【リアゲート】ラングラーをカスタム!”リアプレート”の取り付けをしてみた

カスタム




読者のみなさん、どうも。

Fujiyaです。

前回までのJeepラングラーアンリミテッドのカスタム記事で、お尻に開いていた穴を塞ぐ処置をしました(笑)

ラングラーをスペアタイヤレスにした

今回は、再度お尻に『リアプレート』というカスタムパーツを装着してみましたのでレポートしていきたいと思います。

お時間ありましたら、今回も最後までお付き合いください。

リアプレートのカスタム

リアプレートのパーツ

パーツ自体は、写真のようなものになります。

簡単に言うと、”お尻の装飾”です。

特に機能的な効果があるわけではありません

デザインも様々なものがあり、自分の好みの物を選べます。

ちなみに僕は、Jeepの顔がデザインされている物を購入しました。



これがリアプレートを取り付ける前のリアゲートです。

リアプレートを装着する前のラングラー

元々はスペアタイヤが装着されていました。なんとなく物足りない印象を受けますね。

その分、ゲートの開け閉めは楽になりました。洗車するのも簡単です。

画像の赤枠、四角い黒いパーツなのですが、ネジで止まっているわけでもなく、パカッハマっているだけなんです。

ラングラーのリアゲートの不安箇所

小さいドアのようなパカパカが付いています、おそらく空気の通り道なんでしょう。このパーツ自体は、ほんとにハマっているだけなので、簡単に外すことが出来ます。走っている衝撃で落ちたり、いたずらで持ち去られたりするのではないか?と不安でした。

そこでこの『リアプレート』を付けようと思い至りました。

リアプレートを取り付けることで、不安は解消されます。



取り付けレポート

さっそく取り付けに入りますが、作業はボルト外して、リアプレートを装着し、ボルトを締め直すだけです。

所要時間は10分です。

ラングラーのリアゲートのボルトを外す

まずは、赤丸部分にあるのボルトを外します。

次にリアプレートを取り付けるのですが、本来はおそらく緑枠のパーツも外すのだと思います。しかし、今回は取り付けたままにしようと思います。

理由は、デザインで空いている穴からリアパネルに雨などが入ってしまうからです。

このままリアプレートを取り付けるのは緑枠のパーツの厚みが邪魔になってしまいますので、ナットを間に咬ませることにしました。

ボルトとナット

近所のホームセンターに行って、ボルトとナットを購入してきました!!

8セット全部で1,300円くらい、思ったより費用が掛かりました(゚Д゚;)

一つ一つ丁寧に取り付けをしていきます。

絶妙な隙間を作る

ナットを挟むことで緑枠のパーツを取り付けたままでも、リアプレートを問題なく取り付けできました!

完成画像がコチラ↓

リアプレートの取り付けが完了

アクセントにはなったかな?(笑)

オリジナリティは増しましたし、不安も解消されたので満足です。

今回も無事にカスタム終了です。

様々なデザイン

今回も非常に簡単なカスタムでした。

リアプレートは、たくさんデザインがあるのでお気に入りの一枚を探すのも面白いと思います。



同じパーツでもショップによって値段が違うことも多々あるので、オークションなども見てみるといいかもしれないです。

インテリアにもなりそうですよね。

僕は、秋冬くらいにはまたスペアタイヤを取り付けようかなと思っているので、外したら部屋に飾っとこうかなと思っています。

今回は以上になります。
最後までお付き合いありがとうございました。
またお会いしましょう。