【日本をゆっくり走ってみたよ】ソロキャンプ・旅に行きたくなる!?話題のAmazonオリジナル作品を観てみた。

日本をゆっくりトップ
Pocket
LINEで送る

日本をゆっくり走ってみたよ

読者のみなさん、どうも。
Fujiyaです。

今年も8月に入りました。

8月というと各地域で”花火大会”や”お祭り”が行われることが多い時期となって、SNSでも多くの方が投稿してますね。

僕の住んでいる地域でも、先週末の金土日と3日間に渡ってお祭りが開催されました。しかし、僕はというと扁桃腺が腫れ、発熱・身体の痛み・だるさなどの症状が出現・・・・ずっと寝込んでいました(笑)

天気も良くてお祭り・アウトドア日和だったのですが、ずっと家の中に閉じこもっておりました・・・。

少しでもアウトドア活動をしたかったので、アウトドア系の映画が無いか探していたところ。Amazonプライムビデオの中に『日本をゆっくり走ってみたよ~あの娘のために日本一周~』(Amazonオリジナル作品)という作品を見つけました。

はじめはタダのバイク旅モノなのかと思って、観るつもりは無かったのですが、ソロキャンプ感が感じられるの下の画像を観たとたんに観たくなってしまいました(笑)

『バイク旅をやってみたいな』と思っている僕にとって当然面白かったのですが、”モトキャンプをこれから始めよう”キャンプしながら旅したい”と思っている方は絶対勉強になりますし、一歩踏み出せない!”という人にも始めるきっかけになるのではないかと思います。

今日は、そんなAmazonオリジナルドラマ『日本をゆっくり走ってみたよ』の紹介をしていきたいと思います。(ネタバレは出来るだけ無しで)

お時間ありましたら、今回も最後までお付き合いください。

作品概要

日本一周してあの娘にふさわしい強い男になる!

32歳の主人公でマンガ家・吉本浩二が、バイク(YAMAHAセロー250)で日本一周を目指す主人公=作者の実録漫画が原作の話です。

第1話が配信されたのは2017/10/20で全14話構成。

出演をされているのは、濱田岳さんや本仮屋ユイカさんなど、他にも豪華メンバー多数・・・普通にテレビで放送してもいいんじゃないかというレベルです。

Amazonってすごいな・・・。

主人公の旅の目的は、『好きな女の子のために』で、決してキャンプや自然が好きなわけでは無いです。

元々不器用な性格の主人公は、好きな子に告白するために”自分を変えたい”という思いで一人旅を決心します。困難を乗り越えながら、旅を続ける中で”一人旅という環境”や”人との出会い”、””によって彼は変わっていきます。

一人旅の過酷さなどが作品の中で感じ取れます。半では主人公のアウトドアスキルが向上していく様子も魅力の一つです。

彼は無事に旅を終え、目的を果たすことはできるのでしょうか?多くの方に観ていただきたい作品です。

原作は漫画

ゆるキャン△の時も同じだったのですが、漫画の存在を知ったのは映像作品を観てからで、それまでこの作品を全く知りませんでした。そして、漫画はまだ読んでません。近いうちに読んでみたいと思っています。

考えてみれば、漫画が面白いから映像作品になるので、漫画が面白いのは当たり前なのかな(笑)

主題歌

2017/9月に発売された奥田民生さんの曲「ゼンブレンタルジャーニー」が主題歌となっています。

やはり旅感が半端じゃなく出てます。

思わず口ずさんでしまうような歌詞・メロディー・・・。”さすが”としか言いようがないです。

キャンプ中に聞いても絶対にハマる一曲。

感想

僕の場合『主人公と歳も近かったので共感できたのかな』と思います。

あらすじを見るに『何だ、ただの恋愛物か』という感じなのですが、僕個人の中では、しっかりアウトドア要素も入っている作品だと思いました。

たくさんのキャンプ道具や各地のキャンプ場などが出てくるので、観ていて面白かったです。

主人公はキャンプに興味もないので、最初はソロキャンプのイロハも分かってない状況なんです。しかし、旅を終える頃には技術や知識もかなり上達しているのですよね。キャンプは経験しなければ出来るようになりませんからね。

好きな女の子のために、ここまで出来る行動力の高さ。

キャンプをやってみたいけど、一歩踏み出せない方への良い後押しになります。作者の吉本さんも最初はキャンプに興味なかったでしょうけど、その後きっと趣味になった思います。

最後に

この作品は、とても残念なのですが、Amazonプライム会員じゃないと見れないんですよね。

Amazonで買い物をされることが多いのであれば、この機会にプライム会員になって観るというのもありかと思います。

僕は、この療養中に全話観てしまいました。

発熱して夜中眠れなかったりと大変だったのですが、そんな状況にあったからこそ、この作品に出会えたと思います。

とても良い出会いでした。これもフォースの導きです。

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。
またお会いしましょう。

あわせて読みたい記事:

↓↓ブログランキングに参加しています。応援”ポチッ“とお願いします↓↓

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

1988年群馬県出身。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す