【レポート】山梨周辺が舞台。ゆるキャン△のアニメ・動画を観てみた感想!

アウトドア

読者のみなさん、どうも。
Fujiyaです。

前回行ったキャンプの片づけをしています。車いっぱいだった荷物を、一気に部屋に運んだのはいいのですが・・・。足の踏み場も無い状態になってしまい困っています(笑)。

ラングラーの積み荷

片付けと聞くと、「面倒」と思いがちですが、アウトドアマンとしてはキャンプ道具と向き合える貴重な時間なのかもしれません。

ただキャンプ歴も長くなってくると道具の数が増えてしまって、綺麗に整頓することが難しくなってきたのが現状です(°_°)。

特に”片付ける期限”があるわけではないので、今回はゆっくりと片付けていくことにしました。しかし、一人で黙々と片付けるのは辛いものがあります。

そんな中で、思い至ったのがアニメ『ゆるキャン△』。今まで観よう観ようと思って中々観れずにいました。

半年以上前になりますが、インスタグラムで『ついにゆるキャン△観てみた!』みたいな感じで投稿しているフォローワーさんがいたので、とても気になっていました。中にも年配の方も(゚Д゚;)

今回は、そんな『ゆるキャン△』について観た感想などをレポートにしてみました。お時間ありましたら、最後までお付き合いください。

ゆるキャン△について

僕は全くと言っていいほど『ゆるキャン△』(アニメホームページ)について知らなかったので、今回調べてみました。

  • 月刊『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)にて、2015年7月号より連載中
  • 単行本は現在(2019/5/10)8巻まで発売している。
  • 2018年にテレビアニメ化され、AT-X、TOKYO MXほかにて1月から3月まで放送された。
  • アニメは全12話(第1期)。第2期の製作も発表された。
  • 舞台は、山梨県周辺。
  • 主人公は、女子高校生。
  • 内容は、キャンプ場でのレクリエーションや野外調理などといったアウトドア趣味の魅力を描いている。

2015年7月から『まんがタイムきららフォワード』という月刊漫画雑誌に連載されているようです。

う~ん、聞いたことない(笑)』(有名だったらすいません、勉強不足で)

僕自身が”漫画雑誌を全く買わない人”で、コンビニで『週間少年ジャンプ』を立ち読みするくらいなのでわからないです( ;∀;)。というか、”田舎のコンビニには売ってない”んじゃないんですかね、見たことないです(笑)

単行本は2015年11月12日に1巻が発売されて、現在(2019/5/10)までで8巻が発売となっているみたいです。

そして、アニメは2018年1月~3月に渡って放送されました。

『アニメ放送って結構最近ことなんですね・・・。

アニメ放送は、AT-X・TOKYO MX”とかアニメの専門チャンネルなので、アニメ好きの方であればリアルタイムで観た人もいるかとは思いますが、僕の家では普通のテレビ放送しか映らないので観ることは出来ないようです。

また、舞台が山梨県周辺実際のキャンプ場をモチーフにしているのでリアルとのことです。僕はどのキャンプ場もお邪魔したことがないのですが、実際に訪れたことのある方は『ここ見たことある!』という感じで面白いのではないのでしょうか。

そして、メインキャラは『女子高生です。なので、ほぼほぼ女性キャラが中心となっています。個人的にですが、そもそも『女子高生』というところに若干の抵抗感があったのを僕は否定できません(笑)。

キャンプ場で、キャピキャピ女子高生なんか見ませんからね

絵を見ても『ゆるふわ』感が漂っていたので、僕の今までの趣味とは合わずに観るのが遅くなってしまった・・・すいません。

アニメを”無料で見れる動画サイトがあるのではないか?”と思い検索をしてみたところ。

ニコニコ動画で1話無料で見ることができました。(2018/6月)

しかし、全話視聴は難しく。ダメもとでamazonプライム動画で検索してみたら、プライム会員なら無料で全話観られるみたいだったのでラッキーでした(僕は生粋のamazonプライム会員)。無料配信期間がずっと続くわけではないと思うので、観たい方はお早めに!!。

アニメ全話を観てみた感想

感想を簡潔に述べるのなら、アウトドア欲求を高める作品でした。

キャンプスタイルや考え方は、人それぞれだと思うのですが、そこをしっかりと作中で表現されてますし、登場するキャンプ道具などもリアル

内容に関しては、若干のアニメ加工(火が簡単に起きるなど)はされてますが、観ている人が、今すぐにでもキャンプしたくなるような欲求に駆られる作品であることは間違いないです

個人的に良いなと思ったのが、『身の丈にあった感じ』ということです。

主人公たちは女子高生なので、安いキャンプ道具しか買うことが出来ないのが現状です。また、キャンプ場も無料で利用することが出来るわけでもなく費用がかかるわけです。

しかし、彼女たちは目標のためにバイトをして自分たちの『やりたいこと』を達成してます。
道具も高級品などではなく、すべて完璧に揃っているわけでもないのに、それでも楽しくキャンプをしている。

これってアウトドアの本質、趣味の本質ですよね。僕はこの作品を観て、自分は完璧を求めすぎていると感じました。道具に関しても、計画に関しても。

  • 思い通りの計画=楽しい×
  • 値段が高い・便利=楽しい×
  • オシャレ=楽しい×

これだけだと語弊があるかもしれませんが『計画が思い通りにいった』から楽しいわけではないし、『いい道具を使ってる』から楽しいわけではないということです。

どれも元々楽しいアウトドアを『より楽しくするためのものなんですよね。

もし何かが欠けているのであれば、そこを技術や知識で補う事ができる。それが本当のアウトドアマンじゃないでしょうか?。

いい道具を使ったり、ただ知識があるだけでは本物になれないのだと思います。

普段アウトドアに真剣に向き合っていると思っているのに、こういうことって忘れてしまうんですね。いや、真剣に考えているぶっているだけかもしれない。

こういうことをベースにした上で、いろいろ考えなきゃいけないですよね。アニメ『ゆるキャン△』から、アウトドアについてとても深く考えさせられました。

『とても勉強になった・・( ゚Д゚)』

もちろんこれは僕の考えなので、正しいなんてコトはありません。それだけこの作品が素晴らしいということです。

また、僕は初心者にキャンプのことを説明する時、どうしても敷居を高くしてしまっている感じがあるのです。

無駄な知識を伝え、楽しいという気持ちを伝えられていない。そんな気がしていました。

今度説明するときは、『黙ってこれを見ろ!』と『ゆるキャン』を勧めようかと思います(笑)。

所詮、アニメだろ?と言われるかもしれませんが、観てもらった上で説明をすれば想いの伝わり方が違うと思います。『ゆるキャン』は十分なキャンプ教材になることは間違いないです。

最後に

『ゆるキャン△』は、初心者の方でも、ベテランの方でも何か得ることが出来る作品です。

ツイッターでも最近『ゆるキャンをみてキャンプ始めました』というフォローワーさんと繋がることが増えました。

読者の皆さんも興味のある方がいましたら、是非観てみてください。ちなみに僕は、奥さんにも勧めて家族で毎日2話くらい観てます。

DVDBlu-rayも出てるみたいですよ。

今回は以上になります。
最期までお読みいただきまして、ありがとうございました。
またお会いしましょう。

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓