【オイル交換①】ラングラーアンリミテッドのオイル交換〜机上編〜

ラングラーオイル交換
Pocket
LINEで送る

ラングラーアンリミテッドオイル交換

読者の皆さん、どうも。
Fujiyaです。

僕の相棒”ラングラーアンリミテッド”も、納車になってから初めての「オイル交換」の時期が近づいてきました。

僕は現在、オイル交換についてとても思案しています 😕 

なぜか?と言うと「ディーラーに頼む」か「自分で行う」かでとても悩んでいるからです・・・。

ようやく『DIYにしよう』と決めたところです。

今回の記事はラングラーオイル交換についてのお悩みレポート記事となります

お時間ありましたら最後までお付き合いください。

どのくらい費用がかかるのか?

お金

ディーラーに頼むのか」「自分で行うか」で金額が大きく違ってきます。

ネットで調べてみたところ、ディーラーに依頼する場合は、1回に13000〜15000円くらいかかるそうです。

以前乗っていたマツダデミオが1回3000円くらいだったので、それと比べると大幅に高いです(笑)

金額的なことを考えるのであれば、もちろん自分でDIYしたほうが安いのですが、道具を揃えるなどの初期費用がかかります。

必要な工具類が大体5000円くらい。純正オイル20リットル(4回分)が約25000円、フィルターが2000円くらいとすると、おおよそで計算してみても3万円くらいはかかってくる事になります。

まあ、4回分のオイル量で必要な工具類は最初だけと考えればDIYの方がいいのかもしれませんね。

そもそも自分で交換が可能なのか?

ラングラーのリアプレート取り付け。ボルトとナット
ボルトとナット。

「”オイル交換をド素人”が一人で行えるのか?」という不安もありますよね。

調べてみたところ、ディーラーでの交換が”高額”ですからDIYの人もたくさんいるようです。

ブログや動画で解説されている方もいるので、参考にすれば自分で交換することも問題なくできそうです。

おまえ今までカスタム記事書いてるじゃねーか』と言われるかもしれませんが、なぜかオイル交換には弱気です(笑)

今まで一度もやったことがないことは毎回不安になります。今回はそれが強いですw

ただ車のオイル交換は、実は”非常に簡単”だと聞いたことがあるので一回やってしまえば、なんてこともないのかもしれません。

実は2通りのオイルの抜き方がある

正義と悪

今回オイル交換のことを調べて、初めて知ったのですが交換時のオイルの抜く方法は”2通り”あるとのこと。

  1. 上抜き
  2. 下抜き

要は「上から吸い上げるか」、「下に落とすか」ということです。

どちらがいいのか?

どちらを選択してもメリット・デメリットがあるので、どちらが良いということは無いようです。

○上抜きのメリットは・・・・。

  • 下抜きより上抜きの方がオイルの抜けが良い。
  • ドレンボルトの取り外し交換がいらない。
  • 失敗してしまいオイル漏れがおきない。
  • オイルがこぼれない
  • 汚れにくい

○上抜きのデメリットは・・・・。

  • 奥までホースが入らなくて交換できないことがある。
  • 下回りを見ないことで異変に気づきにくい。

下抜きのメリット・デメリットは上抜きの逆になります。

デメリットにあるように、ネットで「上抜き」が出来ないラングラーがあると書いている記事がありました。オイルチェンジャーのホースの問題なのかもしれません。

こうしてみると”上抜き”の方が魅力的ですね。

僕は”上抜き”に挑戦してみたいと思います。上抜きが可能なことを願うしかない・・・。

必要な道具。

オイル交換(上抜き)に必要と思われる道具です。

オイルチェンジャー

これは、上抜きは必須の道具ですね。

とりあえず僕は上記のものを購入しようかなと思っています。

問題なく交換できている人もいるようなのでやってみないとわからないですね。

ペンズオイルプラチナム5w-20

調べたところ純正は、このオイルらしいです。

ただオイルは、たくさん種類があってどのオイルにするのかは、さらに検討が必要だと思います。

純正を使用していないと”何かあった場合に保証されない”なんて話も聞いたので悩みますね・・・・。

オイルジョッキ

これは新しいオイルを入れるときに必要なものですね。

ラングラー のオイルは5リットルほど必要なので、大きいサイズがあったほうがいいのかな。

まあ、分けて入れれば良い話ですが。

オイルフィルター

アメ車はオイル交換の時に毎回フィルターを交換した方がいいという話です(僕はオイル交換2回に1回フィルターを交換してます。)

こちらは、純正のオイルフィルター。

オイルに比べるとお手頃ですが、毎回となると厳しいものがありますねw 😥 

上記の以外にもラチェットなどの工具は最低限必要になってくると思います。道具については、実際の交換記事にて再度書きたいと思います。

あわせて読みたい記事:

最後に。

今回は、ジープラングラーの”オイル交換”について書かせていただきました。

色々と調べて勉強になり、イメージも湧いてきました。

これが”机上の空論”のようにならないことを祈ります(笑)

納車から現在(2018/9月)で5ヶ月になり、走行距離は4000キロ。

交換は、10月中旬頃を考えています。お金のことを考えると心が痛いですが、楽しみです。

今回の記事は以上になります。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
またお会いしましょう。

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

1988年群馬県出身。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す