日差し対策!ラングラー専用のサンシェードをレビュー

ラングラーアンリミテッド 車・バイク

今回は僕が購入した『ラングラー専用サンシェード』を紹介したいと思います。

この記事の紹介内容

こんにちは、ラングラーオーナーのFujiya(@fujiya_xyz)です。

「お前誰だよ」って方もいると思いますが、2018/4月にラングラーアンリミテッドを新車で購入して「カスタム」や「メンテナンス」の記事を書いているブロガーです。

まだまだ新人の域ですが、色々と勉強しながら楽しいジープライフを送っています。

天気が良いのはありがたい事なのですが、屋根が無い駐車場は車が太陽光に晒されるせいで、車内の温度が高くなっています。

真夏でなくても、車内の温度が暑い時って多々ありますよね。これ、カーナビなどの電子機器にも絶対良くない。可能であれば早めに日差し対策をした方が良いです。

結論から言ってしまうと、純正であり”専用設計”なのでフロントガラスにピッタリ、メチャメチャ便利です。

まだ使っていないラングラーオーナーさんには是非おすすめしたいです。

【純正】Jeepラングラー専用のサンシェード

ラングラーの

サンシェードの仕様(サイズ・カラー・収納)

このサンシェードはJeepラングラー専用で純正品です。

少し値段が高めなのですが、Jeepのロゴが入ってカッコイイですし、作りもしっかりしてます。

フロントガラスにピタッと隙間なくできますし、吸盤で張り付けるタイプではなく、フロントサンバイザーで抑える仕組みなので、吸盤が劣化して剥がれてしまうストレスもないです。

吸盤式だと、車に戻ってみたらシェードが剥がれてるってことが多いですよね。使用が長くなってくるとそれが頻回になります。カッコ悪いし、意味が無い。専用のサンシェードを使うことで、それは無くなりますね。

ラングラー専用サンシェードの説明書

色は、表・裏で黒・銀の2色。

ラングラーのサンシェード裏?

『どっちが表?』『通販の画像だと黒を外に向けているんですけど、普通日差しが強い時って銀が外じゃないの?』

リバーシブル的な感じなのかもしれませんね。状況に合わせて的な。

説明書にそのあたりは書いて無いのですが、きっと臨機応変に対応してくださいってことだと理解しました(笑)。

商品に不満はないので良しとしましょう。

収納

収納方法も折り込んで、付属の袋に収納するのですが、思ったより簡単に収納できました。

サンシェードの収納袋

市販品のサンシェードはうまく折り込めなくて「袋に入らない」なんてこともありますよね。純正のサンシェードはそういったストレスも無く、出し入れがスムーズ。

袋が特別に大きいというわけではないのですが、「すぐに取り出せて」「すぐに収納できる」ということが1番重要だと僕は思います。

デザインに関しても、純正品なので車内に置いてあっても違和感はゼロです。

ショップ・類似品

サンシェードは日差しの強い時期には大活躍してくれます。また、車中泊する時にもプライベートを確保するためには必須でしょう。

僕は純正品をJeepのオンラインストア(Jeepオフィシャルストア)で購入しました。

しかし、現在のオンラインストアは僕が購入した当時とは異なっていて、純正サンシェードは現在販売はしてません。ですが、今後発売される可能性はあります。(時々楽天通販とかでも見ます)

Jeepオフィシャルストアは、公式の通販だけにJeepグッズがたくさん販売されています。眺めるだけでも楽しいので一度チェックしてみてください。

またAmazonなどの通販にも色々な種類があり、購入できます。同じサンシェードでもショップによって値段が違ったりするので、確認しながら気に入ったものを探してみてください。

今回の記事は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

僕は、この他にも「カスタム」や「便利アイテムの紹介」などの記事も書いているのでリンクを貼っておきます、併せて参考にしていただけると嬉しいです。

純正モバイルホルダー

カスタムのまとめ