【リアナンバー】ラングラーアンリミテッドJK”ナンバー移設キット”のレポート。

ナンバー移設トップ
Pocket
LINEで送る

ラングラーアンリミテッドのナンバー移設

読者のみなさん、どうも。
Fujiyaです。

ようやく僕のラングラーアンリミテッド(JK)もリアナンバープレートを移設しました。

このカスタムは王道中の王道なのですが、中には『好みじゃない』って方もいるようですね。

ですが、Fujiya的には完成したジープの姿を観て『やっぱカッコイイな』と改めて思いました 😀 

ナンバー移設は業者にお願いすると平均5万円くらいの費用が掛かるらしいのですが、いつもの如くDIYに挑戦してみました。

DIYをされている先輩方はたくさんいて、移設の方法も様々なものがあります。

ありがたいことにネットですぐに情報を手に入れることができます。『DIYをしたい』という方は色々調べてみて自分に適した方法を選択してくださいね。

僕は既存のケーブルをハンダを使用して延長させるという方法にしました。

以下レポートをしていきたいと思います。

ナンバー移設キット選び

キットには”US製”と”日本製”があるようで価格は日本製の方が高いです。

ナンバープレートの大きさが日本とアメリカでは違うわけですが、日本のナンバープレート用に業者が作成した移設キットが”日本製”ということになります。

値段は大体2万~3万円くらいとそれなりの値段なのですが、取り付けが簡単だったり、見た目も不自然じゃない(US仕様だと日本のナンバーがアメリカナンバーよりサイズが大きいのではみ出る)というメリットがあります。

今回Fujiyaは、5,000円くらいで手に入るということと、電装系の勉強にもなるだろうということで”US製”を購入しました。

US仕様は”移設キット”なのにボルトやナンバー灯カバーが付属していない物の方が多いです。

だから安いのでしょうけどね・・・・。

価格が安くても安易に購入せず、商品レビューや評価を基準に判断した方が無難です。僕が購入したものは5,500円くらいの移設キットで、ナンバー灯は付属していますが、ボルトやナンバー灯カバーは無いものです。足りないものは既存の物を使用したり、ホームセンターで調達しました。

作業レポート

リアバンパーをずらす

まず作業が行いやすいように、リアバンパーのボルトを外し、少しずらします。16ミリのサイズのレンチが必要なので、僕はモンキーレンチで代用しました・・・。

モンキーレンチが一本あると便利ですね。

注意して欲しいのですが、リアバンパーは完全に外すわけではなくて、少しずらすだけです(隙間を広げるといった方が適切かもしれませんね)。

ナンバー灯の配線

次に既存のナンバー灯の配線を外していきます。

ヒューエルドアの取り付けをした時もそうでしたが、カプラーが非常に取りにくいです(笑)。

関連記事:

ナンバー灯のケーブルを外したら、片方を延長して移設箇所まで持ってきます

延長方法ですが、既存のケーブルと延長用のケーブルをハンダ付けをして、収縮チューブで保護するという方法です。

配線の太さは0.75スケアです。色は赤と黒のそれぞれ用意しました。

収縮チューブは”防水”の物を使用します。

出来上がりがこんな感じです。

車の下に潜ってハンダ作業をするわけでなくて、取り外したケーブルを使って作業するので楽ちんです。

完全に取り付けてしまう前にナンバー灯がしっかりと点灯するのかどうか確認をします・・・。

無事点灯したので、一安心です 😛 

他のケーブルをたどって、延長したケーブルを移設用の穴から出してみます↓↓

この穴にはカバーがしてあるのですが、”カパッ”と外します。

配線は、他の配線と共に”結束バンド”で留めています。”コイルバンド”も使ってスッキリさせました。

移設キットの取り付け

いよいよ土台をボディーに取り付けていきます。

まずは、付属しているナンバー灯を土台から破損しないように外していきます。

いつか何かに使えるかなー?

取り付けに必要なボルトは、ホームセンターで購入したステンレス製のものです。
ボルトサイズは”M5✖️20ミリ”を使用してます。

ステンレスのワッシャーとゴムワッシャーを使用して挟み込むように留めてます。

なんとか形になってきました。

ナンバー灯の加工

ナンバー灯カバーは既存の物を使用します。

実はUS仕様のキットでナンバープレートを取り付けてしまうとナンバー灯の交換時に毎回封印を外さなければいけないという事態になってしまいます

そこで先輩たちの知恵を参考にさせていただき、ナンバープレートを取り付けた後でもナンバー灯カバーを外せるように工夫をします。

ナンバー灯カバーはツメで引っ掛かるような仕組みになっているのですが、ツメの一部を削っていきます(白い印があるところがツメ)。

Fujiyaの場合はルーターを使って少しづつ削っていきました。

 

最後にナンバープレートを取り付けて完了です。
封印を破ってしまうと公道を走れなくなってしまいますので、陸運局に車を持ち込んで封印再発行の手続き、再取付を行います、詳細は別の機会に記事にしたいと思います)

今回の記事は以上になります。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
またお会いしましょう。

あわせて読みたい記事:

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

1988年群馬県出身。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す