【ヘッドライト】喉に骨が刺さったら「ヘッドライト」が一番。

アウトドア

喉に骨が刺さった

今日は8/12、一般的には”お盆シーズン”ということで実家に帰省される方も多いと思います。

『家族みんなでバーベキューなんて良いですね』

くれぐれも帰省などされる方は道路も混雑しているようなので、事故にはお気をつけください。

今回の記事なのですが、僕は昨日夕飯に”鮭の塩焼き”を食べました。しかし、その後から喉の調子がおかしくなりました・・・・。

どうやら鮭の骨が喉に突き刺さってしまったようです( ;∀;)

指で取ろうとしてみたり、水を飲んでみたり、お米を食べてみたりしたのですが。

ウォエ・・・オエ・・』っとなってしまい、どう足掻いても取れず、昨日はそのまま就寝。

朝起きても、当然喉の骨もそのままで、自然に取れる気配が無い・・・。

『病院に受診したほうがいいかな?』と思い始めたのですが、あるキャンプの道具のおかげで救われましたので紹介したいと思います。

今回も最後までお付き合いください。

喉の奥にある魚の骨の取り方

発見まで

喉の奥に魚の骨が刺さった感じは改善されず、そのまま数日過ごしました。

何をしている時もストレスを感じていました。

「放っておけば自然に溶けるのかな?」とも考えたのですが、骨が溶けるってナカナカ無い感じがします。

以前に知り合いの看護師さんから、喉に食べ物が挟まってしまって受診した患者さんがいる“と聞いたことがあったので、僕も病院に受診して取り出すしかないのか・・・・と考え始めていました。

色々考えているうち、「本当に骨が刺さっているのか?」と不安になってきました。

「実は別の物が挟まっているのでは?」「実は病気?・・・」

とりあえず姿見で口の中をのぞいてみました、喉を奥は暗くてよく見えません。

そこでヘッドライトを付け照らしてみたところ・・・・。

思った以上に良く見える!!

しかし、パっと見では異物はありません。

よーく見てみるとハリガネのような細い骨を発見(笑)。

これか!

取り出し

さて、発見できたのは良いのですが・・・・『これをどうやってとるのか?』ということが、次の問題になりました。

指で取ろうとしても、『オエー・・・・』っとなってしまう。

考えた末、子どもが使っている”エジソン箸”を使ってみることにしました。

エジソン箸

これを口の中に突っ込んで、ピンセットの様に挟んで引っこ抜いてみると・・・・。

なんと成功!!

長かった苦しみからようやく解放されました・・・・・。

取り出した骨が下の画像です。

魚の骨。

大体2.5㎝くらいありました。

結構長いです!ふざけやがって!!(笑)

こんなに魚の骨に苦戦するとは思いもしませんでした(゚Д゚;)

「ヘッドライト」と「エジソン箸」があってホント良かった・・・、知恵袋に載せたいくらい(笑)

みなさんも喉に骨が突き刺さった時は、「ヘッドライト」と「エジソン箸」を使ってみてください。

実際には、ヘッドライトじゃなくても懐中電灯でいいと思いますが、一人で作業するのなら両手が使えるヘッドライトの方がおススメです。

エジソン箸はピンセットでも代用可です。

今回は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
またお会いしましょう。

あわせて読みたい記事:

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓