【ジープ】ラングラーアンリミテッドを買って、100キロ乗ってみた( ゚Д゚)

100キロ乗ってみた
Pocket
LINEで送る

読者のみなさん、どうも。
Fujiyaです。

当ブログの記事で度々”記事の再編集”を行っております。
少し前にも自己紹介を兼ねた記事をリライトさせてもらいました。

関連記事:『アウトドアの入門・始め方』心形流Z管理人バージョン。

ブログを始めて数ヶ月が経つのですが、書式変更やテーマ変更など”変更”が加わると、昔の記事って表示がおかしくなったりしてしまうんですね 😥 

それに文章も『なんでこんな事書いた?』っていうのも良くあるんですw
(それは僕に能力が無いからw)

今回は”心形流Z”を立ち上げる前、ブログを書き始めてから最初の頃(2018/4月頃)の記事『【Jeep】ラングラーアンリミテッドを100キロ乗ってみた( ゚Д゚)』の再編集版です。

有り難いことに、たくさん読んでくれている方がいます。
なのに僕は”完全放置”してました・・・。すいません 😥

お時間ありましたら、今回も最後までお付き合いください。

★新しい相棒(ラングラー)が来てから1週間。

 

FujiyaΦoutdoorさん(@sototobira)がシェアした投稿

『まだ1週間?w』

という感じもしますが、僕が乗り始めて走行距離が大体100キロちょっとになりましたので、”乗ってみた感想”と”ラングラーアンリミテッドの紹介”をしてみたいと思います(‘Д’)

とにかく『ホント最高・・・。運転が楽しい(^.^)
(まだ100キロなんでノロけさせてくださいw)

ラングラー運転席
ラングラー運転席

すれ違うほとんどの車より車高が高いので、景色がとても新鮮です。
(今までデミオだったのでw)

同じ車に乗っている人をあまり見ないので、少しでも「人と違うことをしたい!」という僕のような人間にはいい車だと思います。

 

★乗ってみて驚いたことは・・・

  • バックの音がしない。
  • シガーソケットがずっと通電してる。

この2つは、結構ビックリしました(゚Д゚;)

アメ車だと普通のことらしいのですが、
僕は全然アメ車の知識など無かったので、最初にバックしたときは『不具合??』かと思ってしまいました(笑)

あとシガーソケットも『空調の下の方に1つ』と『コンソールボックス内に1つ』ついているのですが、コンソールボックス内のシガーソケットはエンジンを切ってもずっと通電してます(‘Д’)

なぜ気づいたのか?というと、
コンソールボックスにはケーブルを出せる隙間があるので、「コードもしまえるし、スッキリしてちょうどいいな♪」とか車載用のプズマクラスターを挿してみました・・・すると・・・・、

エンジン切ってもずっと稼働しっぱなしでした(゚Д゚;)

これもアメ車だと普通の仕様らしいですね。。

 

★試乗の段階で知っていたこと・・・

  • アクセルが少しだけブレーキより遠い位置にある。
  • ウィンカーとかライトとかのレバーが日本車と反対。

アクセルの位置

アクセルの位置は、男性であればそんなに問題はないと思います。
身長の低い人や女性だとしても、イスを調整すれば大丈夫だと思います。

調べたら、アクセルの位置を通常の位置にできるパーツキットも売っているみたいです。

ちなみに僕は、身長175センチで短足ですが特にキットを使わなくても問題ないです(笑)。

ウィンカーが反対。

これは、アメ車なのでしょうがないですよね。

醍醐味”とでも言いましょうか。

この1週間でようやく慣れました(笑)
反対に日本車を運転すると、逆にしてしまうことがあります(;・∀・)

運転していて””に感じることは無いですし、むしろ楽しいです。

★外観。

○タイヤについて

僕のラングラーは、お分かりになる方もいらっしゃると思いますがタイヤが純正ではありません。。

ラングラータイヤ
ラングラータイヤ

純正のホイールが僕の好みではなかったのでディーラーに相談したところ、
値段も手ごろでニーズも多いとのことで”BFグッドリッチというメーカーの”オールテレーン”という種類のタイヤを装着することにしました。

サイズは17インチです(純正は18インチ)。

17インチの方が種類がたくさんあるので、おすすめです

と言われ、”勧めれるがまま購入した”感じですが、結果的には良かったかなと思っています(^.^)

足回りが違うだけで、とても迫力のある感じになったと思います 🙂 

実際は、さらにデコボコの多い『マッドテレーン』というタイヤとどちらにしようかと悩んだのですが、

マッドテレーンは、さらにゴツくて迫力があるのですが、完全にオフロード仕様とのことで、いくらアウトドアをするといっても、舗装道路を走ることの方が多いのでオールテレーンの方に決めました。

サイズは17インチなのですが、タイヤの厚みがあるので純正の18インチのタイヤを装着した時より車高が高くなってます。
予想外だったのですが、迫力も増して僕にとっては良い期待外れでした(笑)

実際に100キロ走ってみて、乗り心地的は非常にいいと感じています。

 

○サイドステップについて

そして、もう一箇所カスタムしたのが”サイドステップ”です(^^

ラングラーサイドステップ
ラングラーサイドステップ

ラングラーの純正のサイドステップが好みではなかったので、パーツカタログをみていたのですが、実物を見ないとイメージが湧かずにイマイチ決めきれなかったんです。

たまたまラングラーの限定車『アルチチュード』が展示されており、そのサイドステップがとても格好良かったので、

このサイドステップって装着できないのですか?

と相談したところ、

できますよ

という話になり、限定車のサイドステップが装着されております(笑)

費用はその分かかってますけどね・・・。

このサイドステップを装着したことで、純正よりもシンプルでスッキリ見えるんじゃないかなと思います。

最後に。

今回は昔の記事を再編集したのですが、日記を読み返しているようで楽しかったですw
(どうでも良い話ですがw)

現在僕の相棒のラングラーアンリミテッドは、この時よりもカスタムが色々と進んでいて見た目も少し変わっています。

関連ページ:【JEEP】ラングラーアンリミテッドカスタム記事一覧

カスタム”に終わりは無く、ラングラーに乗り続けている限りは”ずーっと”続けていくと思います。

今後も継続して書き続けていけたらと思います。

今回は以上になります。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
またお会いしましょう。


心形流Zへの入門』としまして、ブログ更新をした際にメールにてお知らせする”購読登録”が出来るようになりました。

※登録しても、管理人や他の人にメールアドレスが分かってしまうこともありませんし、解除もすぐに出来ますので、よろしければ登録をお願いいたします。

☆ご希望の方は、コチラをクリックしてください。


他のJeep関連記事はコチラ

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

29歳。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す