『ゆるキャン△』に登場したキャンプ飯が実際に作れる・食べれる!?最新グッズ。

片付け
Pocket
LINEで送る

読者のみなさん、どうも。
Fujiyaです。

みなさんは『ゆるきゃん△』では、どのキャラがお気に入りでしょうか?

僕は・・・・『リンちゃんのおじいちゃん』か『なでしこのおねーちゃん』かなw

以前の記事で『リンちゃんの焼肉セット』などグッズを紹介してきましたが、新たにリンちゃんのグッズが出るようなのです。

今回は、主にリンちゃん(志摩 リン)にスポットを当てながら、グッズのご紹介をしたいと思います。

お時間がありましたら、今回も最後までお付き合いください。

ゆるキャンを知らない方・他のゆるキャン△関連記事はコチラ

リンちゃん(志摩 リン)とは?

ゆるキャン△』の主人公の一人で、16歳の女子高生。誕生日は10月1日。

小学生に見間違われるくらいの小柄な体格をしていて、髪の毛をいつもお団子にしているキャラ。

キャンプ道具をおじいちゃんからもらったことで、中学生からキャンプを始めたとのこと。

しかし

ソロキャンプがメインのため誰かと一緒にキャンプをしたという経験がなく、作中で他のキャラクターと出会うことでグループキャンプなどの良さを知っていく。

キャンプ場で静かに一人の時間を過ごすことに魅力を感じていて、基本的に秋冬季にしかキャンプをしないというスタイル。

運転免許を取得してスクーターの「ヤマハ・ビーノ」で県外のキャンプ場でもソロキャンプをしています。

愛用のテントは『モンベル・ムーンライトテント3型』。

中学生の女の子が、完全一人でキャンプを始めるという設定がナカナカですよね(笑)

「ゆるキャン△~ カレーめん~」登場。

TVアニメ第1話でリンちゃんが、なでしこに振る舞った“カレーめん”が商品化されるようです。。

実は、僕も1話に影響されてキャンプにカップヌードルの『カレー味』を持っていきました(笑)

さらに第5話で『豚骨粉末スープ』が隠し味のカレーが登場しているのですが、

その再現ということで、『豚骨粉末スープが封入されている』らしいです。

おまけとして全5種のキャラクターオリジナルステッカーも1枚封入していたり、付属の応募券を貯めて送ると、抽選でカードゲーム『ゆるキャン△~どこでもテント張り!~』が当たるということもあるようです。

発売は、7月21日(土)。

販売する店舗は、AKIHABARAゲーマーズ本店、アニメイト主要店舗(一部店舗を除く)、マチ★アソビカフェ各店、山梨県浩庵キャンプ場、amazonなど。

イベントでの先行販売もあるようです。

売れ行きによっては、コンビニとかでも売るのでしょうか?

最初の段階では、なかなか気軽に買えない感じがするけど。

リンちゃんの焼き目がつけられるホットサンドメーカー。

リンちゃんの顔アイコン型に焼き目を付けられるホットサンドメーカ ーが登場するそうです。

作中でもリンちゃんが、ホットサンドメーカーを使用して豚まんプレスしてますよね。

ホットサンドメーカーは、片面だけを使用してフライパンとしても使えますので、とても便利です。

僕もほぼ同じ形のものを持っており、ソロや2人くらいのキャンプであれば使用することが多いです。

ホットサンドは、1つずつしか作れないので、多人数分を焼くとなると時間がかかって大変だったことがあります(笑)

金物で有名な新潟県燕市製だそうです。内側はフッ素樹脂加工が施され、こびりつきにくくなっており、裏表取り外しが可能でお手入れしやすい蝶番仕様です。

発売は2018/9月で、ホビーストックWEBショップのみでの限定販売なので欲しい方は要チェックです。

予約は既に受付中のようです!!

最後に

今回は、『ゆるキャン△』の更に突っ込んだ内容を書かせて頂きました。

わからない人には、全くわからない内容ですよね。すいません(笑)

『ゆるキャン△』を見たことない人には、是非観ていただきたいです。

ウソかホントなのか分かりませんが、リンちゃんが乗っているスクーターのVinoも、

リンチャンと同じカラーは人気で売り切れてしまっているとか。

使用した物が、人気で売り切れるなんて、まさにスーパースターですね。

ちなみに僕も通勤でVinoに乗っていますが、これは特に影響されたわけではありません(笑)

今回は以上になります。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

またお会いしましょう。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

29歳。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す