【キャンプツイート注意】個人や場所が特定される話

アウトドア キャンプ

こんにちは、Fujiyaです。

最近、下記のようなツイートをしました。

キャンプツイートをすることで”今いる場所がバレてしまう“という件です。僕的に、場所を特定してコメントする人の気持ちが謎すぎて質問してしまいました。

結果、キャンプしている場所がバレることは結構キケンでした(特に女性は)。

今回は、実際に「どんなキケンがあるのか?」「どうすればいいのか?」をまとめてみたので参考にしていただければと思います。是非最後までお読みください。

安易なSNSへの投稿は個人や場所を特定されてキケン

個人や場所を特定される

正直なところ、位置情報をオフにすればいいだけじゃん・・・とか考えていたのですが、「場所(スペース)特定」とかググってみたら「画像で場所を特定する方法」とか結構出てきてビックリしました。

考えているよりも、画像分析の方法が世の中に出回っていてニーズもあるみたい。『特定厨』とかいう人種もいるらしいです。

その中にはテクニックを駆使して、悪用する人もいるわけですね・・・コワい。

なぜ特定される?

  • 特定されやすい画像・テキスト内容をアップ
  • 位置情報を出しちゃう

挙げるまでもないのですが、この2つが主な原因ですね。

特定されたくないのにリアルタイムで「居場所」を言っちゃう、もしくは「どこにいるのか丸分かりの画像」をアップしちゃう人も実際にいます。

人気のキャンプ場だと景色や景観で特定されやすいかも。こればっかりは気を付けるしかないですね。

ちょっと心配なのが「Exif」という写真中のデータ。これには撮影に関する日時・場所・機種など様々な情報が含まれています。

フェイスブックやTwitterには「Exif」を削除する機能があるので安心ですが、どのSNSでも削除されるわけではないので注意が必要です。

ぶっちゃけ、そもそもツイートしないってことが1番の対策かもしれません。

個人が特定されたケース

個人が特定されて被害に遭うというケースはどういう流れなんでしょうか?

調べてみたら”自分から投稿していなくても痛い目に遭う“こともあるみたいです・・・おおまかには下記のような感じです。

  1. 他人が自分のマナー違反をツイート
  2. 少しずつ拡散・炎上
  3. ネットメディアがまとめる
  4. 掲示板に載せられる
  5. 自分のインスタなど他のSNSが特定される
  6. 友人・知人がさらに詳細情報をアップ
  7. さらに、まとめ記事にされる

参考:『NO MORE 情報漏えい

これは炎上ケースで稀なことだとは思いますが、芸能人でもない一個人なのにネット上でこんなに騒がれ、個人情報を晒されます。

こうなったら個人情報が大量に流出してしまい、消すことは難しいです。

最近の”キャンプマナー”の話題はホットになりやすいので、気をつけた方が良いですね。

場所が特定されるとヤバいかも

例えば、僕がソロキャンプ中にキャンプツイートをしたとして、それを見た知らない人が突然「ツイート見てきちゃいました、一緒にキャンプしましょう」とか言われたら、ビックリはするけど問題ないです。カモン。

しかし、場所が特定されることでキャンプ道具の盗難被害に遭ったり、イタズラをされるケースもあります。

僕のアウトドア仲間も盗難被害に遭ったことがありますが、大事なキャンプ道具が無くなったら呆然としますよね。
⇒【必読】キャンプ道具の盗難被害には防犯対策を学ぶべき【男女共に】

また、女性の場合には”特定者”が性的な感情をもって近づいてきたら・・・・・と考えるとマジでやばいですね。相手が1人とは限らないし。

考えれば考えるだけ恐ろしくなります・・・。

ちなみに最近の僕は、自分でも説明しようがない場所での野営・ソロキャンが多いので場所は特定されない。これは野営場所自己開拓のメリットかも。
安くソロキャンプをしたいなら野営をすれば良い【無料で予約不要です】

対策を考える

最良の対策は『SNSをしない』ということだと思います。

とはいっても、実際にはそうもいかないですよね。それに自分がやっていなくても他人のSNSで晒される可能性もあります。

結論:過敏にならずに出来ることをする

心苦しいですが、これが結論。

個人や場所を特定されたくない場合には、上記したように「位置情報をオフ」「特定されやすい情報をアップしない」という出来ることをやっていく他にないです。

ネット社会は、複雑で”いつ情報が洩れるかはわからず“、はるかに想像を超えています・・・。

今回の記事は以上になります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

僕は他にもキャンプ関連の記事を書いているので下にリンクを貼っておきます。併せて参考にしていただけると幸いです。