【利根郡片品村】”白樺・レンゲツツジ”溢れる。ほたか牧場キャンプ場(武尊)の紹介

ほたか牧場キャンプ場たっぷり紹介トップ
Pocket
LINEで送る

ほたか牧場キャンプ場

群馬県利根郡片品村にある「ほたか牧場キャンプ場」は、Fujiyaが毎年利用しているキャンプ場の1つです。

初めてキャンプをした場所でもあり、他と比べて思い入れが強いキャンプ場でもあります。

今までも何度かキャンプレポートの記事を書いていますが、今回は今まで書いて来なかった利用方法から魅力まで、出来るだけ多くの情報をお伝えしたいと思います。

営業期間・予約

管理棟

キャンプ場の営業期間は、5月~10月です。

予約が出来るのは3月からとなっています。現在は”電話予約のみ“でネット予約などは出来ないです。

「予約が出来るのは、利用する日の何日前から」と決まっているキャンプ場もありますが、問い合わせをしてみたら「いつでも良いです」という回答でした。

チェックイン:12:00~17:00

チェックアウト:~10:00

Fujiyaは毎年ホームページを見て、そのシーズンの予定を確認しています。

※年度によって異なる場合もある。

利用料金

フリーテントサイト

区分 料金(1泊)
大人 1,080円
子ども 870円
テント・タープ持ち込み料(1張) 720円

オートキャンプサイト

レギュラーシーズン
電源無サイト(4サイト) 3,800円
電源有サイト(4サイト) 4,800円
トップシーズン
電源無サイト  5,800円
電源有サイト  6,800円
※2019年のトップシーズン
7/13~8/25
9/14~9/16・9/21~9/23(シルバーウィーク)

ログハウス

建物 定員 料金(3歳以上)
A棟(11棟) 5名 3,190円/1人
B棟(5棟) 8名
C棟(15棟) 6名

デイキャンプ(9:00~16:00)

区分 料金
大人 500円
子ども 300円

駐車場

宿泊、日帰り供に”1台当たり500円/1日“がかかります。

※キャンプ場を利用をしない場合は、キャンプ場手前の駐車場に車を停めることになります(送迎バスあり)。

自然保護緑化協力金

キャンプ場1回の利用につき”大人100円、子ども50円

※料金に関しては変更になっている場合もあるのでホームページも要確認・問い合わせ。

場所・アクセス

武尊山の中腹

キャンプ場は、日本百名山にも選定されている武尊山の中腹にあります。

「武尊山」の標高は2,158m。群馬県利根郡みなかみ町、川場村、片品村の境にある成層火山です。

Fujiyaは、ずっと「ホタカサン」という名前の山だと思っていたのですが「ホタカヤマ」というのが正しい読み方です。

キャンプ場の標高は1,500mで、武尊山への登山口にもなっています。その為、キャンパー以外にも登山家の方たちが多く利用しています。

高地なので真夏でも気温が低いです。

霧の中の散歩1
霧の中の散歩1

梅雨時期などは霧が多く、日の光が当たらないので、1ケタの気温になることもよくあります。また、木々に囲まれている場所でも風が強い場合ありです。

道のり

最寄りのICは関越自動車道の「沼田IC」です。

沼田ICを下車し、120号線を日光方面へ直進します。椎坂峠を越え、”平川”という信号を左折したら、あとは山を登るだけです。大体1時間くらいで到着できると思います。

キャンプ場の手前は上り坂が続きますが、元々夏季は牧場・冬季はスキー場という利用形態を狙って建設されたスキー場があったところです。

スキー場は廃止になってしまいましたが、キャンプ場の営業は継続して行われています。

施設・設備

ほたか牧場キャンプ場マップ
画像:ホームページより引用

フリーテントサイト

キリが腫れた景色白樺

白樺に囲まれた芝生のサイトです。

全部で約40サイトとなっています。

平らなサイトではなく、勾配やデコボコが見受けられます。

車での乗り入れは出来ないので、駐車場に停めることとなります。荷物が多い場合はアウトドアキャリーなどがあると便利です。

キャリーが無かったとしても管理棟にリヤカーがあるので借りることもできます。

リアカーも借りられます
リアカーも借りられる

真夏の暑い時期でも平地のキャンプ場よりは快適に過ごせると思いますが、直射日光を考えると木陰がおススメです。

オートキャンプサイト

ピルツとジープ
オートサイト(電源なし)

サイトは大型テント・タープ両方張るのは、工夫をしないと厳しいかも。

フリーサイトと違って砂利なので、マットは必須です。

また、画像の手前側はすぐ道路となっているので、分かりにくいですがペグは道路ギリギリに刺さっています。

ログハウス

各ログハウスには、車1台横付けできます。ですが、悪路(雨だったりするとかなり泥でグシャグシャ、草で滑る)なので4WDの車がベストです。

難しい場合は、近くの駐車場に停めることになります。

A棟

ほたか牧場のログハウスA棟
ログハウス(A棟)

Fujiyaが初めて利用したのはA棟でした。

A棟はロフトが付いていて、4~5人の利用に適したつくりとなっています。

布団一式(掛け布団・敷布団・毛布・枕・枕カバー・シーツ)5名分有りで、コンセントあり・電気照明あり。トイレ・キッチンなし。

B棟

ほたか牧場バンガロー
ログハウス(B棟)

B棟は大人数での利用が適したロフト付き2階建ての作りです。

このキャンプ場のログハウスの中で天井が高く、もっとも開放感がある建物です。

畳は1階、2階あわせて10畳のゆったりとしたつくり、布団一式(掛け布団・敷布団・毛布・枕・枕カバー・シーツ)8名分有り。コンセントあり・電気照明あり。トイレ・キッチンなし。

C棟

バンガローキャンプとジープ(夜)
バンガロー(C棟)

Fujiyaが近年利用するのはC棟が多いです。

理由はテラスが付いているから。また、ロフトがないので小さい子どもがいる場合には安全です。

テラスは、テーブルを2つとチェアを4つ、クーラーボックス、BBQコンロを出すとキツキツです。大人4人で過ごすのが限界。

大人数の場合は、ログハウス近くのスペースでバーベキューなどをすることになると思います。

布団一式(掛け布団・敷布団・毛布・枕・枕カバー・シーツ)6名分有り。コンセントあり・電気照明あり。トイレ・キッチンなし。

炊事場

画像にある様な炊事場が数か所あります。

広くて、綺麗に整備されていて、大きめのテーブルも設置されているので、個人的には使いやすいです。

使用済みの炭を捨てるペール缶も設置されています。

ジンギスカンハウス

その名の通り「ジンギスカン」が食べられます。

ほたか牧場キャンプ場のジンギスカンセット
ジンギスカンセット4名分

せっかく来たならジンギスカンを食べて頂きたいのですが、ラム肉が苦手な方も多いと思います。

食券を購入
券売機

そんな方には普通の「バーベキューセット」も用意されています。また、地元”片品村”で採れた野菜を使った野菜カレーやうどんなども食べることが出来ます。

気になるデザートですが、キャンプ場で食べるソフトクリームは格別です。

ほたか牧場キャンプ場のソフトクリーム
ソフトクリーム

トイレ

ほたか牧場キャンプ場のトイレ
トイレ

キャンプ場内にトイレも複数設置されています。

基本的に整備はされていますが、イベントがあって混みあった時などはトイレットペーパーが無いってこともあるので、持参する必要がある場合があります。

シャワー

ほたか牧場キャンプ場のシャワー室
シャワー室

シャワーは利用時間が8:00~21:00です。

コイン式で200円/1回。

※10,300円で2時間の貸切も出来るみたい。

自販機・売店

キャンプする場合は、持ち込むことが多いと思いますが自動販売機が設置されているので24時間飲み物を購入することが可能です。

中には飲み物を買ってくるの忘れちゃった・・・なんて人もいるかもしれないので安心ですね。

ほたか牧場の売店
ほたか牧場ホームページより引用

また、管理棟には必要な物品が多数売っています。持参するのが大変な「薪」や「氷」も販売しいるのでありがたいです。

薪は購入しなくても、サイトの近くに落ちていたりしますが、雨が降り湿っていて使い物にならないなんてこともあるので、そういった場合は購入した方が良いです。

販売品:薪・炭(3kg)/510円・ホワイトガソリン/1500円・カセットガス・着火剤・カップ麺・ラップ・アルミホイルなど/200円・虫除け/600円・歯ブラシ・髭剃り・スポンジ・軍手など/50円

レンタル道具

レンタル用品は管理棟で取り扱っています。

レンタルをする場合はキャンプ場の利用予約をするときに詳しく確認しておくのがベストです。

Fujiyaは、基本自分で道具を揃えてしまっているので基本レンタルサービスを利用しません。しかし、グループキャンプをするために持ってきたチェアが他の皆と高さが合わなかったので1度だけ椅子をレンタルしたことがあります。

(レンタル品/1日)価格:テント(スノーピーク)/2570円・タープ(スノーピーク大・小)/1030円・バーベキュー台(鉄板・網付/1030円・焚火台(スノーピーク)/1030円・テーブル/1030円・椅子/510円・(ランタン・毛布・シーツ・鉄板/210円)・(鍋・飯盒/310円)・(包丁・まな板・ボウル・ざるなど /100円)

マウンテンバイク

マウンテンバイクのレンタルも行っています。

キャンプ場内をサイクリングできます。

利用料は500円/1時間

ゴミ捨て場所

ほたか牧場キャンプ場のゴミ捨て場
ゴミ捨て場所

ゴミは持ち帰りというキャンプ場も多いですが、ほたか牧場にはゴミ捨て場があります。

最初の段階からゴミは分別しておくと、スムーズにゴミ出しできます(当たり前ですが)。

火のついている使用済みの炭は、炊事場にペール缶が用意されているのそちらに入れます。

以前は動物がいた

Fujiyaがまだキャンプド初心者だったころにはフリーサイトの所に柵があって、ヤギと羊?がいました。

次回利用した時には、建物も全て無くなっていて動物の姿も完全に消えていました。

Fujiyaのキャンプレポート

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

1988年群馬県出身。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す