【必須】一酸化炭素チェッカーをキャンプで使いたい。どれが良い?使い方は?

アウトドア キャンプ

一酸化炭素チェッカーが欲しい人「一酸化炭素チェッカーを買いたいけど、どこで、どれを買っていいかわからない。そもそも本当に信頼できるの?」

今回は、こんな疑問に応えます。

本記事の内容

こんにちは、Fujiyaです。

最近では秋冬にキャンプをする方も多くなり、テント内でで暖房機器を使う人も多いです。

一酸化炭素中毒対策として、チェッカーを購入しようとしている人が増えています。

命に関わることなので、重要なアイテムですが・・・、「どれを選べばいいのか?」「使い方は?」って感じで分からないことも多いです。

僕も最初に購入した時は「これで大丈夫なのかなぁ?」という感じでした。

今回は「一酸化炭素チェッカーの紹介」と「使い方」をまとめてみたので、参考にしていただければと思います。是非最後までお読みください。

キャンプで一酸化炭素チェッカー

キャンプで使いたい一酸化炭素チェッカー

購入するパターンは大きく分けて2つ。

  • キャンプ用の物を買うか
  • 価格重視か

やはり1番重要なのは「信頼性」だと思いますが、アウトドア使用なので「耐久性」もある程度必要。

中には保険をかけて、2つ用意するという方も多いです。その際はそれぞれ違う機種を用意しましょう。

【DOD】キャンプ用一酸化炭素チェッカー2

僕が1番オススメするのはDODの「キャンプ用一酸化炭素チェッカー2」です。

キャンプなどアウトドア使用に特化した一酸化炭素警報器となっており、サイズもコンパクト、テントにも吊り下げやすいです。

センサーは信頼の日本製で、「落下」「振動」「衝撃」に強いというところもポイントが高いですね。

ぶっちゃけこれを1つ買っておけば問題ないです。過信は禁物ですが・・・。

5年間の使用期限があるので、僕は忘れないようにテプラで期限を貼っています。

「2」ですが、「1」よりも数値の表示スピードが大幅に改善されています。これについては動画を見ていただくのが一番わかりやすいと思います。

ちなみに僕がキャンプする中で、今のところ警報が鳴ったということは無いです。

キャンプ用一酸化炭素チェッカー2

通販:低価格の一酸化炭素警報機

「1万円は高いよ・・・」っていう人はコチラの選択肢になると思います。

中には不良品もあるようですが、基本的には問題ないです。商品レビューなどを確認して信頼できるのかチェックしてください。

現在は、ホームセンターなどでも一酸化炭素チェッカーを取り扱っているところが多いですね。近所で探してみるのもアリかもしれません。しかし、おそらく通販の方が安い。

Amazonで売れてる一酸化炭素チェッカー

REEDARK一酸化炭素 警報機 2019年最新版 家庭用 CO&火災 2 in 1警報器 COアラーム検出器 火災/一酸化炭素中毒防止 85DB デジタル表示付き キャンプ 冷房 暖炉 リビング 寝室 部屋 天井 車中泊 災害対策 防災グッズ 【正規品/日本語取扱説明書付き】
created by Rinker
REEDARK

なんといっても、価格が手頃なのが1番の魅力です。

レビューを見るとキャンパーの方も結構買われてます。

一酸化炭素中毒チェッカーの正しい使い方

大前提として定期的な換気は必要です。

使用する前の確認事項

  • 電池切れ
  • テスト

当たり前ですが、電池は必ず確認しましょう。数回しか使用していなくても、長期間使用していない場合は新しい電池に交換した方が良さそうです。

一酸化炭素チェッカーをテストする

使用する前にはテストをすると、本番で安心が出来ます。

車の排気ガスやライター、炭火などでテストすることが多いですね。

一酸化炭素チェッカーの最適な設置場所

一酸化炭素は空気よりも軽いです。

なので、一般的に考えれば上に溜まりやすいです。しかし、実際には空気の流れや様々な状況で変化することがあり、予想は不可能。

個人的に考える最適な設置場所は、一酸化炭素チェッカーが見やすくてなるべく自分と同じ高さくらいの位置なのかなと考えました。

心配なら最初から火器を使用しないがベスト

本末転倒な感じですが、どんな対策をしても100%安全とは言い切れないのが一酸化炭素中毒です。

子どもは一酸化炭素中毒の影響を受けやすいので、子連れキャンパーは特に注意が必要。

安全のためにも他の防寒対策を考えましょう。

一酸化炭素中毒のリスクが下がる防寒対策

  • ホットカーペット
  • 防寒仕様の寝具
  • 電気ストーブ

など、燃焼しない暖房アイテムを使うとリスクはグッと下がります。

防寒については『【初心者向け】冬にキャンプデビューをしたければこれを読め!【対策まとめ】』に詳しく書いているので参考にしてください。

今回の記事は以上になります。

テント内での火気使用は厳禁な場合が多いです。あくまでも自己責任の範囲で行いましょう。皆さんの安心で安全なキャンプライフを願っています。

僕は他にもキャンプ関連記事を書いているのでリンクを貼っておきます。併せて参考にしていただけると嬉しいです。

ネイチャーストーブの紹介記事

アラジンストーブの比較紹介記事