必修!?アウトドア用語『あ』

Pocket
LINEで送る

アウトドア用語『あ』

アウトドア(outdoor)

英語では、単に「屋外」という意味になるが、日本語では一般的にキャンプなどの「屋外活動」のことを表している。英語で「屋外活動」は「アウトドア・アクティビティ(outdoor activity)」というので、海外に行った際は気をつけましょう。

関連記事:アウトドア関連記事まとめ

アカウシアブ

大型のアブ。外見がスズメバチに非常に似ている。刺されると痛みと強いかゆみがある。黒や赤に寄ってきて、熱や二酸化炭素にも反応する。

関連記事:バンガローキャンプ・アウトドアを満喫。ほたか牧場キャンプ場 in 群馬県片品村

アニサキス(anisakis)

寄生虫の一種。サバ、アジ、イカ、ホッケなどの魚介類の内臓に寄生している。寄生している生鮮魚介類を食べてしまうことで、 アニサキス幼虫が胃や腸の壁に潜り込もうとし『アニサキス症』と呼ばれる食中毒を引き起こす。加熱や冷凍に弱いため予防処置が重要となってくる。

関連記事:【食中毒のコワい話】キャンプやバーベキューで注意!『アニサキス』

アヒージョ

元々スペイン語で「刻んだニンニク」という意味の言葉。オリーブオイルとニンニクで煮込む料理。日本では、「アヒージョ」というが、アヒージョはニンニク自体のことであり、料理のことは正しくは「食材名+ アル アヒージョ」という。たとえばエビを使用する場合は「ガンバス(エビの意味) アル アヒージョ」となるらしい。素材は魚介類を中心にエビ、マッシュルーム、鶏肉、野菜など様々で、熱が通った食材と一緒にバゲットなどでオリーブオイルに浸しながら食べるのが一般である。

関連記事:バンガローキャンプ・アウトドアを満喫。ほたか牧場キャンプ場 in 群馬県片品村

Pocket
LINEで送る