ラングラーアンリミテッドにヒッチメンバーを取り付ける

カスタム ラングラーアンリミテッド 車・バイク

こんにちは、Fujiyaです。

前回の記事では「ナンバープレート移設キット」の取り付けレポートをさせて頂きました。
⇒参考:ラングラーアンリミテッドJK”ナンバー移設キット”の取り付け

せっかくナンバープレートを移設したので、続いて”ヒッチメンバーの取り付け”をしていきたいと思います。

ヒッチメンバー』は、トレーラーを牽引したり、カーゴキャリアを取り付けるために車のフレームに取り付けるパーツです。

ヒッチキャリア(カーゴキャリア)を取り付けられれば、荷物や自転車なんかを運ぶことができます。積載量が大幅にアップというわけですね 😛 
⇒参考:【ルーフキャリア・ヒッチキャリア】ラングラーアンリミテッドの積載量を拡大する

ヒッチメンバーの取り付け

ヒッチメンバーを選ぶ

購入したヒッチメンバーは”スミッティビルト(smittybilt)”というメーカーの物です。

ヒッチメンバー

トレーラー連結用のハーネスがセットになっている物もあるのですが、それは「トレーラーを購入した時にでも考えよう」ということで、今回はヒッチメンバー単体を購入しました。

相場も大体1万円くらいでしょうか(H31/3月現在です、相場変動します)。

ebayでも相場は変わらず、今回の場合は輸入すると送料分が逆に高くなりそうだったのでAmazonで購入。

取り付け作業レポート

作業手順一覧

  1. リアバンパーの切断
  2. 本体の取り付け

リアバンパーの切断

取り付けは、リアのフレームにボルトオンなので非常に簡単。しかし、日本仕様のラングラーの場合は、元々のナンバープレート設置部分(リアバンパー)が邪魔ですぐには取り付け出来ないです。

邪魔な部分

なので、邪魔な部分を”切断”します(夜の画像しかなかった・・・・)。

ネットで切断方法を調べると様々あって、中にはノコギリで潔く切ってしまう方もいるようです。

僕は前から欲しかったのでディスクグラインダーで切断することにしました。

E-Value ディスクグラインダー 100mm 550W EDG-550
created by Rinker
イーバリュー(E-Value)

高いと思っていたら案外手軽な値段で買うことが出来ました。

切断箇所に当て木をします。作業に必要な「切断用のディスク」と「クランプ」をホームセンターで買ってきました。

切断作業

当て木は、自宅の倉庫に転がっていたものを使用してます。まっすぐ切れれば何でもOK。

ディスクグラインダーで切断

初めてのディスクグラインダー作業は緊張しました・・・が、なんとか切断出来ました(笑)。

切断完了。写真では真っ直ぐに切断出来ているように見えますが、断面はイマイチなので近くで観ることは禁止です(笑)。

切断完了

本体の取り付け

切断が終われば、後はヒッチメンバーを取り付けるだけ。ボルトオンです。

ヒッチメンバーの取り付け完了

無事に取り付けも終わり、今回の作業は終了です。

早くヒッチキャリアを付けてキャンプに行きたくなりますね・・・ 😆 

今回の記事は以上になります。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

次はヒッチカバーを取り付けてみようかと思っています。
⇒参考:【Jeep】”ジープラングラー”にヒッチカバーを取り付けてみた

僕は他にもラングラーのカスタムやメンテナンスの記事を書いているので下にリンクを貼っておきます。併せて参考にしていただけると幸いです。

ラングラーのカスタムまとめ記事

オイル交換の記事