【そうめん】ウォータースライダータイプの「流しそうめん器」がアツい!

アウトドア

流しそうめん

暑い季節は「そうめん」が食べたくなりますよね。

現在は色々な食べ方のアレンジがあったりするので、飽きずに美味しくたくさんの方に食べられていることでしょう。

我が家でも同じくアレンジをしているのですが、食べ方に工夫をすればもっと楽しく美味しくなります。

昔から日本で行われているのは「流しそうめん」。

流しそうめん

流しそうめん

縦半分に割った竹を利用して水とそうめんを流すわけですが、どうしても準備に手間がかかってしまいますよね・・・、絶対楽しいですけど・・・。

そこで我が家では、流しそうめん器を使用して「ラクに楽しく」、流しそうめんをしています。

ウォータースライダー型流しそうめん器」は、めちゃめちゃ楽しいです。

子どもはもちろんですが、大人でも楽しめます。

電池式になっているので、バーベキューやキャンプに持って行くこともできるのも魅力です。

実は今こういった「ウォータースライダー型の流しそうめん器」がたくさん発売され、注目を集めているので、注目商品を2つほど紹介していきたいと思います。

※本来、テーブルの周りを流れる水流でそうめんを食べるのは「そうめん流し」といいますが、この記事では特に細かく区別をしていません。

注目のウォータースライダー型流しそうめん器

ROOMMATE® ビックスライダーそうめん流し RM-83H

ROOMMATE® ビックスライダーそうめん流し RM-83H

ROOMMATE® ビックスライダーそうめん流し RM-83H

サイズ・素材・性能

  • 電源:スライダー部(単2形アルカリ乾電池×2本)ベース部(単1形アルカリ電池×2本)、乾電池は別売。
  • サイズ: 約 幅66.8×奥行35.5×高さ52.4 cm(ベース部のみだと約高さ11cm)
  • 重量: 約1.9kg
  • 材質: ABS樹脂

スライダーの全長は260㎝・高さ52㎝となっていて、そうめんがくるくる回りながら大迫力で流れます。

カラーは選べるグリーンとブルーの2色。

電源は乾電池を使用するので、屋内だけでなく屋外でも使用が可能で、キャンプやバーベキューの際など一緒に楽しむことが出来ます。

本体はスライダーを取り外して使うこともできるので、場所がないところでも使用が可能です。

rn83hベース部

ベース部のみでも使用可能

ビッグストリーム そうめんスライダー ギャラクシー

ビッグストリーム そうめんスライダー ギャラクシー

ビッグストリーム そうめんスライダー ギャラクシー

サイズ・素材・性能

  • 本体サイズ:W 792mm×H 217mm×D 460mm 重さ: 2,500g
  • パッケージサイズ:W 675mm×H 370mm×D 170mm
  • 電池:単1アルカリ乾電池3本使用

ビッグストリーム そうめんスライダー ギャラクシー』は、タカラトミーが2013年から発売を続けている「流しそうめん」玩具シリーズの9作目です。

驚いたのは、従来の上から下に流れる「流しそうめん」の常識を覆し、そうめんが下から上に昇り流れる“無重力機能”を搭載していることです。

通常は流れ落ちるか、回りつづけるかがほとんどの「流しそうめん」の世界ですが、“昇流“という重力に反する動きを追加することで、そうめんがインフィニティを描く不思議な”無重力流しそうめん”マシンとなっています。

テーマは「宇宙」、「地球」と「火星」をモチーフにしていて「NPO法人 日本火星協会」監修のもと、「火星」と「地球」の関係性をしっかりと表現したこだわり仕様となっています。

「地球」を模した「アースドーム」のまわりを「インフィニティ水路」が走り、水路に隣接した「マーズタンク」という「火星」の形をしたウォータータンクに氷を入れて水を循環させることで、常に冷たい「流しそうめん」を楽しむことができます。

さらに従来の流しそうめんシリーズとのドッキングも可能となっています。

単体で“無重力流しそうめん”を楽しむほかに、シリーズ初の“ドッキング機能”にも対応しており、従来より発売している『ビックストリーム そうめんスライダー エクストラ』などと合体することでさらに楽しめる仕様となっています。

我が家が持っているのは「ビックストリーム そうめんスライダー エクストラ」。

合体“と聞くと男心が反応してしまう・・・・(笑)。

この2つのそうめんスライダーが合体した姿は大迫力でしょう。

見ているだけでも楽しめそうですね。意味ないけど(笑)

最後に

魅力的な「スライダー流しそうめん器」ですが、スライダー型は特に値段が高額だったりします・・・・。

我が家もかなり以前から「欲しい」と思っていたのですが、欲しい流しそうめん器が1万円以上していたので手が出ませんでした・・・・。

ビックストリーム そうめんスライダー エクストラ」が発売して、価格的には大幅に安くなり、子どもも欲しがったので購入できるかと思いきや、「そうめんに何千円も使うの?」という話になり断念・・・・・しましたが、おばあちゃんが孫のために買ってくれました。

今回紹介した「ビッグストリーム そうめんスライダー ギャラクシー」と合体させたいですが、また子どもが欲しがり、おばあちゃんが買ってくれないと、我が家では実現できないと思います(笑)。

あわせて読みたい記事:

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓