【利根郡みなかみ町】家族で赤谷湖散策。

赤谷湖散策トップ
Pocket
LINEで送る

2019年のゴールデンウィークは10連休・・・とは、僕はならなくて。ありがたいことに、合間でお仕事が入りました。また、連休前には2人の子どもが体調を崩し、病院へ入院していたこともあって、キャンプや遠出の計画は立てられませんでした。

自宅でバーベキューや車いじりをしながら過ごしていました。しかし、どこも出かけないというのは”何かもったいない”という気がして、最終日(2019/5/6)に群馬県利根郡みなかみ町にある「赤谷湖」という湖に行ってきましたので、レポートしていきたいと思います。

赤谷湖

赤谷湖は、相俣ダム建造に伴ってできたダム湖です。山々に囲まれ、春には桜を、夏は緑を、秋には紅葉という自然豊かな魅力ある湖です。

遊歩道・遊具

 

赤谷湖沿いには自然歩道が整備されており、とても歩きやすかったです。ベビーカーやアウトドアワゴンを使えるのはファミリーにはありがたいですよね。

第1駐車場の近くには子どもが遊ぶことができる大きな遊具があります。トイレも近くにあるので安心ですね(オムツを替えるところは無いです)。

桟橋・ボート乗り場

第2駐車場の近くに桟橋があって、ボートに乗ることが出来ます。2人乗りのボートで1000円/時間です。子どもはボートに乗りたがったのですが、天気が悪くなってきそうだったので今回はガマンさせました(笑)。釣り船も1日2000円~でレンタルしてくれるみたいです。

鯉のぼり

今回初めて知ったのですが5月イベントで、湖の上をたくさんの鯉のぼりが泳いでいました。天気が良ければとても綺麗だと思います。

相俣ダム

ダムに行った経験があまり無くて、今回初めて間近でダムを観ました。音も景色も迫力があって『ものすごく怖かったです(笑)』。普通に足がすくみました。

すぐ近くに「赤谷湖記念公園」と「ダムの事務所」があるのですが、事務所の中に「相俣ダム資料室」というものがありました。散策開始から1時間ほどで、強めの雨が降ってきたので資料室で雨宿りついでにダムについて勉強してきました。

普段の生活の中ではダムの知識を得ることはないので、興味深かったです。前にテレビでダムマニアの特集を観たことありますけど、ダムにも色々な種類や歴史があって奥深いのでオタク化する気持ちもわからなくないですね。

釣り

赤谷湖にはハヤ、ブラックバス、ヘラブナなどなどいるとの情報があったので、一応簡単な釣り具を持って行ったのですが、全く使うことがありませんでした(笑)。

この湖は船釣りがメインらしく、”おかっぱり”から釣れる場所は見た限り無さそうした(もっと奥に行けばあるのかな?天気も悪かったので探せませんでしたが)。また今度リベンジしたいです。

帰りのラーメン。

帰りは雨に降られ、僕だけずぶ濡れ(雨の中、車を取りに行ったので)。身体も冷えてしまい、ちょうど夕飯時だったのですが赤谷湖周辺には、ご飯屋さんがあまり無いみたいです。

コンビニは近くにあったのですが、連休最後の外食がコンビニ・・・・というのもどうかと思ったので”ラーメン”を食べることにしました。

国道17号沿いの遠くからでも目立つ黄色い建物(外観写真を撮り忘れた)で『香華』というラーメン屋さんです。前から気になっていたのですが、今回初めて来店させて頂きました。

駐車場が少し狭い感じ。他の車が居なかったので楽々でしたが、他の車があったらラングラーアンリミテッドだと厳しいかも。

夜の営業時間よりも少し早めに到着してしまい(ネットの情報だと17時から営業で16時45分くらいから待機していた)、少しだけ待ちました。営業が始まるとお客さんもたくさん来て、たちまち駐車場がいっぱいになりました。

メニューもたくさんあったのですが、僕はネットの口コミでも好評な数量限定の「背脂煮干しらぁめん」とプラス150円で「煮干茶漬け」を注文しました。

”煮干し”という名前はついていますが、煮干しがキツくなくて心地のいいスープ。背脂が入っているにあっさりとしてました。麺は細麺。チャーシューは「豚」と「鶏」。とてもバランスの取れたラーメンでした。

〆の茶漬けは、スープをかけて頂きます。ワサビが聞いており、十分すぎるほどに贅沢ないっぱいでした。

ごちそうさまでした!

近くを通った際は、再訪問したいと思います。

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

1988年群馬県出身。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す