【マナー】気を付けたい!『キャンプ+音楽』の”マナー”

音楽マナー
Pocket
LINEで送る

キャンプマナー

読者のみなさん、どうも。
Fujiyaです。

最近は”キャンプブーム再燃”と言われることもあります。

いつのまにか再燃?(笑)

需要がたくさんあるからなのか、キャンプ場が乱立したり、様々なアウトドアイベントが行われたりと業界自体が生き物のように日々動いているのがよくわかります。

また、多くの方がキャンプをするようになりマナーの問題が話題になることも増えました。

マナーの問題は、さまざまな事柄が複雑に絡み合っていることもありますので一概にどっちが悪いと言えない事も多いです。

楽しみ方は人それぞれですから。

今回の記事では、マナーの中でも”音楽”に焦点をあて『自然の中で気持ち良く楽器を弾きたい・音楽を鳴らしたい』という人に向けて”気を付けたいこと”を書いていきたいと思います。

お時間ありましたら、最後までお付き合いください。

基本的には”自由”

一般的な常識で、自然の中では”静かに過ごすもの”ということで認識されていることが多いかと思います。

なので、音楽を鳴らすのは、マナー違反だと言われる方も中にはいます。そして、音楽を鳴らす・楽器を弾く側が悪いという偏った見方をする人も結構います。

しかし、実際は音楽を鳴らすのも楽器を弾くのも、基本は”自由”なのではないでしょうか。

もちろん、その場所にルールがあるというのであれば別ですけどね。

どちらが悪いということは、本来であれば無いのです。

一方が気を配るのではなく、両者がお互いに気を配る必要があると僕は考えます。

弾く側・鳴らす側が気を付けること

大きく分けると、やはりこの4つではないでしょうか。

  1. 時間帯を考える。
  2. 音量を考える。
  3. ルールの事前確認をする。
  4. コミュニケーションをとる。

以下にそれぞれの解説をしていきたいと思います。

時間帯

当たり前の事ですが、近くに他のグループがいるのにも関わらず、真夜中に演奏したり、音楽を鳴らすのは”NGです。

山のキャンプ場であれば、登山目的でキャンプをしている方もいます。

登山目的の方は、早朝出発されるので早めに就寝をされる方が多いです。

早い方では20時には就寝します、そういった方たちへの配慮は忘れてはいけません。

楽器をプレイ・音楽を鳴らすのであれば、”昼間の時間帯”がベストだと思います。

夜はできるだけ最小限にしてください。

音量

こちらも当たり前のことですが、あまりに大きな音量だと周りのグループに嫌な思いをさせてしまうかもしれません。

しかし、実際には『うるさい』と思うこと自体、受け取り方の価値観と考えます。

プレイヤー側が周囲に気を使って音量を最小限にしていても、うるさいと注意されてしまうということも十分にありえます。

僕にも経験があります、残念ですが注意されたら速やかにやめましょう。

あわせて読みたい記事:

ルールの事前確認

これは有料のキャンプ場などを利用する際に、受付の際に『音楽は鳴らして良いのか?』『楽器は弾いて良いのか?』など確認をすることがトラブルを回避できる方法です。

ルールがある以上、ルールに沿ってキャンプ場を利用することが非常に重要です(当たり前ですけどね)。

破ってしまえば、そのキャンプ場を再度利用できなくなってしまう可能性がありますし、『やっぱり音楽を鳴らすヤツが悪い』となってしまいます。

コミュニケーションを取る

キャンパーの間でも、テントとテントが近いのであればお互いにコミュニケーションを取るなど気を配ります。

楽器を弾く・音楽を鳴らすのであれば、近くのキャンパーとコミュニケーションをとるということは重要です。

事前に一言伝えておくことでトラブルを回避できると思います。

最後に

今回は、主に音楽を鳴らす側の目線で「キャンプ+音楽」で”気を付けたいこと”についてまとめてみました。

重要なことは、たとえ自分に非が無くても”注意されたら速やかに中止することだと思います。

悲しいですが、絶対に分かり合えない人もいるのが現実です・・・・。

気持ちは分かりますが、反抗すれば”我々音楽好きの肩身が狭くなってしまう”そして、”せっかくのキャンプがつまらないものになってしまう”ことになります。

いつか分かりあえる日が来ることを願いましょう。

今回の記事は以上になります。
最後までお付き合いありがとうございました。
またお会いしましょう。

あわせて読みたい記事:

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

1988年群馬県出身。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す