”おじさん”になりたての”キャンプおじさん”は『フジロッカー』になれない?

フェス・イベント
Pocket
LINEで送る

読者のみなさん、どうも。

Fujiyaです。

みなさんは『フジロック』ってご存知でしょうか?

音楽好きの方であれば知らない人はいないでしょうね。

それに今はフェスの中でも、とても有名みたいです。

2018年も7/27(金)・7/28(土)・7/29(日)と開催の予定です。

しかし、僕は・・・行ったことないんですよね。

僕は音楽も好きですし、キャンプも出来るということで、毎年”今年こそは行こう”と思ってはいるものの、気付けば重い腰を上げずに何年も経過しています。

結局、今年も逃してしまいました。

もうこれは行く気がないと思われてもしょうがない状態です(笑)

ふとネットのニュースを見ていて『あ、今年も逃したなー』と思い、今記事を書いています。

そもそも『フジロック』について

  • 初心者だけで参加できるのか?
  • どういうシステムなのか?

など不安があります。

重い腰が上らないのは、知らないことが多過ぎることが原因ではないか?と考え、今回は『フジロック』について色々と調べてみました。

僕みたいに『行きたいけど、重い腰が上らない人』が腰を上げるきっかけになれば幸いです。

お時間ありましたら、今回も最後までお付き合いください。

フジロックとは?。

富士山
フジロックとは?

フジロックは、『フジロックフェスティバルFUJI ROCK FESTIVAL』というのが本当の名称です。

日本の『ロックフェティバル』ということですが実際はロックだけでなく、ジャズや民族音楽など様々なジャンルの音楽を楽しめるフェスティバルらしいです。

有名アーティストだけがジャンジャカ演奏するのかと思っていましたが、ジャズ・民族音楽などを僕は最近好んで聞いているので、これは良いですね。

ミュージシャンは国内外200組以上が出演するそうです。

すごいですね・・・。

フジロックが初めて開催されたのは、1997年山梨県富士天神山スキー場らしいです。

あれ?新潟県の苗場じゃないの?

新潟県湯沢町の苗場スキー場で開催されるようになったのは、1999年からみたいですね。

ちなみに『フジロック』の名称由来にもなっている富士山の近くの山梨県天神山スキー場で開催されたのは、1997年の第1回のみで、

それ以降、開催場所は富士山には近くないのですが、名前もロゴもそのまま使用されているみたいですね。

会場の周囲が大自然なので、単にライブを観賞するだけではなく、森林浴やキャンプといったアウトドアを満喫できるのが一番の魅力です。

好きなミュージシャンのライブを観ながらキャンプできる!なんて最高の時間ですよね。

フジロック参加者の年齢層。

僕がなんとなく気にしているのが年齢層・・・。

なんか『フェス』って若者のイメージがあるじゃないですか?

関連記事:【2018】夏だ!キャンプだ!バーベキューだ!フェスだ!でも、フェスって何だ?

フレッシュ・エネルギッシュな若者についていけるのか不安がありました。

調べた情報によれば、

『フジロックは、40代から50代の中年層客も多く、逆に10代から20代前半の若者は他のフェスに比べると若干少ないのが特徴』

みたいです。

この背景にあるのは、チケット代に加え会場までの移動費や宿泊費を考えた場合に10代から20代には決して安い額ではないということらしいです。

この情報が本当であれば参加者の年齢層は、僕のイメージは大分違うようですね。

というか、

”え?フジロックってそんなにお金がかかるの?”

フジロックにかかるお金。

お金はいくらかかるのか?
お金いくらかかる?
  • お金がいくらかかるのか?
  • どんなものにお金がかかるのか?

僕の場合は、キャンプもしたいので実際どのくらいの費用になるんでしょうね。

コワいわー・・・。

よくわからないので、2018年に開催されるフジロックの料金を調べてみました。

『フジロックの参加』だけに掛かる費用は、

『チケット代』+『駐車代』+『キャンプサイト代』

のようです。

チケット代は、3日~1日で値段も違います。また、早く購入したほうが安くなるんですね。

  3日券 2日券 1日券
早割チケット(限定) ¥36,000
1次先行販売 ¥39,800 ¥32,000 ¥18,000
2次先行販売 ¥42,000 ¥34,000 ¥19,000
一般 ¥45,000 ¥36,000 ¥20,000

駐車場代(駐車券)は、車1台・1日¥3,000。

キャンプサイト代(キャンプサイト券)は、開催期間中有効で1人¥3,000。

『う~ん・・・トータルすると結構いくなー・・・(笑)』

正直、想像以上・・。

ちなみに中学生以下は入場料は無料です。

”4人家族(うち2人は中学生以下)で、キャンプで3日間参加”ということになると「一般チケット」を購入した場合、

チケット代¥90,000(大人2人)+駐車券¥9,000(3日間)+キャンプサイト代¥12,000(家族4人)=¥111,000

ということになりますね。

まさかの11万円オーバー。。。

これにプラスしてキャンプでの食費やら燃料費などかかるわけですから・・・・。

すべてトータルしたら15万円オーバーとかいっちゃうんじゃないのでしょうか・・・?。

年間のキャンプ回数を減らすか・寄付金でも募らないと、僕は参加不可能な気がします(笑)

これは家族でも一大イベントになりそうですね。

若い世代が参加しないのも頷けます。まさに想像以上でした。

また、チケットの中には『ムーンキャラバンチケット』というオートキャンプ施設を利用できる専用チケットがあるようなのですが、専用施設を利用する分トータルでさらに費用が高くなるようです。

やばい・・・。目が回ってきた・・・w

キャンプサイトはどんな感じなのか?

苗場プリンスホテルの後ろ側にスキー場があり、その広い斜面を利用して会場宿泊客のためのテント設営エリアが設けられるそうです。

毎年約2万人くらいのフジロック宿泊者が、そこでテントを張って宿泊しているんですね。

サイトには、女性専用ゾーンやトイレ、シャワー設備、キャンプに関する相談所や食事処もあって案外サポートが充実している模様です。

(当然キャンプサイト券を購入した人のみしか利用はできないようです)

テントを設営しやすい場所は、すぐに取られてしまうらしく、初日から参加していないと条件の良いところではキャンプできなそうです。

それに元々山の天気は変動しやすく時期も時期なので、天候が急変することもよくあり、キャンプの初心者には厳しい条件かもしれません。

どういう会場なのか。

フジロック2018ののマップ
画像:フジロックホームページより

僕はフェスというもの自体に参加した経験がないので、あまりしっかりとした想像ができないのですが。

”広大な土地で、たくさんのミュージシャンが複数の会場でそれぞれ野外ライブを行うイメージ”なんですが、正しいのかな?(笑)

実際、一種のテーマパーク的な感じで自分の観たいミュージシャンのステージまで移動するわけですね。

それぞれのステージで演奏が同時進行で行われるので、全部のミュージシャンを見ることができないということです。

調べたところによると、入場ゲートから一番遠いライブ会場まで歩いて約30分かかるらしいです。場所によっては1時間くらい歩くこともあるみたいです(笑)

会場内にはさまざまなサポート施設もあるようですが、急な悪天候の場合もあるので装備もしっかりと準備をしていかないと大変なことになりそうですね・・・。

結構、過酷(笑)

最後にまとめ。

今回フジロックのことを色々と調べてみて、以前のボンヤリとイメージではなく、しっかりとしたイメージを抱くことができたかと思います。

しかし、実際に参加してみないとわからないことのほうが多いのは間違いないと思います。

なんといっても一番ネックになってくるのは『金額面』でしょうか。

正直に言って”高い”です・・・よね?

しかし、その分会場のサポートなども充実しているようです。

支払った金額に見合うのか?と考えると人それぞれだとは思いますが、

一つ感じたのは『フジロッカー』たちは音楽に対する情熱が強い人が多いということです。

僕の場合、キャンプと音楽を天秤にかけたらキャンプが勝ちますし、悪く言えば『キャンプの”ついで”にライブを観ようか』みたいに考えているから重い腰が上がらないのでしょうね。

会場がとても広大で、キャンプサイトも必ず良い条件ではないこともあるので、中には参加して酷い目にあったという方もいるかもしれまん。

なので、中途半端な覚悟・気持ちで参加するのは後悔することになりそうです。

本当の良さは参加してみないとわからないとは思いますが、参加者の方たちがネットでアップしている画像を見る限りとても楽しそうです。

僕が出した結論として

”『フジロック』は金額的には高いが、参加するのに年齢など気にする必要がなく、音楽への情熱があれば楽しめるだろう”

と考えます。。

色々と調べ、大変そうなこともわかりましたが、個人的には『参加してみたい』という気持ちは消えることはありませんでした。

この記事を書いている最初は、『来年は参加してレポート記事をアップしよう』なんて考えていたのですが、

現在は、『お金』『情熱』の2つの条件が整い次第参加してみたいと思っています。

いつか参加レポート記事を書いてみたいです。

今回は以上になります。

最後までお付き合いありがとうございました。

またお会いしましょう。

他のアウトドア関連記事はコチラ

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

29歳。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す