【DIY】腕時計の電池交換。

腕時計電池交換トップ
Pocket
LINEで送る

読者のみなさん、どうも。
Fujiyaです。

今回は、腕時計の電池交換を自分でやってみたいと思います。

この時計の電池交換は今まで3回したのですが、全て時計屋さんにお願いしていました。

今回は、わざわざ時計屋さんに持っていくのも面倒ですし、交換の費用も地味に高いということもあって電池が切れてから半年ほど放置してました。

これ他にもいくつか腕時計を持っているのですが、電池交換が必要な状態で使用していないものがあります。

まとめて業者に依頼したら、出費も嵩みそうだったので、この際自分で出来るようになっておこうと考えました。

腕時計の工具。

工具も高い物から安いものまでピンキリなので、どれを買えばいいのか迷います・・・・。

プロではないので高額なものは必要ないにしても、あまりに安いものだと粗悪品があるようです。

そこで僕が購入したのは評価や口コミも良かったのでコチラ↓↓。

細々した工具がたくさん付属しているのですが、全て使うわけではないです。

初心者の僕には何の作業に、どの道具を使うのかイマイチ分かりませんが、工具を見ているとワクワクしますね(笑)。

腕時計の電池交換作業。

まず作業に使用する工具ですが、バネ棒外し」「オープナー」「土台の3点です。

僕の腕時計の場合、まずベルトを開かなければ電池交換ができないで”バネ棒”を外していきます。

バネ棒は、中にバネが入った伸縮性のある管です。

バネ棒や外し方にも色々なタイプがあるようですが、僕の場合は腕時計の後ろから工具を入れて外す方法でしたが、案外簡単に外すことが出来ました。

次に”裏蓋を開け”ていきます。
これも腕時計の種類によって方法が違います。

どうやら以下のの3種類があるようです。

  • スクリュータイプ
  • こじ開けタイプ
  • ネジ止めタイプ

僕の時計は、専用の工具を使って裏蓋を回転させながらはずす”スクリュータイプ”だったので今回はスクリュータイプを中心にレポートをしていきます。

土台に時計を挟み込みます。

そして、裏蓋の溝にオープナーの爪を引っ掛けて回します。
溝は、腕時計の種類によって数や大きさ等も様々あるようですが、オープナーがある程度対応できるようになっています。

僕の場合は、技術の問題なのか、工具の問題なのかはわかりませんが、中々苦戦しました(笑)。コツは諦めない事です。

グリッと回すことが出来ると気持ちいいですw。

蓋を外すと電池が見えました。

ピンセットを使って電池を取り出し、新しい電池を差し込みます。

今回電池は「SR920SW」というボタン電池です。

近くの有名電気屋さんで購入したのですが、こんな小さい電池なのに400円以上もしました 😥 

高い・・・・。

得意の通販で買えばメチャメチャ安かったのに・・・・・。
なぜか焦ってしまいました(笑)

最後に裏蓋を締めて無事作業完了。
時計も問題なく作動。

これで明日からまた時を刻んでくれますね 🙂 

今回の記事は以上になります。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
またお会いしましょう。


心形流Zへの入門』としまして、ブログ更新をした際にメールにてお知らせする”購読者登録”が出来るようになりました。

※登録しても、管理人や他の人にメールアドレスが分かってしまうこともありませんし、解除もすぐに出来ますので、よろしければ登録をお願いいたします。

☆ご希望の方は、コチラをクリックしてください。


Jeep関連記事はコチラ

アウトドア関連記事はコチラ

愛車たちのカスタム・レポート記事はコチラ

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

30歳。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す