ワークマン=”作業着”はもう古い。アウトドアファッションの野外わくわく『ワークマン』。

ワークマントップ
Pocket
LINEで送る

読者のみなさん、どうも。
Fujiyaです。

あの”暮らしワクワク『ワークマン』”が初めてアウトドアファッションの専門店を東京都立川市にオープンさせたそうです。

ワークマンて”作業着”っていうイメージが強いと思うのですが、とても面白い発想ですよね。

僕の住む群馬県の田舎地域でもワークマンがありまして、
仕事で履いている靴やDIYする時の作業着はワークマンで買ったものです。

ワークマンの商品は”超コスパ良い”ですよね。

安くて丈夫。
まさに今の時代が求めているものだと思います。

関連記事:
アウトドア派に軍配!!『この夏のアウトドア・キャンプに関する調査』

今回はこの”ワークマンのアウトドア店舗”の紹介をしていきたいと思います。

お時間ありましたら、最後までお付き合いください。

アウトドアファッション店舗『ワークマンプラス』

工事

「ワークマン」はさまざまな作業用品の専門店で、
安全靴や作業着、防塵マスクなど、まさに”作業現場”っていう感じの商品が多いイメージ。

2018/9/5に、東京都立川市の「ららぽーと」にオープンしたのは”作業着”のイメージとは全く違う、オシャレな”アパレルショップワークマン”その名も『ワークマンプラス』。

店内は、大型ショッピングモールにあるオシャレなアパレルショップで、今までのイメージとは全く異なる雰囲気

現在、このお店で取り扱っている商品の9割が、従来型のお店と同じものです。
今ある商品を作業用”だけでなく”アウトドア用”として意識を変えていこうというビジネスプランなのだと思います。

現在一番の人気商品となっている「レインウェア」も元々は工事用に製作されたそうなのですが、バイカーが使い始め、人気商品になっていったのだとか。

すでに僕はワークマンで売っている作業着やレインウェアなんかをアウトドアで使用しています。
だって、安いし丈夫ですからね。

工事用の服が、アウトドアファッションになるのか?
と思われる方もいるかもしれませんが、全然違和感ないですよ。

今って”インスタ映え”とかで、有名メーカーのオシャレ衣類や道具が注目されることが多いけど
個人的には”実用的”な物の方が魅力を感じます。
(ブルーシート万歳!)

ですので、
「ワークマンプラス」でしか買えないという商品は今のところ無いようなので、
同じものを全国の825店舗で売っているそうです。

気になる方はお近くのワークマンに足を運んでみるのはどうでしょうか。

今後は2、3年の間にこの新しい店舗を、全国に約100店舗に増やして、アウトドアウエアの市場に挑戦していくそうです。

楽しみにしてますよ。
ワークマンさんw

今回の記事は以上になります。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
またお会いしましょう。

参考記事:
TOKYO MX NEWS『作業服「ワークマン」が新業態 アウトドアで若者客つかめ!

心形流Zへの入門』としまして、ブログ更新をした際にメールにてお知らせする”購読者登録”が出来るようになりました。

※登録しても、管理人や他の人にメールアドレスが分かってしまうこともありませんし、解除もすぐに出来ますので、よろしければ登録をお願いいたします。

☆ご希望の方は、コチラをクリックしてください。


他のアウトドア関連記事はコチラ

 

 

 

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

29歳。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す