようか検討中・・・・)

今回の作業は、純正標準ホイールからノーマルタイヤを外し、スタッドレスタイヤを履かせるという”組み換え作業”から計画しました。

結果から言うと全てが問題なく完了しましたが、「下調べ”に時間がかかったな」という感想です。

今回は、ラングラーアンリミテッドのタイヤ交換レポートになります。
お時間ありましたら、今回も最後までお付き合いください。

タイヤ選び~組み換えまで。

僕自身、素人でタイヤの知識などゼロに等しいので、まずは18インチのスタッドレスタイヤを自宅近くの量販店に行って探してみることにしました。

冬用タイヤ

当たり前の話なのかもしれませんが、18インチのスタッドレスなど置いてないところがほとんど・・・・(笑)。あってもメチャクチャ高額 😯 

「ディーラーで買う」って言うのも一つの方法ですが、これまた高額でしょう。
金額を安く仕上げるのであれば、ネットを駆使する以外に方法が無いことがわかりました 😎 

しかし・・・・。
色々とネットサーフィンしてみたところ。
僕のラングラーアンリミテッドの純正タイヤのサイズは「255/70R18」。

このサイズが売ってない・・・・w

どうやら、このサイズのスタッドレスタイヤは日本国内向けには販売されてい無いようです。手に入れるには、海外製のものを輸入するか、海外市場向けの国産タイヤを逆輸入するしかないとのこと。
(なんとまぁ、時間とお金がかかりそうなこと・・・)

他に方法が無いか探してみたところ、互換性のあるタイヤを装着すれば何とかなりそうということがわかりました。

タイヤサイズ255/70R18の場合の純正ホイールに履かせたときにノーマルフェンダーに収まるサイズは”285/60R18”。

外径も幅も若干サイズアップしてしまうようですが、どうやらこのサイズが燃費や操縦性も問題なく、車検にも引っかからずに”互換性がある”ということが分かりました。

しかし、さすがに18インチのタイヤ・・・・。
どこを探しても新品は4本で10万~くらいします 😥

僕の場合は、特にメーカーにこだわりも無かったので、オークションで中古で程度の良いものを見つけることにしました。

で、ヤフオクで購入したのがコレ(タイヤのみ)↓↓

ラングラーのスタッドレス

ダンロップのグラントレックというSUV用のスタッドレスタイヤです。
中古品ですが、溝9割で4本セットお値段4万5千円でした。
(送料込みでも5万円くらいだった)

オークションで中古のタイヤを購入するのは少し怖いような気がしましたが、出品者の評価も問題なく、ある程度しっかりとしたタイヤ専門の買い取り/販売業者だったので商品の方も問題はありませんでした。

タイヤとホイールの組み替え作業は、さすがに自分ではできないので業者に頼むことにしました。

近所の量販店やガソリンスタンドに片っ端から電話をして料金を確認し、相場的は、1本あたり3000~4000円でした。高いところでは18000円くらいと言われるところもありました。

タイヤを持っていく手間や時間、金額的な事を考えると気落ちしてしまいそうになっていましたが・・・・。

ダメ元で自宅から100メートルくらいにある自動車修理工場に連絡してみたところ、1本2000円で引き受けてくれるとのことで大幅に労力とお金を節約することができました 😆 

近所ということもありますが、個人で経営している自動車修理工場の方がフレンドリーな感じで色々と融通が利くかもしれません。

タイヤ交換。

組み換え作業が無事完了し、いよいよタイヤ交換です。

ラングラーアンリミテッドは車重が重いので、元々持っていたフロアジャッキでは対応ができませんでした。

そこで今回10トン対応のボトルジャッキを改めて購入しました。

マサダ製作所のジャッキ」です。
他のラングラーオーナーの方がおススメしていたので僕も購入してみました。

しかし、
いざ使用しようとしたら・・・・使い方がイマイチ分からない(笑)。

付属の説明書を読んでも、ネットで調べても「え?これどうやんの?」って感じだったのですが、色々と試してみたところメチャクチャ簡単でしたw

他のラングラーオーナーの方のブログでは、”ウマ“を利用している方も多いのですが、僕は予算の都合上今回は購入しませんでした。

ジャッキポイントですが、コイルの下部(説明書参照)になります。

1か所ずつジャッキアップしていきます。
ジャッキアップは安定した平らな所で行ってくださいね。

 

しかしながら、18インチのタイヤ・・・・重いw。

今回で初めて知ったのですが、ローテーション(タイヤが回る方向)が指定されているタイヤもあるのですね。

左右の取り付けを間違わないように注意します。

ボルトの増し締めを行います。

ラングラーアンリミテッドの締付トルクは135N.mとのことなので、トルクレンチを使用します。

これでエアーの確認をして完了です。

運転席に記載のある規定エアーは240kPaってことなんですが、これと同じでいいのでしょうか?結局、調べても分かりませんでした・・・・。

まあ、この状態で300キロくらい走行しましたが、トラブルも起こっていませんし、燃費とかも大して変りないですので問題ないのかな?

とりあえず全行程終了!!

やはりタイヤとホイールが変わると新鮮な感じがしますね。
なんとか無事に作業を終えることができました。

一番大変だったのは、”最初のボルトを緩める時”でしょうか。

クロスレンチを使って緩めたのですが、メチャクチャ大変でした(笑)。

足で蹴って緩めるとホイールにキズがついてしまうので、何とか手だけで外しましたが、とても骨が折れました・・・・。

毎年行っているタイヤ交換作業ですが、ラングラーアンリミテッドのタイヤ交換を行うのは初めてでしたので中々新鮮な気持ちで出来ました。

3月の後半頃まではスタッドレスタイヤです。
雪上のドライブも快適になりそうです。

今回の記事は以上になります。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
またお会いしましょう。


心形流Zへの入門』としまして、ブログ更新をした際にメールにてお知らせする”購読者登録”が出来るようになりました。

※登録しても、管理人や他の人にメールアドレスが分かってしまうこともありませんし、解除もすぐに出来ますので、よろしければ登録をお願いいたします。

☆ご希望の方は、コチラをクリックしてください。


他の愛車たちのカスタム・レポート記事はコチラ

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

30歳。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す