【ヒッチ】ラングラーアンリミテッドJK”ヒッチメンバー”の取り付け

ヒッチメンバートップ
Pocket
LINEで送る

ヒッチメンバーの取り付け

読者のみなさん、どうも。
Fujiyaです。

前回の記事では「ナンバープレート移設キット」の取り付けレポートをさせて頂きました。

関連記事:

せっかくナンバープレートを移設したので、続いて”ヒッチメンバーの取り付け”をしていきたいと思います。

ヒッチメンバー』は、トレーラーを牽引するために車のフレームに取り付けるパーツです。

Fujiyaはまだトレーラーなんて持っていないですが、このヒッチメンバーには他にも使い道があります。

ヒッチキャリア(カーゴキャリア)という荷台を取り付けることで、荷物や自転車・バイクなんかを運べるのです。積載量が大幅にアップというわけですね 😛 

折り畳み式 ケージ付き ヒッチキャリアカーゴC04 【カーゴネット付き】
e-choice

今回は、そんなヒッチメンバーを取り付けていきたいと思います。

取り付けレポート

ヒッチメンバー選び

Fujiyaが購入したヒッチメンバーは”スミッティビルト(smittybilt)”というメーカーの物です。

トレーラー連結用のハーネスがセットになっている物もあるのですが、それは「トレーラーを購入した時にでも考えよう」ということでヒッチメンバー単体を購入しました。

相場も大体1万円くらいでしょうか(H31/3月)。

ebayでも相場は変わらず、送料分が逆に高くなりそうだったのでAmazonで購入。

リアバンパーの切断

取り付けは、リアのフレームにボルトオンなので非常に簡単。しかし、日本仕様のラングラーの場合は、元々のナンバープレート設置部分(リアバンパー)が邪魔ですぐには取り付け出来ないのです。

なので、邪魔な部分を”切断”をします(夜の画像しかなかった・・・・)。

ネットで切断方法を調べると様々あって、中にはノコギリで潔く切ってしまう方もいるようです。

Fujiyaは、前から欲しかったという理由でディスクグラインダーで切断することにしました。

日曜大工レベルで使用することになるので、3000円くらいのディスクグラインダーです。思ってたよりも全然安い 😛 

さて、切断箇所に当て木をします。

切断用のディスク」と「クランプ」をホームセンターで買ってきました。

当て木は、倉庫に転がっていたものを使用。

初めてのディスクグラインダー作業は緊張しましたがなんとか切断出来ました(笑)。

切断完了。写真では真っ直ぐに切断出来ているように見えますが、断面はイマイチなので近くで観ることは禁止です(笑)。

本体の取り付け

切断が終われば、後はヒッチメンバーを取り付けるだけ。

無事に取り付けも終わり、今回の作業は終了です。

早くヒッチキャリアを付けてキャンプに行きたくなりますね・・・ 😆 

今回の記事は以上になります。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
またお会いしましょう。

あわせて読みたい記事:

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

1988年群馬県出身。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す