【書籍】おすすめの本がたくさん。楽天ブックス”キャンプ関連本ランキング”

楽天キャンプ関連書籍トップ
Pocket
LINEで送る

キャンプ関連本ランキング

オンライン書店「楽天ブックス」が、2019年1月~5月の売り上げデータをもとに「キャンプ関連本ランキング」を発表しました。キャンプ関連本メイン

「キャンプ」は、今やブームと言われ、多くの方の関心を集めています。

「グランピング」「キャンプ飯」などキャンプの楽しみ方も多様化し、以前よりも身近なカルチャーになってきました。

Fujiyaもキャンプに関連する本を出来るだけ読みたいと思っているのですが、たくさんの本がある中「どれを読んだ方がいいのか?」と迷ってしまうことも多々あります。

ランキングで発表して頂けると、”どれが多くの人に読まれているのか?・人気なのか?“が一目で分かるので非常にありがたいですね。

キャンプ関連本の売り上げ推移

キャンプ関連本過去3年間の売上推移
“キャンプ関連本”過去3年間の売上推移

楽天ブックス」の2017年から2019年における毎月の売り上げデータを比べてみると(画像②)、”キャンプ関連本”の売り上げの増加が明らかになりました。

キャンプ関連」という事ですが、今では「キャンプ」が、多くのジャンルに取り入れられているので、範囲はとても広くなってくると思います。

以前に比べて日常でも「キャンプ」「アウトドア」という単語を耳にすることが多くなっており、生活にキャンプ・アウトドアを取り入れようという企業努力をするメーカーも増えました。また、今まではアウトドアと関係の無かった企業がアウトドア業界に参入することも最近ではよくある話になって来ています。

よって、書籍の数が増え、売り上げも増えるのも”必然なのかな“という感じですね。

売り上げも2.4倍
売り上げも2.4倍

売り上げも2017年1~5月と、その後の年の同時期の売り上げデータを比べると(画像③)、2018年では約1.4倍、2019年は約2.4倍と上昇がみられてますね。

年々ニーズが高まっていることがお分かり頂けるかと思います。

キャンプ関連本ランキングTOP10

10位『満足度120%!キャンプ・アウトドア達人ワザ』

キャンプ人口も数年で大幅に増加し、休日の過ごし方としてすっかり定着したキャンプ&アウトドア。

初心者から一歩進んで、いつものキャンプをもっと楽しく、効率的に、手間なく、安くするためのアイデアを徹底的に紹介した一冊です。「ソロキャン」から「ファミキャン」、日帰りキャンプからお泊まりキャンプまで多様化するスタイルに対応。

キャンプでよくあるシチュエーションごとの「ラク」「時短」「トラブル解決」など役立つ情報とアイデアが満載です。

9位『絶対作ってみたくなるみんなのキャンプ飯』

むずかしいキャンプ飯はもう卒業!
簡単・目分量でできる・おいしい! 
三拍子そろったカリスマキャンパー18人のリアルキャンプ飯、見せます。

カリスマキャンパー18名+アウトドアブランド「モンベル」の野外料理番長たちがリアルで作っているキャンプ飯を大公開! 
従来のキャンプ飯と違い、コンビニ食材や缶詰などを使った「お手軽キャンプ飯」も多数紹介。

ギアや素材にこだわらずとも作れるものばかりなので、初心者キャンパーにもおすすめです。

女子キャンのカリスマ・松尾真里子さん
キャンパーたちの間では有名なごはん隊長ことかつをさん
「OUTING」主催のエレガントキャンプさん
「forester's cafe」を営むhanauta63さん
日本オートキャンプ協会員など計18人が集結! 

本書内イメージカットは、キャンパーたちの間でもその写真のうまさに定評があるosa_graphさんとjawscj7さんにご協力いただきました!

<内容>
☆Part1 カリスマキャンパーたちのとっておきのキャンプごはん
☆Part2 簡単・手軽 コンビニ&スーパー食材活用レシピ
☆アウトドアブランド「モンベル」の野外料理番長に聞くアウトドアレシピ
☆ドリンクレシピ

8位『新しいキャンプの教科書』

【アウトドアの基礎知識と、自然の中で快適に過ごすアイディア】

・日常から解放されるためのキャンプのススメ。
・基本知識を丁寧に解説! 初心者向けのキャンプ入門にぴったり!
・テントやランタンなどの道具を使いこなすノウハウから、
 キャンプを盛り上げるたき火や料理のテクニックまで。
 アウトドア好きの遊び心をくすぐる情報が満載。
・キャンプの知識を災害時や困ったときに応用するアイディアも提案。
 (火を起こして暖を取る、お米を炊く、テントを張り寒さをしのぐなど、
  アウトドアでは当たり前の事が被災時に多いに役立ちます。)
・失敗しない米の炊き方、自然の中で遊ぶ方法、豪快な料理!
 お父さんが家族にいいところを見せられるノウハウが満載!!

Part1 キャンプをはじめよう
Part2 住空間をつくろう
Part3 自由自在に火を操ろう
Part4 自然の中で遊ぼう
Part5 野外料理をつくろう
Part6 キャンプのススメ

7位『キャンプ・グッズ・マガジン Vol.6』

本書はキャンプ道具にフォーカスした専門書として2017年より発刊。今号で第6号となります。

今回の巻頭特集は大手キャンプ用品メーカーの道具では満足できなかったカリスマキャンパーたちが、
自分たちで製品開発を行い、SNS等を通じて販売を行うガレージブランドの大図鑑。
本書では製品紹介だけに留まらず、ガーレージブランド主宰者たちのキャンプ実例を通して、
製品に対する思い入れや製品開発の背景までご紹介しています。

また、第二特集はいよいよ始まる2019キャンプシーズンの開幕に向けて、
各キャンプ用品ブランドの新作モデルをまとめた「2019年春夏モデル」! 合計75点の新作をカタログ展開で楽しめます。

さらにモーターサイクル・キャンプや、人気企画カリスマキャンパーたちのキャンプ実例など、今回も内容は盛りだくさん。

【掲載ブランド】
特集:ガレージブランド大図鑑
・TheArth(ざぁ~ッス)
・38explore(サーティエイト・エクスプローラー)
・sunsetclimax(サンセットクライマックス)
・PinoWorks(ピノワークス)
・Sanzoku Mountain(サンゾクマウンテン)
・Devise Works Products(デバイスワークスプロダクツ)
・Camp Mania Products(キャンプマニアプロダクツ)
・SomAbito(ソマビト)
・Neru Design Works(ネルデザインワークス)
・Pitagora Base(ピタゴラベース)
・Bonfire go outside(ボンファイヤ・ゴー・アウトサイド)
・Monoral(モノラル)
・Natural Mountain Monkeys(ナチュラル・マウンテン・モンキーズ)
・Good for(グッドフォー)
・INOUT(イナウト)
・TRUNK ZERO(トランクゼロ)

特集:2019年春夏モデル・キャンプ用品
・THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
・スノーピーク(Snow Peak)
・LOGOS(ロゴス)
・バリスティクス(Ballistics)
・Helinox(ヘリノックス)
・Petromax(ペトロマックス)
・ユニフレーム(UNIFLAME)
・SOTO(ソト)
・Coleman(コールマン)
・Tent-Mark Designs(テンマクデザイン)
・Ogawa(オガワ)
・CHUMS(チャムス)
・DOD(ディーオーディー)

6位『関西・名古屋から行くオートキャンプ場ガイド2019』

キャンプ場ガイド誌として認知されるロングセラー企画の2019年度版。
東海、中部、北陸、近畿、中国、四国エリアのクルマで利用するオートキャンプ場情報を網羅。

人気の理由のひとつである10%OFFクーポン企画でお得にキャンプ場を利用できる。

ひとめでわかる施設アイコン表示や、家族4人でのモデル料金など、
キャンプ初心者にやさしい誌面構成。

キャンプ場ガイドの決定版!

5位『はじめてのキャンプ for Beginners2019』

買って後悔しない全315製品集めました!
失敗しない! キャンプの「道具選び」と「使い方」すべてわかります。

キャンプは「遊び」だから、ちょっとくらい失敗したっていいんです。最初のうちの失敗はいつか楽しい思い出に変わります。でも、忙しい毎日、ようやく取れた休日。その『貴重な一日を実り多き楽しく豊かな時間にしたい!』であれば、失敗しないキャンプ道具と使い方を知ることが重要です。

でも、世の中で売られているキャンプ道具はあまりにも多すぎて、どれを選べばいいか、どれから買ったらいいかわからなくなりませんか?

本誌を読めば、キャンプ道具選びの基準、購入の順序、価格差のワケ、自分にとって本当に必要な道具がわかります。

●おもな内容
▼【巻頭特集】いまどきキャンプ超入門!!
道具選びの前にかならず知っておくべき基本の「キ」

▼【総力特集/前編】
失敗しないはじめての日帰りキャンプ

▼【総力特集/後編】
失敗しない はじめての宿泊キャンプ

▼買って後悔グッズ10連発!!
キャンプ道具購入の失敗実録集

▼目的別プロの選び方攻略法付き
2019年最新キャンプ道具価格別厳選コレクション

4位『ほんとうに気持ちいいキャンプ場100』

今行くべきキャンプ場BEST100発表!

人気MOOKガイド『ほんとうに気持ちいいキャンプ場100』の2019-2020年改訂版になります。キャンプブームやグランピング人気で、新規開業やリニューアルした施設が増えていることもあり、大幅に刷新した最新バージョンになります。
「初心者に優しい」「温泉付き」「地元野菜が充実」「直火で焚き火できる」「犬連れOK」など、気になるテーマ毎に厳選!
人気の「グランピング」が楽しめる施設や、子供が喜ぶ自然体験メニューがある施設なども収録。この1冊があれば、ソロでもファミリーでもキャンプ場選びに困りません!


【編集担当からのおすすめ情報】 
最高のキャンプライフを過ごせる場所が簡単に探せる1冊です! 実際にスタッフが足を運んで、ここなら自信を持ってオススメできるというキャンプ場ばかり。レンタルが充実している、ドッグランがある、リバー&レイクサイドなどなど、項目別に探せるようになっていて、遊びの目的に合わせて選べるのも便利です。これで、あなたもキャンプマスターに仲間入り!

3位『ふたりソロキャンプ(2)』

オレは樹乃倉厳。34歳。趣味はキャンプ。
独りで野営する生粋のソロキャンパー。

自然を愛してる、火を木を水を土を。それと同等に孤独な自分の生き方を愛している―ーー。…な俺が! ひょんなことから草野雫20歳という小娘に出会い、ふたりでソロキャンプをするはめに!

そんなこんなの第2弾!キャンプテク&キャンプ飯&ノウハウ満載!

2位『首都圏から行くオートキャンプ場ガイド2019』

キャンプ場ガイド誌として認知されるロングセラー企画の2019年度版。

東北、北関東、南関東、甲信越、東海エリアのクルマで利用するオートキャンプ場情報を網羅。

人気の理由のひとつである10%OFFクーポン企画でお得にキャンプ場を利用できる。

ひとめでわかる施設アイコン表示や、家族4人でのモデル料金など、
キャンプ初心者にやさしい誌面構成。

キャンプ場ガイドの決定版!

1位『ふたりソロキャンプ(1)』

オレは樹乃倉厳。34歳。趣味はキャンプ。独りで野営する生粋のソロキャンパー。車はいらない。電車を乗り継ぎ、最後はバスで山に入る。

自然を愛してる、火を木を水を土を。それと同等に孤独な自分の生き方を愛している―――。…な俺が! ひょんなことから草野雫20歳という小娘に出会い、ふたりでソロキャンプをするはめに!

最後に

楽天キャンプ関連書籍トップ10

1位と3位には、出端 祐大さんのコミック「ふたりソロキャンプ」がランクインしています。

Fujiyaは未だ読んだことが無いのですが、主人公の樹乃倉厳と年齢も近いし、面白そうなので読んでみようかな(笑)。

一方、「首都圏から行くオートキャンプ場ガイド(2019)」が2位、「関西・名古屋から行くオートキャンプ場ガイド(2019)」が6位にランクイン。

都会の喧騒から離れることができ、かつ都市圏から気軽に行くことができるようなキャンプ場へのニーズが高いようですね。

他にもトップテンにランクインしているのは、初心者でも経験者でも気になる書籍ばかりですね。

自分ではアンテナ張ってるつもりだったけど、読んだことない本ばかりでした(笑)。

情報って大事だな~と改めて認識しました。

みなさんも興味のある本がありましたらチェックしてみてください。

あわせて読みたい記事:

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

1988年群馬県出身。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す