【フューエルドア】ラングラーに給油口カバーの取り付けしてみた【初心者向け】

カスタム ラングラーアンリミテッド 車・バイク

こんにちは、ラングラーオーナーのFujiyaです。

僕は2018/4月にラングラーアンリミテッドJKを新車購入しました。それから「カスタム」や「メンテナンス」などの情報を記事にしているブロガーでもあります。

また、キャンプが趣味なのでラングラーと一緒に楽しいキャンプライフを送っている感じです。

今回は、給油口の部分のカスタムで「フューエルドア」の取り付けレポートを書きたいと思います。

標準のままだと燃料キャップが剥き出しでダサいので、このパーツは取り付けている方が多いですね。ディーラーで装着する方がほとんどだと思いますが、僕はDIYをしました(理由は下で解説しています)。

素人でも簡単にできるカスタムなので、取り付けを検討されている方は参考にしていただけると嬉しいです。

フューエルドアの取り付け

記事の内容

パーツの購入

ラングラーのフューエルドア

フューエルドアのパーツは、オークションで購入しました。

通販でも値段は変わらずに手に入ります。デザインもたくさんあるので好みの物を探しましょう。

パーツ自体の値段は、割と安価なので最初のカスタムとしてはハードル低めです。

取り付けレポート

ラングラーのブレーキランプユニットを外す

まずはブレーキランプを外すのですが、隅にあるネジのうち右側の2つを外します

ブレーキランプユニットを外します

すると、ユニットがパカッと全部外れます。意外と知らない人が多いみたい。

次にカプラーを外すのですが、『これどうやって外すの??』って感じだったのでネットで検索してみたところ。有力情報無し。とりあえず今までの経験と勘でいきました(笑)。

ブレーキランプユニットのカプラーを外す

赤い部分がロックになっており、スライドさせた後に引っこ抜けばいいみたいです。でも、なかなか抜けずに若干苦戦。結構力が必要です。

ホントに抜けないです

素手だと滑りやすし、手を傷めたりするので、なるべく『作業手袋』を使った方が良いです。その後、フューエルキャップを取り外していきます。

ラングラーのフューエルキャップの外し方

これに関しては、丁寧にゆっくり処理をしていけば取れます。そして、一番の難関と聞いていた。カップ部分の取り外しです。

ラングラーの燃料のカップを外す

写真だとわかりずらいのですが、カップの爪を2か所外すことで外れます。ですが、手が入りにくい箇所なので作業がしづらい( ;∀;)。でも、カプラーを外す作業より苦戦しなかったと思います(笑)。

燃料カップパーツ等が全部外れた状態

ここまできたら、あとは取り付けるだけ( *´艸`)。『焦らず、丁寧にやっていきましょう』

ラングラーのフューエルドアの取り付け完了

無事完成しました。初めてにしては上出来だと思います(笑)。

ディーラーで純正のパーツを装着すると、パーツだけで1万円以上はするのでないでしょうか。今回の費用は全部で3,000円くらいです。

『絶対自分でやった方がいい』

使用した道具

フューエルドアの取り付けに使用した工具

今回使用した道具

  • プラスドライバー
  • 六角レンチ
  • 作業手袋
  • ウエス
  • ヘッドライト

ウエスは汚れを拭き取るのと、ヘッドライトはカップを外す作業で手元を照らすのに使用しました。絶対に必要なのは、レンチとプラスドライバーのみ。グローブは安全のためです。

特別な工具は必要ありません。

今回の作業レポートは以上になります。
最後まで読んでいただきましてありがとうござました。

僕は他にも「カスタム」や「メンテナンス」の記事を書いているのでリンクを貼っておきます、併せて参考にしていただけると嬉しいです。

カスタムのまとめ

DIYでオイル交換?の記事