キャンプでポケットモンスターシリーズの最新作が家族で出来る!

家族キャンプでポケモン
Pocket
LINEで送る


読者のみさなん!どうも
Fujiyaです。

今回は、アウトドアではなく『ポケモン』の話題です。

『ポケットモンスター』シリーズの最新作
Nintendo Switch向けソフト

『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』
『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』

が発表され、発売日が2018年11月16日に決まりました!!

『え?何?』

という方はコチラをご覧ください。

僕は、一昨日この動画を観て、鳥肌が立ちました(゚Д゚;)

スイッチでポケモンシリーズが出るって話は聞いていたのですが、
正直、もっと先の話だと思ってました。

個人的にスイッチだけでも、かなり良い評価しているのに
『すばらしいとしか言いようが無い』

実際どんな感じになるのか?

動画の感じだとゲームボーイからプレイしてきたRPGのポケモンの任天堂スイッチ版という感じがします。

どうやらカントー地方がベースなようですね。

動画で印象に残ったのは・・・

  • 2人協力プレイが出来る。
  • モンスターボールのジョイコン(モンスターボールplus)が発売される。
  • ポケモンGOと連動している

2人プレイができるなんてことは、今までになかったですからね。
複数人で楽しめるというのは新しいです。
この間のキャンプでもスイッチをやって、とても家族で盛り上がったので
今からとても楽しみです。

家族キャンプでスイッチ
家族キャンプでスイッチ

ニンテンドースイッチは、キャンプにも持っていって家族でプレイできるのでホント最高です。興味ある方は、絶対購入したほうがいいです!!

モンスターボールplusは、無くてもプレイに支障はなさそうですが
ファンなら当然購入することになるでしょうね。

※2018/6/21(追記)
モンスターボールプラスは、PokemonGO+としての機能があるようです。

ゲットしたポケモンのそれぞれの泣き声が聞けたり
好きなポケモンを選んで、モンスターボールのジョイコンにいれて出かけられるみていです。さすがに発想が面白いですよね。

ポケモンGOとの連動もびっくりですね
まさかこんな形になるとは・・・。田舎はポケモンGOがやりづらいので少し複雑です。

今回はカントーのポケモンのみという制限があるみたいですが
今後広がっていくんでしょうね。

『正直いうと、最近はあんまりポケモンGOやってない( ;∀;)』

『レイドバトル?何?』

これを機会に復活しようかなー(゚Д゚;)

少し疑問なのが3DSシリーズとは、まったく関係なく進めていく感じなのでしょうか?

2019年後半にもスイッチ版でポケモンの新作が出るという話なんですが・・・。

スターウォーズの『ハン・ソロ』みたいにブランド疲れにならなきゃいいですけどね。。

それにしても気になるのは、予約開始日ですね。

予約をしてないと100%損するパターンな気がします。ソフトはダウンロード版があるので大丈夫かもしれませんが、『モンスターボールplus』の方は、最初は間違いなく品薄状態になるでしょうね。

発売が11月16日なので、例年の感じだと7月には予約開始になるのかなー。

7月はポケモン映画最新作の公開もあることですしね。

『風のルギア』前売り券
『風のルギア』前売り券

非常に気になるとこですが、今日はこの辺にしておきます(^.^)

読者のみさなん最後までお付き合いありがとうございました!

では、また(^^)/


※7/19追記

  • 『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』
  • 『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』
  • 『モンスターボールplus』

ついに、7/13(金)から予約が開始されましたね!

アマゾンで海外版?みたいな本当なのかどうかも分からないものが、販売されてますが・・・・。

みなさん間違って買わないようにしてくださいね・・。

ちなみに僕はポケモンセンターオンラインで購入しました。(限定の特典もついているので)


心形流Zへの入門』としまして、ブログ更新をした際にメールにてお知らせする”購読者登録”が出来るようになりました。

※登録しても、管理人や他の人にメールアドレスが分かってしまうこともありませんし、解除もすぐに出来ますので、よろしければ登録をお願いいたします。

☆ご希望の方は、コチラをクリックしてください。


他のアウトドア関連記事はコチラ

 

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

29歳。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す