【テールランプ】ラングラーを自分でカスタム!テールランプガードの取り付け。

カスタム




テールランプガードの取り付け

読者のみなさん、どうも。
Fujiyaです。

ラングラーのテールランプのカスタムは「ランプユニットの交換」か、「ランプガード」を装着するかのどちらかになると思います。

今回はラングラーアンリミテッドに『テールランプガード』を取り付けました。

今回もパーツさえあれば誰でも出来る簡単なカスタムです。

さっそく取り付けレポートをしていきたいと思います。(解説とかいらないくらい簡単です)

お時間ありましたら、今回も最後までお付き合いください。

テールランプガードとは

そもそもテールランプガードとは何なのでしょうか?

テールランプガードの取り付け

ググってみても、パーツの販売はたくさん出てくるのですが、『何ぞや?』という感じでした。

個人的な考えですが、本来オフロードでテールランプを守るためのものなんじゃないでしょうか。

それが最近ではドレスアップパーツってことになったと推測します。

ランプユニットは、数千円で買える物から数万円のものまで「ピンキリ」で販売されています。

安いものは『装着してみたけど点灯しなかった』または、『取り付けに加工が必要』だったということもあるようです。

1万円以上の物を購入すれば、そういったリスクを軽減できますが、不安もありますので、今回僕はランプガードを取り付けることにしました(ユニットの交換もいつかはやってみたいですが)。

ユニット交換は、電装系に関する知識が無いと難しいですね。



取り付け作業レポート(所要時間約5分)

取り付けは、四隅のネジを外して、ガード挟んで取り付けるだけです。

ブレーキランプのユニットを外す

※上記画像は以前にフューエルドアの取り付けをした時のもの。

僕の場合、このテールランプガードはAmazonで購入しました。

チャイナ製で、覚悟はしていたのですが案の定、付属のネジが明らかに企画外のものでした。『だったら付属するな!』というくらいに・・・。

ラングラーのモデルが違うと使える?

わかりませんが、既存のネジを使用すれば装着できるので問題はありません。

しかし、元々のネジでは長さに心配がありましたので、ホームセンターで少し長めのネジを購入する必要がありました。
(ホームセンター探しに行ったら、適合サイズが売ってませんでした・・・とりあえず、既存のネジを装着)

既存のネジで半年ほど経過してましが、問題は生じていません。

テールランプガードの取り付けが完了

見た目はグレードアップできたかなと思います。

最後に

今回は、『テールランプガード』の取り付けを行いました。

今までのカスタムの中でもトップクラスに手間もなく、簡単でした。

簡単なのに大きく見た目が変わるカスタムは、メッチャ楽しいです。是非初心者のラングラー乗りさんには、チャレンジしてほしい。

今回は以上になります。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
またお会いしましょう。






↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓