【メンテナンス】ラングラーアンリミテッドのオイル交換

カスタム ラングラーアンリミテッド 車・バイク

こんにちは、ラングラー オーナーのFujiyaです。

『お前、誰だよ』って感じですが、普段はラングラーの「カスタム」や「メンテナンス」、「気づき」などを記事にしているブロガーです。

キャンプが趣味なので相棒のラングラーアンリミテッドと一緒にキャンプも楽しんでいます。

さて今回、相棒”ラングラーアンリミテッド”が納車になってから初めての「オイル交換」の時期が近づいてきました。

僕は現在、オイル交換についてとても思案しています 😕 

なぜか?と言うと「ディーラーに頼む」か「自分で行う」かでとても悩んでいるからです・・・。

ようやく『DIYにしよう』と決めたところです。

今回の記事はラングラーオイル交換についてのお悩みレポート記事となります

お時間ありましたら最後までお付き合いください。

ラングラーアンリミテッドオイル交換

本記事の内容

どのくらい費用がかかるのか?

お金はどのくらいかかるのか

ディーラーに頼むのか」「自分で行うか」で金額が大きく違ってきます。

ネットで調べてみたところ、ディーラーに依頼する場合は、1回に13000〜15000円くらいかかるそうです。

以前乗っていたマツダデミオが1回3000円くらいだったので、それと比べると大幅に高いです(笑)

金額的なことを考えるのであれば、もちろん自分でDIYしたほうが安いのですが、道具を揃えるなどの初期費用がかかります。

必要な工具類が大体5000円くらい。純正オイル20リットル(4回分)が約25000円、フィルターが2000円くらいとすると、おおよそで計算してみても3万円くらいはかかってくる事になります。

まあ、4回分のオイル量で必要な工具類は最初だけと考えればDIYの方がいいのかもしれませんね。

そもそも自分で交換が可能なのか?

ボルトとナット

「”オイル交換をド素人”が一人で行えるのか?」という不安もありますよね。

調べてみたところ、ディーラーでの交換が”高額”ですからDIYの人もたくさんいるようです。

ブログや動画で解説されている方もいるので、参考にすれば自分で交換することも問題なくできそうです。

おまえ今までカスタム記事書いてるじゃねーか』と言われるかもしれませんが、なぜかオイル交換には弱気です(笑)

今まで一度もやったことがないことは毎回不安になります。今回はそれが強いですw

ただ車のオイル交換は、実は”非常に簡単”だと聞いたことがあるので一回やってしまえば、なんてこともないのかもしれません。

実は2通りのオイルの抜き方がある

正義と悪

今回オイル交換のことを調べて、初めて知ったのですが交換時のオイルの抜く方法は”2通り”あるとのこと。

  1. 上抜き
  2. 下抜き

要は「上から吸い上げるか」、「下に落とすか」ということです。

どちらがいいのか?

どちらを選択してもメリット・デメリットがあるので、どちらが良いということは無いようです。

メリットは・・・。

  • 下抜きより上抜きの方がオイルの抜けが良い。
  • ドレンボルトの取り外し交換がいらない。
  • 失敗してしまいオイル漏れがおきない。
  • オイルがこぼれない
  • 汚れにくい

デメリットは・・・。

  • 奥までホースが入らなくて交換できないことがある。
  • 下回りを見ないことで異変に気づきにくい。

下抜きのメリット・デメリットは上抜きの逆になります。

デメリットにあるように、ネットで「上抜き」が出来ないラングラーがあると書いている記事がありました。オイルチェンジャーのホースの問題なのかもしれません。

こうしてみると”上抜き”の方が魅力的ですね。

僕は”上抜き”に挑戦してみたいと思います。上抜きが可能なことを願うしかない・・・。

必要な道具(上抜き)

オイル交換(上抜き)に必要と思われる道具です。

オイルチェンジャー

これは、上抜きは必須の道具ですね。

とりあえず僕は上記のものを購入しようかなと思っています。

問題なく交換できている人もいるようなのでやってみないとわからないですね。

ペンズオイルプラチナム5w-20

調べたところ純正は、このオイルらしいです。

ただオイルは、たくさん種類があってどのオイルにするのかは、さらに検討が必要だと思います。

純正を使用していないと”何かあった場合に保証されない”なんて話も聞いたので悩みますね・・・・。

オイルジョッキ

これは新しいオイルを入れるときに必要なものですね。

ラングラー のオイルは5リットルほど必要なので、大きいサイズがあったほうがいいのかな。

まあ、分けて入れれば良い話ですが。

オイルフィルター

アメ車はオイル交換の時に毎回フィルターを交換した方がいいという話です(僕はオイル交換2回に1回フィルターを交換してます。)

こちらは、純正のオイルフィルター。

オイルに比べるとお手頃ですが、毎回となると厳しいものがありますねw 😥 

上記の以外にもラチェットなどの工具は最低限必要になってくると思います。

【結論】色々と検討した結果

「上抜きに挑戦したいと思います!」と宣言したのですが、結論から話すとディーラーでやってもらいました。

よくよく考えてみたら、Jeepディーラーのサービスプログラムに加入していたのを忘れていました。

“Jeep”サービスプログラム

このサービスプログラムは、ジープ正規ディーラーで車を購入すると、新車登録より3年間(ただし積算走行距離60,000kmまで)をカバーする修理保証のプログラムです。

下の画像にある「メンテナンス」と「ロードサービス」を併せて 、加入料は106,920円(税込)です。ラングラー購入時に加入してました。

※2018年4月時点の金額なので変更になっている可能性があります。

サービスプログラム

期間中3回までならオイルとフィルター交換が無料。

しかし、図表だと期間中なら3回オイル交換が出来るように書いてあるのですが、ディーラーからは1年置きじゃないとオイル交換できないと説明されました。

僕の場合は、現在半年なので今回は料金が発生して次のオイル交換は無料ということになりますね。

色々と検討したのですが、上記で書いたように”DIY”をすると大体3万円(初期のみ)くらい出費になってしまうので、”DIY”を行うのはサービス期間が終了してからの方が良いのではないかと判断しました。

なので今回のオイル交換は業者に依頼することにしました。

業者に依頼

専門業者にオイル交換を依頼をするところまでは決まったのですが、「ディーラーでやるべきなのか」「近所の量販店(オートバックスなど)で行うのか」ということに迷いました。

そこで代金を調査してみました。(どちらもオイル交換のみ)

ディーラーと量販店のオイル交換料金の比較

Jeep正規ディーラー 12,355円
近所の量販店 大体1万円くらい

近所の量販店の方が若干安いのですが、オイルは純正・メーカー推奨のものでは無いので、それを考えると正規ディーラーでやってもらう方が安心なのかなと思います。

ということで、今回はJeepディーラーでオイル交換を依頼しました。

所要時間は大体30分くらい。悩んだ時間の方が圧倒的に長いです。

当たり前ですが、人任せは楽ですね(笑)

今回の記事は以上になります。最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

僕は他にも「メンテナンス」や「カスタム」の記事を書いておりますので、リンクを貼っておきます。併せて参考にしていただけると嬉しいです。

カスタムのまとめ記事

洗車したレポート

1年点検のレポート