【チャコスタ・火消つぼ】バーベキューで使う火起し器と火消しつぼ。

火起こし器トップ
Pocket
LINEで送る

大型火起し器 火消しつぼセット

Hilander(ハイランダー)大型火起し器 火消しつぼセット

魅力

  • 火消しつぼの中に火起し器が収納できる。
  • これ1台で火起し、消火、保管が出来る。
  • 火消しつぼの蓋を受け皿にすることで、コンロが無くても火が起こせる。
  • セットさえしてしまえば勝手に火が起こるので作業効率が良くなる
  • コスパ高い。

サイズ・素材・性能

  • 組立サイズ(約)/火消しつぼ:215×200×高さ290ミリ(本体外径210×高さ225ミリ)、火起こし器:外径180×高さ200ミリ
  • 重量(約)/1.7㎏
  • 材質/火消しつぼ本体・蓋:アルスター鋼板、火起こし器:亜鉛めっき鋼板、スタンド・つまみ:鉄(クロムめっき)
  • ケース付属(綿)、色は白。

個人的考察

昔から存在はしていたのでしょうが、僕が小さいころは『チャコスタ』なんて道具は見たことありませんでした。現在では使用するのが当たり前になってますけどね。メーカーがそれぞれ販売していますが、機能・仕組みはシンプルなのでどのメーカーの物を購入しても大差は無いのかなと思います。なので、今回紹介するような火消つぼとセットになっているものは便利。

僕は最初に買った『チャコスタ・火消しつぼ』を今でも使用しています。かれこれ7年くらい。それぞれ別メーカーの物です。火消しつぼは、バーベキュー当日に炭の処理に困って、近くのホームセンターまで買いに行った記憶があります(笑)。

チャコスタ

おすすめはなるべく大きなサイズを買うこと。なぜかというと炭って割と量が必要だからです。片付けの時には案外残った炭が大きくて、火消しつぼが大きくないと入らないなんてこともあります。

炭は、水をかけても中々火は消えませんのでしっかりと火消しつぼで管理するのがベスト。消し炭は再利用できるので経済的です。

Pocket
LINEで送る

投稿者: Fujiya

1988年群馬県出身。2児のパパ。 二郎系ラーメン大好き。 愛車『ラングラーアンリミテッド』『Vino50』。 ☆”アウトドア”という現代社会における「非日常体験」で人生を豊かにしたいです。また、「DIY精神」持ってさまざまな事に挑戦したいと思います。

コメントを残す