【ランキング】2018年『キャンプ用品』Amazonランキング大賞トップ10の紹介

アウトドア

Amazonランキング大賞2018上半期

読者のみなさん、どうも。
Fujiyaです。

みなさんは、キャンプ道具をどこで購入ことがするのが多いですか?

行きつけの『リアルストア』でしょうか?または、『通販』で しょうか?

僕は、車で一時間以上走らないとアウトドアショップにいけないので、基本通販で購入することが多いです。特にAmazonは、結構ヘヴィーに利用させて頂いています。

そんな通販大手『Amazon』ですが、その期間に最も売れた商品をランキング付けしたもの『ランキング大賞2018上半期』というものが発表されたそうです。(集計期間: 2017年11月13日~2018年4月30日)

今回は、ランキングの中で「キャンプ用品のトップ10」に輝いたものをご紹介したいと思います。

多くのAmazonユーザーはどんなキャンプ道具を購入しているのでしょうか?

みなさんのアウトドアライフの参考にしてみてくださいね。お時間ありましたら、今回も最後までお付き合いください。

10位『炭魂 大黒オガ備長炭 一級品 長時間燃
焼 10kg』

炭魂 大黒オガ備長炭 一級品 長時間燃焼 10kg

レビューにもある通り、『中国産』ということを気にされる方も多いみたいですね。

また、備長炭は着火しづらい性質があるため、安めの着火性の高い炭を種にして火おこしを行えば作業が『』になります

備長炭なので煙も少なく火持ちもかなり良くコスパも高い商品で人気のようですね。調理には最適です。

9位『GENTOS(ジェントス) ヘルメットホルダーRV0020』

GENTOS(ジェントス) ヘルメットホルダー RV0020

この商品は、ヘッドライトをヘルメットに装着するためのホルダーです。

ヘルメットを被ってキャンプをする人は、あまりいないと思う(僕が見たことないだけかもしれませんが)ので、主に仕事でヘルメットを使用する方が購入されたということだと思います。

購入者の中には、緊急時の災害用ヘルメットに付けるために購入したという方もいるようで、近年は地震や大雨など自然災害が話題になることも多いので、皆さん『防災』についての意識が非常に高まっているのだろうなと感じました。

僕も普段からの備えを、きっちりしていかなければならないなと改めて感じました。

いつ、どんなことが、起こるのか分かりませんからね・・・。

8位『ロゴス(LOGOS) 着火剤 固形燃料 エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4 ecoなヤシガラ炭』

ロゴス(LOGOS) 着火剤 固形燃料 エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4 ecoなヤシガラ炭

一発着火で、『火力あり』と『火持ちも長い』という素晴らしい商品。

ソロキャンプで一人分のBBQであれば、これ1つでに十分なようです。逆に大人数で火力が必要な場合だと、4つあっても少々力不足ということです。

その場合は、ランキング10位だった「備長炭」と組み合わせれば間違いない商品だと思います。

7位『キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アウトドアチェア ジュール ラウンジチェア M-3846 ドリンクホルダー付き』

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アウトドアチェア ジュール ラウンジチェア M-3846 ドリンクホルダー付き ブラック

ちらは収束型のチェアで、『ザ・折りたたみチェア』という感じですね。

ドリンクホルダーがついて値段もお手頃。リクライニングが無いので、ゆったり座るのには向いてないかもしれません。しかし、定番中の定番な商品なだけにランキング上位に入る理由はわかりますね。

6位『岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB』

岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

こういったシングルバーナーは、アウトドアに毎回持って行って損はありません。

コンパクトですし、荷物にもならない。ちょっとしたときに使用でき、燃料も安価。

類似品もたくさん出ている中、やはりIwataniの商品は精度が良いです。

5位『GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライ ト インスタントオフスイッチ ANSI規格準拠』

GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライト 【明るさ300ルーメン/実用点灯8時間/防滴】 ヘッドウォーズ HW-000X ANSI規格準拠

ヘッドライトは、キャンプ中の夜間の作業には欠かせません。

僕も同じものを持っています。以前は、懐中電灯を使っており、ヘッドライトの必要性を特に感じていなかったのですが、使ってみたらその『楽さ』に驚きました。

両手を使って作業できるのはすごく良いです。

一度使うと、毎回使うことになると思います。あと、子どもが着けたがります(笑)。

あわせて読みたい記事:

4位『キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット 1人用 レジャーシート EVA フォーム マット シングル 56×182cm M-3318

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット 1人用 レジャーシート EVA フォーム マット シングル 56×182cm M-3318

優れた保温性とクッション性で地面の凸凹や冷気をシャットアウトし、折りたたみ式なので設営・片付けも非常に楽チンです。

半分に折ってクッションマットやヘッド部を折り畳んで枕にすることも可能です。

3位『ZIPPO(ジッポー) Zippo オイル缶 【大缶355ml】』

ZIPPO(ジッポー) Zippo オイル缶 【大缶355ml】

これってアウトドアの道具なの?』と思う方もいるかもしれませんが、ジッポライターは着火の際のおしゃれアイテムですよね。また、寒い季節は「ハクキンカイロ」(ハンディーウォーマー)などに使用することも多いので、 『ジッポオイル』はアウトドアに身近な存在です。

実は、シールやステッカー剥がしの用途としても利用できて、貼ってあるシールにジョボジョボかけて少し時間をおけば、とてもきれいに剥がすことが出来ます。

僕は、ジッポライターを持っていないのですが、寒い時期は『ハンディーウォーマー』を使用するのでよく購入しています。

2位『イワタニ カセットガス オレンジ 3本組 CB-250-OR


画像:Amazon.co.jp

イワタニ カセットガス オレンジ 3本組 CB-250-OR

キャンプ用途のみではないと思いますが、Iwatani製品はランキングにも入ってますし、安価で信頼性も高い商品なので、この順位でも全く疑う余地はないですね(笑)

1位『キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミ ロールテーブル ケース付M-3713 アウトドア用 折りたたみ式』

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミ ロールテーブル ケース付 M-3713 アウトドア用 折りたたみ式

さすがキャプテンスタッグさんとでも言いましょうか。

キャンパーであれば、このテーブルを見たことのない人はいないと思います。『持っている!』という方も大勢いることでしょう。

丈夫で』『軽くて』『コンパクト』そして、『値段も手ごろという全て を兼ね備えたテーブルです。

スタイルによって、使用する道具が違ってく ることも多いキャンプですが、どんなスタイルにも使えますし、非常に用途も多い。

1位なのは、納得できますよね。

最後に

今回は「2018年の上半期のランキング」になります。

「消耗品ばっかりなのかな?」とか個人的には考えていたのですが、以外にも1位はコンパクトテーブルでしたね。

それぞれ見ていくとトップ10は、どのアイテムも文句のない商品ばかりでした。

災害が多い日本ですので、防災として物品を用意している方も多いと感じました。キャンプ道具は災害時にも活躍しますので、持っていて損はないですよね。

以前ブログで紹介しました『夏のアウトドアの動向』の記事でもあった通り、キャンプ道具の購入の基準に関して一番重視するのは『機能性』と『価格が安い』商品でした。

ランキングに入るものは、傾向としては”その通り“になったんじゃない でしょうか。

あわせて読みたい:

来週にAmazonプライムデーがありますが、僕も色々と購入することになりそうです(笑)

今回は以上になります。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
またお会いしましょう。

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓