【植物観察】初心者が金木犀(キンモクセイ)・山茶花(サザンカ)をベランダで育ててみる

鉢植えトップ
Pocket
LINEで送る

「キンモクセイ」と「サザンカ」の鉢植え

読者のみなさん、どうも。
Fujiyaです。

先日、地域の春の桜イベントに行ったら、「緑化活動」ということで金木犀(キンモクセイ)と山茶花(サザンカ)の苗をもらいました。

キンモクセイの苗

Fujiyaが最後に育てた植物は、社会人になりたての時に「ガジュマル」という観葉植物です(社会人として一緒に大きくなろう的な意味で育ててた)。精霊が宿るともいわれている木です。

2年くらいは順調に育っていたのですが、転職をした時に引越し先が寒い地域で環境が変わったのが原因なのか、枯れてしまいました・・・(この時に新社会人の純粋さも枯れた)。

そんなトラウマ?の様なものがあって、それ以来植物は育てていませんでした。

まあ、あの頃から月日が経過して、自分自身も少しは成長したと思うので、この機会に再挑戦してみたいと思います。

準備するもの

鉢植えの道具

ネットで鉢植えの方法を調べてみると、キンモクセイ・サザンカのどちらも、鉢植えより庭植えする方が一般的みたいですね。

鉢植えできないってわけじゃなさそうですが、初心者には色々と難しい部分があるのかもしれません。

ですが。。。ダメならダメでそれまで、とりあえずやってみます(笑)

どうか暖かく見守ってやってください。

植木鉢

8号〜12号くらいのものがいいということでホームセンターに探しに行ってきました。

近くのホームセンターには”号”なんて表記がなく、店員に聞いても「本来は庭に植えるものだから・・・」と言われて頼りにならなかったので、直径が30センチくらいの大きいプラスチック製の鉢を2つ購入してきました。

成長が早いので大きめのサイズの鉢を使います。でも、大きすぎると水がたまって根腐れしやすくなるらしいです。素人には判断が難しいですw

土・腐葉土・鉢底石

土と腐葉土を7:3の割合で混ぜて使います。

土・腐葉土・鉢底石は、全てホームセンターに売っています。土は「赤玉土」を用意しました。

鉢植えレポート

鉢植え開始

鉢の底に「鉢底石」を2センチくらい入れます。

その上から土を入れていきます。そして、苗を入れてさらに土をかけ、しっかり苗を固定。

最後に水やり。

手順はとても単純で簡単ですね。

花は咲くのだろうか?

鉢植え

自宅の2階のベランダで育ててみようかと思います。

キンモクセイ・サザンカ共に花を咲かせる植物なので、いつ花が見れるのか楽しみです。

キンモクセイの花の匂いはいい香りがするので好きですし、香水や入浴剤なんかにもできるらしいです。

サザンカはたくさんの種類があるらしく、種類によって花が白花・ピンク・八重咲き・大輪咲きなどバリエーションがあるみたいです。僕のは一体どんな種類なんでしょうか。

今後は観察レポートを記事にしていきたいと思います。

今回の記事は以上になります。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
またお会いしましょう。

あわせて読みたい記事:

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

1988年群馬県出身。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す