【沼田市】皇海山キャンプフォレストの紹介【バンガロー】

アウトドア キャンプ

こんにちは、Fujiyaです。

群馬県沼田市利根町にある「皇海山キャンプフォレスト」というキャンプ場に行ってきました。

結論から言うとサービスも充実していて格安、コスパ良しでした。

今回は皇海山キャンプフォレストの情報をまとめてみましたので参考にしていただけると幸いです。

最後の方にキャンプレポートも書いているのですが、利用する際にイメージが湧きやすいと思うのでザっと読んでみてください。

皇海山キャンプフォレストの紹介

申し込み方法・営業期間・料金

2か月前の1日より予約をすることができます。

ネット予約に対応しており、非常にスムーズです。

テントサイト入場料(宿泊)

大人:500円
小人:300円(18歳未満)
未就学児:無料
シルバー:300円(65歳以上)

建物入場料(宿泊)

大人:1500円
小人:500円(18歳未満)
未就学児:無料
シルバー:1000円(65歳以上)

※建物は2名様分の料金が含まれます
※建物には寝袋、毛布が人数分付属します

セットアップサイト(宿泊)

大人:2,500円
小人:1,500円(18歳未満)
未就学児:無料
シルバー:2,000円(65歳以上)

※2名様分の料金が含まれます
※寝袋、毛布が人数分付属します

デイキャンプ入場料

大人:300円
小人:150円(18歳未満)
未就学児:無料
シルバー:200円(65歳以上)

上記の入場料+サイト料金という感じになります。シーズンによっても異なるので詳細は『皇海山キャンプフォレストの料金案内』を確認してください。

地図・住所・アクセス

〒378-0303 群馬県沼田市利根町追貝2618

キャンプ場までの道のりですが、120号線から外れると道がとても狭いです。

対向車が来ると大変です。気を付けて通行してください。

設備紹介

皇海山キャンプフォレストの地図

キャンプ場内はこんな感じ。

クワッドバンガロー

皇海山キャンプフォレストのクワッドバンガロー

11月にキャンプというと経験の無い方には敷居が高いイメージあるので、今回はテントを設営せずに”クワッドバンガロー”という施設を利用することとなりました。

1つの建物で、4グループが利用することができます。よって、4つの入り口で4部屋。1つの部屋が12畳です。

クワッドバンガローの”入り口側スペース”と道を挟んだ”駐車スペース”は、自由に使用して良いと受付で言われたのですが、入口側スペースは結構狭いです。また、屋根付きでは無いので悪天候の場合はタープ設営が必須でしょう。(狭いのでスクリーンタープとかじゃないと無理かも)

当日は天気に恵まれたので、タープ設置に時間をとられることもなく、その分自由時間を確保できました。ちなみにクワッドバンガローは満室。

昨年家族で利用した時は、”バンガロープチ”を利用しました。
どのバンガローも屋根付きではないのですが、布団やファンヒーターも用意してあり、値段も安めだと思います。

キャンプレポート

  1. 2018/11/10グループキャンプ

2018/11/10グループキャンプ

メンバーは職場の仲間たち、男6人。

大半がキャンプなどは、あまり経験の無い方々です。今回は「クワッドバンガロー」に一泊します。

この時期のキャンプの醍醐味というと”焚火”。

仲間と炎を囲むだけで楽しいのです。そこにお酒があれば尚更w

男6人で焚火を囲む

キャンプは雰囲気が大事”と言われることもありますが、今回は「焚火台」「囲炉裏テーブル」「クアトロポッド」を持参しました。

みんなにも喜んでもらえました 😛

キャンプ飯は、キャンプ場にBBQセット(1750円/一人)を手配し、近くのスーパーでもお酒やおつまみを買ってきました。

たくさんのお酒とおつまみ

BBQセットの注文時にスタッフの方から「1セットに肉が400gで焼きそばも付いているので1人1セットだと多いかもしれない」と言われ、5セットを注文しました(当初8人で来る予定だった)。

しかし、実際に食べてみると男6人で5セットでは足りませんでした・・・(笑)(そもそも8人で来る予定だったから、6人になってまだ良かったw)

楽しい食事だと人間は、キャパ以上に食が進むのかもしれません。

皇海山キャンプフォレストで乾杯

一緒に来たメンバーの中に、狩猟免許を持っている人がいて”鹿肉”を差し入れてくれました。

鹿肉の差し入れ

ジビエは味にクセがあり食べづらいなんて話も聞きますけど、全然クセも無くて美味しかったです。

夜になって辺りも真っ暗

気温もグッと下がってきましたが、焚火(とお酒?w)のおかげで寒くは感じませんでした。最近ワークマンで買ったアウトドアブーツの力もあるかも。

空は満点の星空・・・。

やっぱりキャンプは楽しい

仲間と焚火と皇海山

今回のキャンプにあたって、色々と準備をしてきました。

キャンプのマネジメント”は、苦労もありますが『また行きましょう』と言ってくれる仲間の笑顔が見れたことで、とても満たされた気持ちになります。

心からそう思える時間だったなと感じます。

ソロから始めたアウトドア活動ですが、キャンプ・アウトドアの良さを分かってくれる仲間が少しずつ増えています。

これからも”ただ好き”なだけでなく素晴らしさを伝えていけるようにキャンプ人生を歩んでいきたいですね。

今回の記事は以上になります。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

僕は他にも群馬のキャンプ場の紹介記事を書いているので、下にリンクを貼っておきます。併せて参考にしていただけると幸いです。

榛東村「創造の森キャンプ場」の紹介記事

片品村「ほたか牧場キャンプ場」の紹介記事

川場村「川場谷野営場」の紹介記事