横須賀市に行ったら立ち寄るお店「ラーメン”神豚”横須賀中央店」【二郎系ラーメン】

LIFE TRIP

この記事は横須賀市にあるラーメン屋さん『ラーメン神豚横須賀中央店』の紹介をしています。

紹介内容

横須賀の二郎系「ラーメン”神豚”横須賀中央店」

こんにちは、Fujiyaです。

僕は奥さんが横須賀市出身なので、1年に数回横須賀を訪れています。そろそろ結婚して10年ほど経つので、少しづつですが横須賀の知識が増えてきた感じです。

今回は以前に「横須賀市の観光スポットを紹介」の記事でもご紹介した「ラーメン神豚横須賀中央店」を深掘りして紹介したいと思います。

営業時間【Twitter・ホームページあり】

営業時間は、年中無休定休日は水曜日で11:00~22:00となっています。

まさに「安定」の一言です。こういう二郎系のお店は市内に1つは欲しいです、マジでありがたい。

二郎系のお店は、基本的に定休日や臨時休業が多いイメージがあり、Twitter確認が必須なのですが横須賀中央店は『絶対に営業している』そんなイメージです。例えば、本命のお店が臨時休業になってしまった場合に「どうしても二郎系が食べたい」となった時でも頼りになる存在です。

カウンターのみの席となり、小さいお子さんなど家族連れは見たことがないです。僕が来店する時間は大体11時〜13時が多いのですが、お昼時は着席するまで少し待つこともあります。以前に30分ほど待った経験もありますが、最近は落ち着いている印象があり、行列にも巻き込まれていないです(たまたまかもしれませんが)。

ラーメン神豚のTwitterアカウント

Twitterは店舗ごとではなく、グループ全体のアカウントとなります。更新頻度は高くないですが「メニュー」や「休業」についての情報は出ているので来店の際には念のためチェックした方が良いです。

また、「ラーメン神豚のホームページ」もあります。こちらも更新頻度は少ないですがTwitter同様にチェックです。

お店の場所

住所:神奈川県横須賀市若松町1丁目2 三橋ビル

横須賀中央駅から徒歩3分くらいの場所にあり、アクセスは非常に良いです。

ラーメン神豚(店前)

店の入り口はこんな感じ(上の画像)。

横須賀中央の繁華街で、他のラーメン店も隣にあったりと賑やかな場所です。三橋ビルの1階にあり、画像の様に正面から見るとすぐにわかります。『ニンニクいれますか?』と黄色い看板がありますので、それが目印です。

メニュー

ラーメン神豚の券売機

お店に入ってすぐ左手に券売機があります。一般的な二郎系と同様に食べたらすぐに退席をする感じです。また、小さい子どもと一緒に来店するというのは難しいです。

メニュー
金額
小(250g)  750円
小ぶた  800円
大(420g)  850円
大ぶた 1050円
小つけ麺 900円
味付け卵 100円 100円
粉チーズ 100円
汁なし 100円
ニラ  100円
ネギブタ 150円
ブタマヨ 150円

※2022/8月ラーメンデータベースにて確認。

麺は、超極太の自家製麺を使用しています。着席時に麺の”湯で具合”を確認されます。僕は『固め』しか注文したことがないのですが、先日訪問したら『柔らかめ』を注文する人が多かったです。最近の流行りなのかはわかりませんが、最終的には好みです。

着席のタイミングにも寄りますがラーメン提供までの時間は、10分前後はかかっている印象です。店側も『席が空く時間を計算し、前もって麺を茹で、ご案内時に茹で上るように調整し極力お待たせしないように配慮いたしております(茹でおきはしていません)』と配慮はしていただいているので、そこまで長時間待たされるということはないです。

小ラーメンは250gと二郎系としては少な目ですので、食べ慣れている人はトッピングをマシにするか大ラーメンを注文するのが良いです。「麺少なめ」は可能となっているので小食の方や女性でも注文は可能です。

目玉の『6・3・1ラーメン』

631ラーメン

初来店した時から気になっているメニューです。ただ僕には食べられない・・・・。

具材には、ぶた6枚、野菜3倍増し、味付玉子1個ということで「631」の名前の由来となっています。かなりのボリュームですので、完食は中々難しいと思います。お店の壁には「631ラーメン」を食べた人たちの色紙がたくさん飾られています。

現在実施しているのかが不明です。数量限定という情報もありますが、サイン色紙も増えていない感じがするので食べられない可能性もあります(サイン色紙掲示をやっていないだけかもしれません)。

大食いに自信のある方はお試しあれ。

実食レポート『小ラーメン』

麺の量が250gなので、コールは「ヤサイ」。あとは「ニンニク」「アブラ」です。

個人的に神豚で一番好みなのは「ブタ」です。二郎系の豚というとカッチカチやパッサパサというスープに浸す系の店舗も存在しますが、神豚はデフォルトで柔らかいです、まさに神ブタで超好み。

自家製という麺は「極太平打ちややちぢれ」という感じです。僕が今まで食べてきた二郎系の中で特別な印象は受けていませんが、スープとの相性は良く、満足感を感じさせます。

スープは豚骨醤油ですが、ヤサイをマシているからなのかもしれませんが比較的薄味であっさり目に感じています。僕はちょうどいいですが、濃いめが好きな人はカラメがオススメです。

カウンターには胡椒や一味もあるので、味変しながら食べるのもありです。
ご馳走様でした。

コロナの感染対策の意識が低い?(2022年8月来店時)

今回訪問してみて思ったことは、コロナの対策が全くされていなかったので少し心配になりました。

感染対策については賛否両論あるのかもしれませんが、カウンターにも仕切りもなく、アルコール消毒もどこにあるか分かりませんでした(見つけられなかっただけかも)。退席後も消毒をしてくれるわけではないし、対策としたら店員がマスクをしてるくらいです。

友達同士で来ている客は食べながら話している人もいるし、お店も繁華街にあるので人もたくさん来る、外国人も多いということを考えると結構リスクがあると思います。

あくまでも個人的な意見ですが、精神的な安心感をもって食事をするためにももう少し感染対策を意識していただけるとありがたいなと思いました。

横須賀の二郎系「ラーメン”神豚”横須賀中央店」|まとめ

今回は横須賀市にある「ラーメン”神豚”横須賀中央店」を紹介してきました。

初来店をしてから約8年は経過しているのですが、ようやく記事に出来たことをうれしく思います。以下にポイントをまとめます。

ラーメン”神豚”横須賀中央店のポイント

  • 神奈川県横須賀市横須賀中央にある
  • 横須賀中央駅からめっちゃ近い
  • 定休日:水曜日
  • Twitterやホームページは更新が少ないが行く際はチェックした方が良い
  • カウンターのみ、小さい子ども連れは厳しい
  • 二郎系を食べ慣れている人はマシか大ラーメンがおすすめ
  • 「ブタ」が神っている
  • 麺少な目も可能
  • コロナ対策がイマイチ

ポイントは以上です。何よりも「安定」的に営業をしているのがありがたいです。読者さんが横須賀でラーメン屋さんをお探しの際は是非一度来店いただけたらと思います。

話が少し変わりますが、僕はラーメンデータベースというサイトで情報を確認することが多いです。ラーメン専門のサイトで、ラーメン好きが多く利用するため情報に信頼性が高く、コアな書き込みも多いので参考にしてます。ご興味のある方はチェックしてみてください。

今回の記事は以上になります。
ありがとうございました。