【ソロバーベキュー】「焼き鳥」と「ローストビーフ」を作る

肉肉トップ。
Pocket
LINEで送る

「焼き鳥」と「ローストビーフ」

読者のみなさん、どうも。

一人で居ると、時間を持て余してしまうダメ男のFujiyaです。

現在、奥さんがお産のために実家に帰っており、休日を一人で過ごしています(もうすぐ出産予定日なので、”いざ出産”に備えキャンプは行きません)。

髪を切りに行ったり・・・とにかく時間を持て余しております・・・・。

そして、いつもの”キャンプに行けない=自宅でBBQ”という感じになってきました(笑)

やりたいことは、たくさんあるのですが””に走ってしまいます・・・だから、太っちゃうんだけど。

料理のレシピは、”焼き鳥”と”ローストビーフ”です。

ちなみに、お酒は無し・・・。

お時間ありましたら、最後までお付き合いください。

「炭おこし」と「道具」

ケリーケトル”のファイヤーベースを利用して、炭をおこします。

炭おこし。

少量の炭しか入らないので、今回は豆炭を使用します。

大きいサイズのものは、割ったりして小さくします。

着火には、ガストーチ。

網は、100円ショップで買ってきた”小さい網”。

ダイソーの網。

用意する道具が少ないので、準備はとても簡単です。

調理開始

焼き鳥

さっそく調子開始!っと思ったら・・・肉を”解凍”していない・・・・。焼き鳥凍ってる。

仕方がないので解凍させながら焼いていきます。

中まででムラなく焼けるようにじっくり遠火で!!

時間はかかるけど、それも美味しく食べるための良いスパイスとなります。

焼き鳥

時間はかかったけど、やっぱり美味い!!!超ウマい!!!

焼き鳥は焼き方は奥が深く、部位によっては気を抜くとすぐ焦げてしまいます。

あわせて読みたい記事:

ローストビーフ

ローストビーフ

塊肉を見ると興奮してしまうのはなぜだろう?w

こちらも凍っていたのですが、焼き鳥を焼いている間に少しは解凍出来たかな?

でも、おそらく”芯”はまだまだ凍ったまま・・・。

なので、外面は焦げない程度に強火で焼いていきますが、中にも火が通るようにじっくり回転させながら焼き上げます。

温度計で”芯”の温度を確認し、人肌くらいになっていれば完成!

温度計。焼きあがったら、切ってみます。

この瞬間が一番ドキドキします(笑)

ローストビーフ切断。

外はこんがり、中はレア、最高に美味しそうに焼けました。

ホントは一晩くらい寝かせた方が美味しいといいますが、我慢できないので食べます。

最後に

今回料理をしてみて思ったのですが『料理の腕前上がっている・・・』(笑)。

学生の頃は、一人暮らしはしていましたが大した料理も作れなかったし、結婚してからは奥さんが料理をしているので、普通であれば腕が衰えていくはずなのに腕前が上っている・・・・。

きっとキャンプやバーベキューなどアウトドアをするようになってから、自然と料理の腕前が上がっ田のだと思います(まあ、自分で思っているだけですけど)。

すばらしきかな”アウトドア”

今回は以上になります。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
またお会いしましょう。

あわせて読みたい記事:

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

1988年群馬県出身。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す