キャンプで必需品!夜道を明るく照らす。LEDライト!!

LEDライト。
Pocket
LINEで送る




読者のみなさん、どうも。

Fujiyaです。

みなさんは、キャンプに懐中電灯って持っていかれるでしょうか?

夜にトイレに行くときなどちょっとした時に、非常に便利ですよね

中には電気式のランタンだけで充分という方もいらっしゃると思いますが、急に暗闇の中で作業をしなければならないときは、手元を明るく照らせる懐中電灯がとても役立ちます。

今回は、キャンプには欠かせない最新のLEDライトについて紹介します。

お時間ありましたら、今回も最後までお付き合いください。

夜のキャンプ場。

川場野営場の夜

キャンプ場は、大自然の中にありますので町の明かりも届かず、夜はとても真っ暗なことが多いです。

高規格のキャンプ場であれば外灯を設置しているところもありますが、特に無人のキャンプ場なんて完全に暗闇ですよね。

暗い中トイレに行ったりすることがあると思うのですが、他のキャンパーのテントのロープや木の根っこ、獣のフンなど真っ暗なキャンプ場では何があるのかわかりません。

最悪の場合、思わぬ怪我や事故に繋がってしまいます。

なので、しっかりと足元を照らして障害物などを確認したいところ。

電気式ランタンでもいいのですが、ランタンは主に周囲全体を照らすように作られている物ですので、ここを照らしたいという時に焦点が絞れないということがあります。

現在販売されている物は、ほとんどがLEDを使ったものだとは思いますが、キャンプ初心者の方で、年代物の懐中電灯を持ってこられる方がいるんですよね(笑)

その年代物の懐中電灯に『すごく思い入れがある』とか『あえて持ってきた』ということであれば全く問題はないのですが。(実は、僕も持っていってます(笑))

そうではないのに『買うのが面倒』とかっていう場合は、購入を検討してみてくださいね。

最近のLEDライトと比べてみると、軽さや明るさが全く違うので。

『選ぶ基準』とおすすめLEDライト

懐中電気イラスト

  • LED
  • 明るい
  • ある程度のタフさ
  • コンパクト

たくさんのLEDライトが出ておりますのでデザインなど自分にあったものを選んでくださいね。

僕のおススメするメーカーは『【レッドレンザー】 』というドイツ生まれのメーカーです。

現在懐中電灯などの業界では、制作は他の会社に任せるけど、自社の製品として販売するということが多いのですが。

この【レッドレンザー】 は、研究開発』『製品設計』『生産までを自社で手掛ける数少ないメーカーです。

 これまで200を超える特許国際的デザイン賞を受賞しており、世界70か国以上のプロユーザー、警察や軍などの公的機関、アウトドアファンに支持されています

簡単にいうと、このメーカーの製品を選べば間違いない』ということです(笑)

よく『ルーメン値(明るさの値)』と『価格の比較』で選ぶ方が多いですが、「ルーメン値が高い=見やすい、使いやすい」とは限らないです。

【レッドレンザー】 は、レンズとリフレクターを併用した画期的な最新の光学システム「アドバンスフォーカスシステム」を使用し、 不快なまぶしさを抑えたムラのない照射面で、見やすさにもこだわっています

 また、 全製品7年間の保証付き(※要購入後のオンライン登録)です。 日本にもサポート拠点を持っていて、故障時の無償交換など迅速なサービスにも評判があります。

僕のおススメする『【レッドレンザー】 』、是非検討してみてくださいね。

 

他にもLEDライトは、色々なタイプのものが出ておりますのでお気に入りのものを見つけてください!

あまりコンパクトタイプのものを使うと、紛失する恐れがありますので気を付けてくださいね。

僕も2つほど無くしてます・・・。

今回は以上になります。

最期までお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。


心形流Zへの入門』としまして、ブログ更新をした際にメールにてお知らせする”購読者登録”が出来るようになりました。

※登録しても、管理人や他の人にメールアドレスが分かってしまうこともありませんし、解除もすぐに出来ますので、よろしければ登録をお願いいたします。

☆ご希望の方は、コチラをクリックしてください。


他のアウトドア関連記事はコチラ

 

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

29歳。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す