【防災】「防災の備え」と「おすすめ防災グッズ」

防災グッズトップ
Pocket
LINEで送る

防災の備え

みなさんは、”いざ”という時のための「防災の備え」をしていますか?

先日、Fujiyaは自治体が行っている災害対策の研修に参加してきました。

日本中どこに住んでいても災害に遭う危険はありますが、僕の住んでいる地域の近くにも”断層”があり、今この瞬間にも大きな地震が起こる可能性があるのだとか・・・・。

住んでいる国が、災害大国”日本”である以上、分かってはいた”つもり”なのですが、今の意識のままじゃダメなことが良く分かりました。

僕も家族を持って数年経ちますが、未だ具体的な備えはしていません。

大事な家族がいるのに、無責任なのかな・・・・。

実際何が必要なのか?

防災グッズは以下の物を”最低限”用意しておく必要があります。

  • 飲料水
  • 保存食
  • 防寒具・雨具
  • ラジオ・懐中電灯
  • 軍手
  • ホイッスル
  • 救急セット

飲料水

人間が生きていく上で必要な物の一つですね。

映画「サバイバルファミリー」でも被災地が水不足になり、お店の水の値段が高騰したり、水を求めて人同士が争っていました。

備えに限度はありますが、最低限確保しておくことは必要だと思います。

どこかから水を汲んでくることも想定して、「折り畳みのボトル」なども用意しておくといいですね。

あわせて読みたい記事:

保存食

飲料水と同様になくてはならないのが”保存食“。

サバイバルでもタンパク質の摂取は、生き延びる上で重要事項になってきます。

被災時はガスや電気は使えないので、すぐに食べられる乾パンや、缶詰なども用意しておくのがベスト。

アウトドアに興味がある方なら今の内から「食べられる野草」に身の回りにある食べられる食材の知識を勉強しておくのいいかもしれません。

あわせて読みたい記事:

防寒具・雨具

寒い季節でも対応が出来るようにカイロや毛布を用意。

毛布は、かさばるので登山用品店なんかで良く見かけるアルミシートを入れておくのもいいですね。

雨が降ってきた時の「カッパ」「レインコート」なども必需品です。

ラジオ・懐中電灯

東日本の震災で必要性が高まった「ラジオ」。

ラジオは、手回し式やソーラー式など電池の必要ないタイプを防災用として備えておくのがベストです。

最近では、「ラジオ」「懐中電灯」「USB電源」など”多機能ラジオ”も発売されているのでおススメです。これをキャンプで使っているキャンパーも見かけたことがあります。

あわせて読みたい記事:

軍手

災害時は瓦礫や物を運んだりする作業が多いので、安全のために軍手をしましょう。

防寒対策にもなるので、最低限家族の人数分は用意したいところです。

災害時は、ガラスが落ちていたりして素足での歩行は危険です。また、避難所で使えるスリッパなど「内履き」があると非常に便利です。

ホイッスル

災害時は自分の身を守ることが最優先とされているので、緊急事態の時に周りに危機を知らせられる手段も必要です。 

「ホイッスル」は、簡単に大きな音で周囲に危機を知らせることが出来るので備えておきたいアイテムです。

こちらも家族分用意しておくのがベスト。

救急セット

キャンパーなら備えている人も多いはず。

消毒液やバンドエイドに加えて、固定や止血などに使える三角巾もあると便利です。また、災害時は砂埃も多いので、防塵のためのマスクもあったほうがいいですね。

自分のオリジナル防災バッグを作る

上記の物品を完璧に備えたいっても”十分“とは言えません。

あくまでも最低限の備えです。

これに加えて、自分の状況にあわせて物品を充実させる必要があります。

まさに『備えあれば憂いなし』です。

おススメの防災バッグ

自分の状況に合うように防災グッズを一つずつ考え、揃えることも必要ですが・・・・。

これでいいのか?」と不安になることもありますし、個々に揃えるとなると費用もそれなりにかかってしまいます。 

そこで必須の防災用品がセットになっており、現在人気となっている防災バッグを紹介したいと思います。

オリジナル防災バッグOTE(On The Exit)

こちらは今話題となっている「OTE(On The Exit)」という防災バッグです。

ミヤビワークスという会社が開発したこの防災バッグは、クラウドファンディング「CAMPFIRE」で多くの人の支持を受け 279%を達成しました。

各家庭での必要性が認識されている「防災バッグ」ですが、家庭内では多くの方々が防災用品の置き場に困っていて、いざというときに使えない場所に防災用品が片付けられてしまっているということがあります。また、そのようになることを危惧して、家庭用防災用品を購入していない方が多いことが指摘されています。

必要だという認識はありながらも、普段は使うものではないから”邪魔“にってしまうということですよね。

『それでは意味がありません・・・・でも、気持ちは分かる』

そのニーズに応えたのが「OTE」となります。

玄関扉に取りつける防災バッグ「OTE(OnTheExit)」!!

驚くべきは、玄関扉に取りつける新しい収納方法の防災バッグという事です。

強力な磁石で玄関などに取り付けることができます。

単純な仕組みの様な気がしますが、実はこれは業界初の試みです。

バッグの外観は玄関やインテリアの雰囲気を壊さず生活空間に溶け込むプロダクトデザインとなっていて、シンプルでカッコイイです。

カラーは、「チャコールグレイ」「チョコレートブラウン」の2色となっています。

防災グッズ内容

  • 防災用キャップ
  • 強力ヘッドライト
  • 乾電池
  • 防塵マスク
  • ポケットレインコート
  • 軍手ブラック(MWロゴ入り)
  • 非常用手回し充電ラジオライト(MWロゴ入り)
  • 緊急用ホイッスル
  • 5年保証-超防災用ウエットティッシュ
  • 救急セット エイドチーム2
  • 5年保存 高賀の森水
  • 5年保存 生命のパンあんしん-オレンジ
  • レスキューシート

バッグの中には、発災から約1日間避難所にたどり着くまでに必要かつ、十分な防災用品13点がコンパクトに収納されています。

バッグの中のリュック用のベルトのフックをバッグD環に引っ掛けるだけで、すぐにバッグを背負う事ができ、緊急時に本人の情報や避難場所を記載しておける情報表示シートで、スムーズな避難や大切な方との連絡に役立つようになっています。

多くの人が支持

上記までの説明で「OTE」が、いかに優れているのか理解して頂いけたかと思います。

多くの方の支持を受け、芸能人でも100%達成するのが難しいといわれるクラウドファインディングで279%を達成しました。

また、各種新聞やラジオ、テレビでも多数紹介されており、現在”大注目の防災バッグ“となっているわけです。(メディア掲載情報一覧)

大切な家族を守るために、離れて暮らす家族への贈り物としても良いプレゼントになると思います。

新しい収納方法の防災バッグ ─ OTE (On The Exit) ─

 

最後に

恥ずかしながら、今まで防災については深く考えてきませんでした。

正直に述べると、キャンプ経験が少しばかりあるのでガスや電気などが使えなくなってもなんとかやっていけるような考えが頭の中にありました。

しかし、実際の被災地は壮絶で、僕の考えはとても甘いものだったことを感じました。また、とても危機感を覚えました。

今後改めて防災について考え・適切な備えをしていきたいと思います。

あわせて読みたい記事:

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

1988年群馬県出身。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す