ラングラーを自分でカスタム!グラブバー・ハンドルの取り付け【初心者向け】

カスタム ラングラーアンリミテッド 車・バイク

読者の皆さん、どうも。
Fujiyaです。

今回は、Jeepラングラーアンリミテッドに『グラブハンドル・バーの取り付け』を行いたいと思います。

グラブハンドル・バー』は、Jeepの乗り降りが楽になる”手すり”のカスタムパーツです。

ボルトで取り付けるだけなので超簡単!と思いきや、案外苦戦しましたので、取り付けを検討されている方は、この記事を見て参考にして欲しいと思います。

また、この作業は7月に行ったのですが、蚊に刺されますので虫刺され対策もしっかりとした方が良いです。僕は・・・10か所以上刺されました(笑)。

お時間ありましたら、今回も最後までお付き合いください。

グラブバーハンドル・バーの取り付け作業

グラブハンドル・バーの役割

ハンドルタイプ”と”バータイプ”など色々と種類があります。

僕が取り付けを行ったのは、”バータイプ”です。

グリップの部分を握ってラングラーに乗り込むということになります。

ラングラーは車高が高い車なので、女性や子どもの場合、一般的な車に比べて乗り降りがし辛いです。

運転席や助手席は、ハンドル部分など摑まる部分が多いのですが、後部シート側には掴まれるような部分は無いです。なので、グラブバーはあった方が便利だと思います。

取り付けレポート

グラブバーの取り付け手順は簡単です。

後部座席のグラブバー取り付け

グラブバーの取り付け位置

後部座席のフレーム部、この部分のボルトを使用して取り付けを行います。

グラブバーの後部の取り付け箇所

ラチェットレンチを使用します。

ラチェットレンチを使用する

このラチェットはラングラーに付属してくるラチェットを使用しています。

ソケットも付属してた(確か10ミリだったかな?・・・違っていたらすいません)を使い取り外していきます。これは簡単に取り外すことが出来ると思います。

ボルトを外したら、バーを取り付けるだけです。

六角で留める

取り付けは六角を使用します。

購入したパーツに六角が付属している場合もありますが、僕の場合は付属していませんでしたので、元々持っていた六角を使用して回しています。

後部座席のグラブバーの取り付けが完成

左右取り付けを行い完成!

実に簡単!!

※2018/9/8追記。「向きが逆」(後部シート)

後部座席のグラブバーの向きが”逆”だという指摘がありました。

まずは奥さんから・・・・。
これ逆じゃない?掴みづらいんだけど』と言われ。

読者の方からもご指摘をいただきました!ありがとうございます 🙂

ということで作業開始。

グラブバーの再取り付け

言われてみれば、確かに逆でしたね。なんで最初から気がつかなかったんだろ?(笑)。

グラブバーを取り付けし直します

後部座席の作業は、至って簡単です。

ラングラー乗り降りの重要なスペース

このスペースが確保されただけで、頭をぶつける心配がなくなりましたね。

何度も言うけど・・・なんで最初に気がつかなかったんだろう?(笑)。

皆さんも向きには気をつけてください。

運転席側と助手席側のグラブバーの取り付け

運転席・助手席どちらの側も同じになりますが、解説は片方のみになります。

まず、下の画像にある2箇所のボルトを利用します。

前側のグラブバーの取り付け位置

右下のボルトは、回しやすいのですが・・・・。

上にあるボルトがとにかく厄介・・、『厄介ボルト』と命名しました。

作業しづらいボルト

厄介ボルトは、とにかく位置的に回しにくいです。

そして、お乗りのジープにもよるのかもしれませんが、メチャクチャ固かったので潤滑剤を使用して、ボルトの回転を良くしてから外しました。

工具は、ラチェットレンチを使用。ソケットは、13ミリを使用します。

外すのに若干時間と力が必要ですが、1人で問題なくできます。

取り付け画像はコチラ。

運転席側のグラブバーの取り付け

グラつくことなく取り付けることが出来れば完成です。

これを助手席側にも行います。

実は作業中、助手席側のボルトを外す際にソケットが外れてフレームの中に落ちてしまいました・・・・。

グラブバー取り付け作業でミス

カラン、カラン”と軽快な音がしてソケットが落ちていきました(笑)

これを探すのが中々重労働でした( ;∀;)

何処に落ちたのか?そもそも取れるのか?

ヒヤヒヤしながら、大体1時間くらい探しまくりました。

ソケットを探しまくる

結果、上写真の赤四角枠の部分で発見し、取り出すことに成功しましたが、その間汗だくになるわ蚊には刺されまくるわで大変でした・・・。

グラブバーの前側の取り付けが完了

何とか両方完成!!

この作業・・・・手順は簡単なのに、今までのカスタムの中で一番苦戦した気がします(゚Д゚;)

使用した道具

  • ラチェットレンチ
  • 六角
  • 潤滑剤
  • ヘッドライト
  • 作業手袋

作業レポートはこれで以上です

今回は、グラブバーの取り付けを行いました。実は、このカスタムは一番最初にやろうと思っていたのですが何となく後回しにしてきました。

手順は簡単ですので、”道具”と”パーツ”と”やる気”さえあればそんなに時間はかからずに作業は完了すると思います。

しかし、実際やってみてこんなに苦戦すると思ってなかったです(笑)、僕の場合は、運が悪かっただけですけどね。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

僕は他にもラングラーの「カスタム」や「メンテナンス」の記事を書いているのでリンクを貼っておきます。併せて参考にしていただけると幸いです。

ラングラーのカスタム記事まとめ

オイル交換記事